人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

眠くなってきました・・

f:id:ericrun:20171016234008p:plain

10月中旬なのに東京の最高気温が14度台、最低が12度台と寒い一日だったようだ。今年の秋は侮れない。少し前までは夏みたいに暑かったのにあっという間に冬みたいに寒くなってしまった。これではまるでサンフランシスコみたいな気候である。
ちなみに、サンフランシスコの夏はめっちゃ寒いですからね。

よくサンフランシスコの気候は「夏涼しく、冬暖かい」と紹介されるけどこれは間違いである。

夏寒く、冬(かなり)涼しいのがサンフランシスコの気候である

ちなみに、春と秋はというとやはり、涼しいというか寒い。
トム・ソーヤーの冒険」を書いたマーク・トゥエインが残した名言にこんな言葉がある。

私が人生で経験した最も寒い冬は夏のサンフランシスコだった。

これは、まさにその通りである。サンフランシスコの夏は日中は結構暖かいのだけれど、夕方になると急激に寒くなるのが特徴である。日中は半袖半ズボンで過ごせたのに夜になるとジャケットが必要になるくらい冷えるのだ。日中30度近くまで上がったと思って安心していると夜は10度くらいまで下がってしまって発狂するのがサンフランシスコである。

ちなみにサンフランシスコ観光の目玉であるアルカトラズ島に近づく観光船のフェリーがあるのだが、あれでゴールデンゲートブリッジ付近まで行くと死ぬほど寒くなるので驚く。間違いなく10度以下に下がる地点があるのではなかろうか?と思う。あの気候の変化は凄い。サンフランシスコで観光船に乗る場合はジャケットの携行必須である。

同じカリフォルニアでも南部のロサンゼルスは「完璧な気候」である。ロサンゼルスこそが「夏涼しく冬暖かい」地域だ。ロサンゼルスは気候があまりにも素晴らしいために全米から移住してくる人が多いようだ。空気も乾燥していて過ごしやすい。サンフランシスコは気候の面では結構過酷だと私は思う。柔道技で言う燕返しのように技をかけたつもりが逆に投げ飛ばされているような勝ったつもりで負けている感じになる。

まあ、どちらにせよ私はサンフランシスコにもロサンゼルスにもあまり住みたいとは思わない。私は常夏のベトナムホーチミンに住みたいのだ。常に真夏の気候なんて最高だ。常夏と言ってもバンコクなんかだといつもベトベトジメジメしているが、ホーチミンはもっとさっぱりとしている。私にとって快適である。いつかホーチミンに(日本が冬の間だけでも)移住したい。ベトナム料理最高だし。

私のことは嫌いでも、私のブログは嫌いにならないでください!!

f:id:ericrun:20171016185238p:plain

AKB48の総選挙にて前田敦子はこう言った。

『私のことは嫌いでも、AKB48のことは嫌いにならないでください』

何度聞いても臭いセリフである。絶対そう思ってないだろ??って突っ込みたくなるような嘘臭いセリフである。ということで、私も対抗してタイトルのように言ってみたくなった。

私のことは嫌いでも私のブログは嫌いにならないでください!

ぶっちゃけ、本心は「私のことも私のブログも嫌いになってもらって全然いいですよーー」的な感じである。

さて、インドの街を歩いているとやたらと怪しいインド人男性が話しかけてくるのだが、特に多いのはこうした誘いである。

『ハロー、こんにちは。ジキジキ、ブンブン、セックス、オマンコ!!』

なーーるほど、日本人だとわかって甘く、優しく、マイルドで口当たりの良い言葉で騙してぼったくろうという魂胆だな。

ちなみにジキジキとは主に南アジアで使われている隠語でセックスの意味である。ブンブンとは主に東南アジアで使われている隠語でセックスという意味である。ジキジキは主に南アジア(インド近辺)で使われるが東南アジアでもたまに使われている。また、ブンブンは主に東南アジアのタイ、カンボジアベトナムなどで使われているが、一部インドなど南アジアでも使われている。

つまり、奴らは日本人のバックパッカーならジキジキがわからなくてもブンブンならわかるだろう。もし最悪、ブンブンがわからなくてもセックスやオマンコならわかるだろう?と足元をみて声をかけてくるのである。まあ、こうした怪しい誘いにのった場合は恐らくインド名物オートリキシャーにでも乗せられて怪しいぼったくり風俗にでも連れていかれ死ぬほど金をせびられることになるのだと思う。

そして、こうした誘いに「ノー、センキュー」と答えた場合奴らは次のようにシャウトしてくる場合が多い。

『How much (do) you pay?』

この「ハウマッチユーペイ?」というフレーズはインドを旅していると死ぬほど聞くことになる。例えばどこかのお店に入ったり、連れていかれてウザイインド人商人に商品をごり押しされた場合、普通の日本人は「ノーセンキュー」と断るのだが奴らはしつこいから少しでも金持ち日本人から金を巻き上げようと企み「いくらなら払えるんだ?(How much you pay?)」とたたみかけてくるのだ。

奴ら、最後はシャウトしてくるからね。めちゃくちゃぼったくり金額提示してきといてハウマッチユーペイ?はないでしょと思うのだけれど、それが奴らの商売の仕方である。

そんなインドだけれど最近は主要都市で牛が追放されてきて面白くなくなってきたようである。この前動画を見ていたら警察がデリーの野良牛をとっ捕まえていて悲しくなった。首都デリーでは野良牛がどんどん減っているのだ。私がデリーを訪れた9年前はまだまだ多くの野良牛がデリー市内を闊歩していてとても面白かった。

夜にオールドデリー駅(デリーにはニューデリー駅とオールドデリー駅の二つがある)を訪れたら駅出口の真ん前にデカい牛が横たわっていてその横でホームレスが寝ていてとても面白かった。駅の前の広場に牛が寝ているっていったいどういう光景だよ?って思ったけど凄く楽しかった。デリーはインドの首都ですぞ。日本で言ったら、東京駅の真ん前に野良牛が寝転がっているような感じでまるでアニメの世界である。

こんな面白い光景がインドから消え去ろうとしているなんてどんだけ悲しいことなんだろう?デリーには野良牛を残してほしいと切に願うのである。ということで・・


私のことは嫌いでも野良牛のことは嫌いにならないでください!!


牛さんについてってみたinインド デリー

フライパンの持つ無限の可能性

f:id:ericrun:20171016103759p:plain

自炊をするようになって一つ気付いたことがある。

フライパンってめちゃくちゃ便利で役に立つということだ。

フライパンと火と油さえあればどんなものでも作れる気がする。何も作れなくてもなんとかなる気がする。フライパンさえあればありとあらゆる料理に挑戦できる。フライパンさえあればなんとか食べることができる。フライパンって凄い。

この前は旬のサンマをフライパンで焼いて食べた。今日はタラの切り身をフライパンで焼いて食べた。そして、卵焼きや目玉焼きを作って食べている。フライパンカバーがあるとさらに便利だ。フライパン最高。

ということで、今日はインドについて考察する。

インドに行った日本人は大きくインドが好きか嫌いかにはっきり別れるという。私は後者である。なぜなのか?汚くて不衛生だからか?散々下痢に悩まされ高熱でうなされたからなのか?いや、違う。確かにインドは汚くて嫌だけどそれが大きな理由ではない。私がインドを嫌いなのは人がウザイからなのだ。

逆にインドが好きになる人はほぼ間違いなく人が好きな人である。人と関わることが素直に楽しいと思える人である。私は人間嫌いで人付き合いが苦手だからインドのように人がやたらに絡んでくる国は疲れてしまう。なるべく人と関わらずにおとなしく一人で旅をしていたい。だからこそインドはウザイから嫌いなのだ。

以上

得意料理は肉じゃが💛

f:id:ericrun:20171014212634p:plain

皆さま、こんばんわ。最近読者登録してくれた方ありがとうございます。また、共感コメントありがとうございます。
私の人生、死ぬほどだるいです。マジで明日にでも死にたい気分です。明日死んでも全然後悔はないですね。私はいろいろな意味で自分が早くこの世から去った方が良いと思っています。職場としても私がいない方が仕事がしやすくなり助かることでしょう。
もう、私の人生に特に希望は感じていません。やりたいことはほぼやりつくしてきましたので思い残すこともないですし、お迎えこないかなあ。

ということで、俺だって料理くらいできるぜーい的な子供だましのタイトルをつけましたが実はほとんど料理は作れません。最近、少しずつ自炊をし始めたところです。まだまだ原始的な料理しか作れずしかも下手くそです。今日は、火にかけたアツアツのフライパンを床に落としました。最悪です。豪快で乱雑な男の料理です。男なら料理くらい作れないとね。

婚活で俺の得意料理は肉じゃがですとか言ったらかっこいかも。ギャップで女性がズキュンズキュンしちゃうかもしれませんねえ。もう今すぐ死にたいと思っているのに、肉じゃがもくそもないのですがね。

相変わらずホストのyou tube動画を見ているのですが、この前見てた動画では客の女性がお気に入りのホストにお弁当を渡していました。あれを見て、背筋が少し凍りましたね。私がホストの立場だったらどう思うか、どういう反応をするか真面目に考えてしまったからです。ぶっちゃけ全然嬉しくないでしょうね。しょせん、ただのお客さんで好きでもなんでもない女性に愛のこもった弁当など渡されても重たいだけです。ああいう愛のこもった手作りの食べ物を渡す女性って男の気持ちをわかっていないですね。

男って基本的に女性から手作りのお弁当とかお菓子とかもらっても嬉しくないと思います。反応が面倒くさいだけなんですよね。これ、多くの男性諸氏は納得するんじゃないかなあ。まあ、好きな子なら多少は嬉しいですけど、それでもめちゃくちゃ嬉しいとは思わないと思うんだよね。それなら、普通に美味しいレストランとか居酒屋とか言ってワイワイ楽しく盛り上がりたいと思います。

もうこーなったら、この俺も得意料理の肉じゃがでも作りまくり職場の女性に食わせるしかないのかなと思います。ここまで行くともう自爆テロみたいなもんですよね。人生に嫌気が差して早く死にたくてたまらないから最後のお別れに愛をこめて肉じゃが作ってきました・・とか言って。めっちゃ重たい。

なんか話がだいぶ脱線し、半分妄想の世界に突入しましたけどまあそんなところです。ホストになるなら覚悟しておきましょう。

無気力

f:id:ericrun:20171014072129p:plain

深刻な無気力に陥ってブログを放置してしまった。最近、何もやる気が出ない。仕事に行くのがだるい。毎日、寝て暮らしたいと思う今日この頃。

早く死んでしまいたいなあと思いながら生きている。しかし、そう簡単に死ねないから人生は苦しいのだ。今のようなだるい生活をだらだら続けて80歳まで生きるのなら残り2か月を好きなように生きて死んだ方がいい。これは勇気の問題なのだろうか?勇気さえあればできなくもないのだが。

とにかく、一度生まれてきたら簡単に死ねないこの社会は生きにくい。簡単に生まれてきたのだから安楽に死ねる制度があってもいいのに。みんなで痛みを分かち合おうとする必要もない気がするのだが。とりわけ30代も後半になると年老いていくばかりでいいことはない。体力も落ちて疲れやすくなるし、何をやっても馬鹿らしくなる。

あー死ぬほどだるい。何もしたくないわ。

東南アジア ダントツでヤバイ都市

私は、東南アジアが大好きで特に最近は東南アジアばかり旅している。東南アジアはブルネイ以外の全ての国の二都市以上を訪れた経験がある。今日は、東南アジアでダントツにヤバイ都市を紹介しようと思う。

その前に、東南アジアとは具体的にどこの国を指すのか明確にする。東南アジアとは具体的に以下の10カ国である。
 
フィリピン共和国     (人口:約1億332万人   面積300,000㎢ 2016年 wikipediaより)

②マレーシア        (人口:約 3118万人   面積330,803㎢ 2016年 wikipediaより)

タイ王国         (人口:約 6886万人   面積513,120㎢ 2016年 wikipediaより)

カンボジア王国      (人口:約 1576万人   面積181,035㎢ 2016年 wikipediaより)
 
シンガポール共和国    (人口:約  560万人   面積    705㎢ 2016年 wikipediaより)

ミャンマー連邦      (人口:約 5288万人   面積676,578㎢ 2016年 wikipediaより)

ラオス人民民主共和国   (人口:約  675万人   面積236,800㎢ 2016年 wikipediaより)

ベトナム社会主義共和国  (人口:約 9270万人   面積331,212㎢ 2016年 wikipediaより)

ブルネイ・ダルサラーム国 (人口:約   42万人   面積  5,765㎢ 2016年 wikipediaより)

インドネシア共和国    (人口:約2億6110万人 面積 1,860,360㎢ 2016年 wikipediaより)

番外編    日本国    (人口:約1億2686万人  面積377,972㎢ 2016年 wikipediaより)

ちなみに、東南アジア近隣の台湾、香港は東アジアのくくり、スリランカ、インド、バングラデシュは南アジアのくくりです。

さて、東南アジアを旅した中でダントツにヤバイと思ったのはフィリピンのマニラです。次点ではだいぶ離れてカンボジアプノンペンです。マニラはストリートチルドレンや路上生活者が非常に多い都市なのですがギャングも多く、かなり殺気立った雰囲気があります。

日中はまだいいのですが、夜になるといかにも怪しい人が街の中のそこかしこに出没し、獲物を狙っている感じがあります。スリも非常に多くて気を抜くとやられます。夜はストリートチルドレンがギャング化し、旅行者の財布を狙って集団で集まってくることがあります。私は夜間一人歩きをしている時にストリートチルドレン(と言っても小学校高学年から中学生くらいの年頃ですが)に囲まれて財布をすられそうになりました。

また、同じく夜間一人歩きしている時に怪しい中年男につきまとわれてホテルに逃げ帰りことなきを得たこともあります。夜間歩いていたら、男女二人組のスリに危うく財布をすられそうになったこともありますし、ショッピングセンター内で怪しい女性に声を掛けられて危うく睡眠薬強盗に遭いそうになったこともあります。

マニラと言ってもそれなりに広いのですが、特に危ないのは空港近くのバクララン地区と旅行者が集まるエルミタ・マラテ地区です。マニラでも近代的なマカティ地区は比較的安全です。

フィリピンの都市のショッピングセンターやファーストフード店の入り口には必ずライフルを持った警備員が待機しています。また、マニラの地下鉄や高架鉄道の入り口では必ず手荷物検査があります。これは、それだけ治安が良くないということです。

幸いにもフィリピン旅行中にホールドアップ(道端で銃を突きつけられて金品を奪われる強盗など)やセットアップ(睡眠薬強盗や美人局とホテルに行き恐喝されるなど)等の犯罪に遭ったことはありませんが、いつそうした犯罪に巻き込まれてもおかしくない危険な雰囲気があります。

フィリピンと言っても田舎のほうは概ね治安が良いです。マニラに行く場合は十分に気を付けた方が良いです。それに比べると治安が良くないといわれるカンボジアプノンペンはずっとましです。プノンペンもマニラと同様にスリや銃器を使った犯罪がよくあると聞きますが、真夜中一人歩きを何度もした結果、マニラよりはずっと安全だとわかりました。

カンボジアプノンペンからバスで7~8時間かけるとベトナムホーチミンに行けるのですが、ホーチミンに入るとさらに平和で安全な感じがします。ある程度気を付けていればまず、犯罪に巻き込まれないだろうと私は思っています。

ということで、フィリピンのマニラはとても犯罪が多いので要注意です。路上生活者やストリートチルドレンも非常に多く、スラム街もあり、夜になると雰囲気が変わるので注意が必要です。

東南アジア以外ではアメリカのサンフランシスコの中心部ユニオンスクエアから少し外れたダウンタウンを歩いた時も非常に危険な匂いがしました。これに関しては私が大好きなyou tuberのジョーブログさんが「【麻薬】アメリカのスラム街に行ってみた」という動画で紹介しているのでそちらを見ていただければと思います。サンフランシスコというとそれほど治安が悪いイメージがなく、美しい街という印象がありますが中心部のユニオンスクエアを少し外れると黒人ばかりの危険な匂いがするダウンタウンになっていてとってもヤバイ雰囲気がありますので注意が必要です。

ということで、今回は私が体感したヤバイ街としてフィリピンのマニラとアメリカのサンフランシスコを紹介しましたが、実はこの二つとも大好きです。危険だからと言って躊躇せず安全管理をしっかりとして楽しく旅をしてほしいと思います。

鳴りやまないシャンパンコール

f:id:ericrun:20171008084022p:plain

仕事中もふと気づくとホスト達のシャンパンコールが鳴り響くようになってしまった。悲しすぎる。ホストにはまる女性の気持ちも少しわかる気がする。ホストにはまる女性のことをホス狂いというらしいが、これで私も立派なホス狂いである。それにしても、ホストだけはできないなあと思う。一見楽しそうに見えて地獄でしかなさそうな仕事だ。身体を痛めつけるほど酒を飲んで、全然楽しくないのに楽しそうなふりをして、嫌いなホスト仲間のシャンパンコールも笑顔で盛り上げて、ブスな女にも可愛いとか好きだとか嘘ついて、アフターでセックスしてとかあり得ない。

最近はホストを気遣うお母さんの気分になっている。「あんた、大丈夫なの?身体壊すよ。もう辞めな」と言ってあげたくなるのだ。なんと私は優しいのだろう。こういう母性本能(?)を揺さぶるからこそ女の子がホストに金を遣うからあの業界はまだまだ健在なのだ。

ところで、私はなりたい職業というものがない。そして、やれる仕事もほとんどない。仕事を選べるってある意味才能が必要だ。そして、仕事を続けることも一つの才能だ。どんな仕事であれお金をもらう以上、大変なのものだ。一見簡単に見えても結構難しいのである。気力、体力、精神力のすべてに欠け、器用でもなく能力や才能にも恵まれない私ができる仕事なんてほとんどこの世には残されていなかった。もちろん、ホストには絶対なれないだろう。

昨日、ネットを見ていたらオダギリジョーのインタビューが載っていて「仕事なんてどうでもいい」と言っていたのが印象的だった。彼は今41歳だが、20代にあまりにも働きすぎたのだと。今まで働きづめに働いた結果「仕事なんて人生の一部に過ぎないし、他にも重要なことがたくさんある」ことに気付いたそうだ。なるほど、やはりそうなるのだなあ。オダギリジョーが言うから説得力があるのは間違いない。この私みたいな仕事はテキトーにしてきた人が言っても何も説得力がないのはわかっている。

しかし、それでも「仕事なんてどうでもいい」の部分に凄く共感するし、これは真理だと思う。学生を終えて社会に出ると多くの人は仕事に追われるものだ。いつの間にか仕事中心の人生になってしまうのだ。まず、仕事のスケジュールが先にあり、そのあとにプライベートの生活設計をしていくのが多くの人の人生パターンである。しかし、こうした仕事中心の人生はものすごくむなしいものだと思う。というよりも、人生の虚しさを覆い隠すために仕事で誤魔化しているとしか言えないような気がするのである。

本当は人生なんて何もないのだ。生まれてきて死んでいくだけあってそこに意味などないのだ。しかし、その虚しさを正面から見つめ続けるとあまりにも虚しすぎて発狂するから仕事に熱中して誤魔化しているだけなのである。オダギリジョーもそうしたことに気付いたのではなかろうか?めっちゃ上から目線になって恐縮であるが。我々はしょせん、何物でもないのである。人生で起こることはすべて暇つぶしだ。生まれてくるのも暇つぶしなら、学校に行くのも会社に行くのも病院に行くのも趣味を楽しむのも死んでいくのもすべて暇つぶしに過ぎない。もちろん、シャンパンコールも暇つぶしなら、仕事中にふと頭の中でシャンパンコールが鳴り響いている私も暇つぶしである。

あまりいろんなことにのめり込むのは良くない。仕事にのめり込むのもそうだが、仕事をしなさ過ぎて暇を持て余し続けるのもどちらもあまりよくない。しかし、社会というものは理想的なつくりになっていないからすべては思い通りにいかないのである。適度に働いて適度に余暇を楽しむことはなかなか難しいものだ。それをやるとあまり稼げなくて生活が立ちいかなくなったりするものだ。この世は地獄みたいなところである。人生は刑務所のようなところである。楽園を求めてはいけない。

そんなことを考えながら今日も働くのだ。だるいなあ。