読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

先生とエッチできるんか

ネットニュースを読んでいたら堺市の中学校の男性教諭が部活動の指導で女子生徒に裸になることを強要したり、「先生とエッチできるんか」「先生とキスできるんか」「大人になったらエッチしような」などと言っていたそうである。これを見て思ったのは・・

いい加減に学校の部活の顧問を学校教師が行うのはやめるべきだ

ということ。こういうセクハラ発言を顧問の先生がしてしまう理由として考えられるのは結局のところ生徒との距離が近くなりすぎて自分の所有物のようになってしまうからなのだ。学校の授業で生徒を教え放課後で部活動を教えるという風に常に生徒と接しているといつの間にか先生の側が勘違いし変なことを言い始めるようになってくるのだ。

これは戦前や戦時中の狂っていた頃の日本と同じ状況で「国の為に死ぬのは当たり前」だとか「国の言うことに反対する奴は非国民」とかの国家主義イデオロギーを垂れ流していたのと同じである。いつの間にか国民が国の所有物のようになるのと同じで生徒が先生の所有物のようになってしまい先生の言うことはなんでも聞けという状況がエスカレートするとこうした異常なことを言う変な教師が出てくることになるのだ。

「国の為に死ぬのは当たり前」だとか「国の言うことに反対する奴は非国民」だとか思っている奴はどうぞご自分がまず真っ先に死ねばいいのであって他人に強要する権利ない。先生の言うことを聞くのは当たり前だと先生が思うのは自由であるがそれを生徒に強要する権利はない。

私は無条件に国の言うことに賛同し、言うことを聞かない人を攻撃する奴が大嫌いである。国の言うことなんておかしければどんどん反対し間違っていると叫べばよい。国家権力の中には馬鹿なやつや狂っている奴などたくさんいて間違っていることなど腐るほどあるのが当たり前だから。それは学校教師においても同じことで先生の言うことに絶対服従する必要はない。違っていたら反対すればいい。それだけのことである。

というわけで部活動の顧問を学校教師が勤める今の制度はもうやめた方がいいでしょう。どこかにやりたいと思っている人はいるはずなのだからそうした人達が有償か有償ボランティアのような形でやればいいのである。部活と学校は切り離すべきである。先生と生徒の距離は離すべきである。先生は学校の授業や生徒指導に注力してもらえば良いのだ。その方が健全である。

君達が未来をつくるんだ!

学校時代というのは何かと先生や教授と呼ばれる人達から「日本の将来を担うのは君達だ。君達が未来をつくるんだ!」みたいな勇ましいことを言われる。

しかし・・・よくよく考えてみるとなんだかこれは変ではなかろうか?

ストレートに大学の教育学部に入学し4年生になったら概ね22才だろう。無事に教員採用試験にも合格し、4月から学校教師になることが決まり、指導教授から卒業前の花向けの言葉としてこうした勇ましい言葉の数々を贈られて無事に大学を卒業したと思ったら、1か月後には小学生や中学生、高校生などにこうした言葉を自分が言う立場になるのである。

一種異様な光景である。つまり嘘なのだ。わかるだろうか?将来の日本を作るのは「あなた」ではなく「私」なのだ。今私がこうして未来を作っているのだ。それしかないのだ。未来があるというのは恐ろしいばかりの錯覚である。本当は未来なんてどこにもない。どこを探しても未来などというものが見つかるはずがない。それはどこにも存在しないからである。人間が考える「未来」や「将来」というものは今現在、自分が頭の中に思い描いている空想の産物である。あたかも未来があるかのように勝手に思い込んでいるだけなのだ。

学校教師が子供達に「君らが未来を作るんだよ」と生徒達に熱く語ったとする。そして数か月後にその生徒のうちの1人が事故で亡くなったとする。そうするとこの言葉は嘘だったことになる。亡くなった生徒よりも先生の方が長生きしているのだから先生が言ったことは嘘だ。あくまでも先生よりも生徒達の方が長く生きるという何の根拠もない前提をもとにしたフィクションである。

教育というものは非常に嘘くさいものである。それは一般的に未来に向けて語られるものだからだ。未来などというものはどこにもないから嘘くさくなってしまうのだ。人間とは脳が発達しているから過去を想起し、未来を想像することができる。しかしいつしかそれらが現在よりも大きくなってしまうことがある。本当は今この瞬間以外何も確かなものなどないのだ。過去のことは忘れ将来のことは考えなくて良いのである。

割り箸100膳手刀でぶった切るbyラファエル

リアクションに困る

f:id:ericrun:20170528114827p:plain

ここ最近の記事は読者の方にとってもリアクションに困る記事かもしれない。私自身ですらリアクションに困っているのだ。このブログは何を隠そう一応は旅ブログであるが、「人生=旅」という前提で書いていて人生で起こることはなんでも取り上げてそれについて思うことを書いてやろうというブログなのでノンジャンルなのだ。

最近はどうなのかよく知らないが私が小学生の頃は和式便所が多かったのだが和式便器の外側に外して糞が出してある事件が時々あった。なぜわざわざ便器の外に外して出してしまうのか?私にはよくわからないが恐らく愉快犯なのだろう。便器から外れた他人の糞を見る時ほど不快な気分はない。洋式だと外しようがないので和式ほど最悪な状態はないのが救いだ。

小学校の外の体育館隣にあるトイレなどはよく便外し事件があって汚い印象があった。外ならばれないと思ってやるのだろう。なんだか小学校の頃って物凄く遠い昔の気がして懐かしい。そんな時代があったことが想像もできない。今や小学生にすら普及しているスマホなんて誰も持っていないいい時代だった。小学生や中学生が携帯電話を持つなんて考えられなかった頃だ。ここ30年で時代は随分変わったなあと思う。

時代の流れは旅業界にも及んでいる。以前は「地球の歩き方」という分厚い旅本を片手に旅をするのが一般的なバックパッカーの当たり前の光景だったのに現在はスマホ片手にリアルタイムな情報を得ながら旅をするのが当たり前だ。今や旅本を片手に宿探しをしたり、目的地までの行き方を調べる旅人は少数派である。いやもう絶滅危惧種かもしれない。そんなことをしなくてもスマホ一つでなんでもできる。

なんだか時代の流れが哀しく感じられるのは私だけだろうか?たった30年しか経っていないのにこの異常なほどの変化はいったい何なのだろうか?人生とは死ぬまでの暇つぶしである。一歩下がってゆっくりと歩みたい。

お断りします!

f:id:ericrun:20170528080540p:plain

世の中に巨乳が好きな男性諸君は多いことだろうが、「巨乳をお断りします!」という男性はどれくらいいるんだろう?私自身は巨乳が好きなのだろうか?正直微妙である。ではその反対の微乳は好きなのだろうか?いやこれも違う。巨乳も微乳もそんなに好きな感じはしない。

ただ、男性として思うことは女性って大変だなあということ。胸が大きすぎても邪魔になって大変だし、小さすぎてもコンプレックスに悩まされる。巨乳は若いころは男性を惹きつける武器になるかもしれないが、年をとると明らかに重力負けしてくるから面倒だろう。微乳は若いころはコンプレックスかもしれないが年をとった時に色々な意味で楽だ。

物事は正負の法則が働いているのである。一長一短があるのだ。

これ以上はやめよう。どうでもいいことだ。

落ち着きのないおばさん

f:id:ericrun:20170528075226p:plain

どこの職場に行っても「そわそわと落ち着きのないおばさん」がいたりするものだが、あれほど使えない人種もいない気がする。若ければまだ救いがある。そこに可愛らしさがあるからだ。しかし、もう50の大台を超えて皺が目立ち始めている年代なのにも関わらず何をしても何を話しても落ち着いてしっかりと受け止めることができずにそわそわしてしまうそこのおばさん!!害悪。

いったいあなたは人生50年以上何をしてきたのだね?と言いたい。頼むから落ち着いて冷静に仕事をしてほしい。話をしっかりと最後まで聞いてほしい。余計なことをして職場をかき回すのはやめてほしい。これは私の心の叫びである。

人間に最も必要な能力は何だろうか?それは「余裕」であると思う。「余裕」の反対は「焦り」であったり、「切迫」であったりするんだろう。落ち着きのないおばさんにはいつも「余裕」がなく、焦りまくっている。これが職場を無駄に掻き乱し余計な仕事を増やすことになる。50年も生きたのなら残りはもう半分もないのだからそんなに焦らなくてもいいのになあと思う。おとなしく往生しなさい。どうせ死ぬのだしそんなに焦って仕事をしなくても世の中回るのだから。

私はお局女性が最も嫌いだが、その次に嫌いなのが余裕がなくて焦りまくっている50過ぎのおばさんである。頼む。落ち着いてくれ。あなたがやらなくても私がやるから、おとなしくしていてくれ。心からそう願うのである。

新宿から新宿へ

新宿という街ほど何をするにも便利な街はどこにもないような気がする。電車を使ってそれこそどこにでも行けるのは当然ながら高速バスターミナルの「バスタ新宿」からバスで全国どこにでも安く行ける。コンビニはそこら中にあり、飲食店や居酒屋は乱立し、暇つぶしのできるカフェやゲームセンターがたくさんあり、宿泊できるホテルやゲストハウス、カプセルホテル、ネットカフェなどもたくさんある。むらむらしたら歌舞伎町に行けば風俗やホストクラブがたくさんあり、性欲を満たすことができ、同性愛者は新宿2丁目に行けばそうしたバーや風俗店がたくさんある。落語を聞きたくなったら新宿末広亭に行けば良いし、ロックやジャズなどのライブハウスも充実している。都会の喧騒から離れて癒されたければ新宿御苑に行けば美しい庭園と緑がお出迎えしてくれ、本を読みたくなったら紀伊国屋書店本店に行けば手に入れたい本はなんでも揃う。映画を観たくなったらTOHOシネマズやピカデリーなどの大きな映画館があるし、ショッピングをしたくなったら有名デパートは揃っている。

およそ人間が必要なものは全て新宿駅から半径1キロ以内に揃っていて歩いてアクセスすることができるのだ。まさに新宿とは全てを満たすことのできる完璧な街である。短期の滞在ならよほどのことがない限り新宿を1歩も出なくても十分に楽しく生活できる。新宿に飽きたのなら電車やバスを使って簡単に全国どこにでも行ける。羽田や成田空港へのリムジンバスもたくさん出ているから空の旅も快適だ。新宿はタイのバンコクで言うところのカオサンロードみたいなものかもしれない。旅人が十分に快適に沈没することができるという意味で。ただし、快適な生活をしたければそれなりのお金は必要となる。

最近、暇つぶしにyou tubeばかり見るようになってしまった。特にyou tuberの動画を見てしまう。昨日はひたすらラファエルさんという方の動画を見ていた。色んなことに実験したり、挑戦したりしていて面白い。数百本に及ぶ動画を投稿しているのでラファエルさんの動画だけを見ていても普通に丸一日潰せるレベルである。この方はyou tube関連だけの収入で年収数千万あるらしい。その他不動産収入や会社員の収入もあるので物凄く金持ちらしい。you tuberも成功すれば凄いということだ。しかし、今後参入者が増えて競争相手が増えてくるだろうからこれまでのようにはいかないとも思うが・・


1000℃の鉄球を板チョコ100枚に乗せてみた!何枚貫通する?

みんな病んでる

新宿のプロントでビールを飲んだ。
f:id:ericrun:20170524185333j:plain

以前記事にも書いたことがあるが、プロントの生ビール(プレミアムモルツ)は美味しい。美味しく飲めるように保存や注ぎ方などにもこだわっているサントリー認定のお店の一つらしい。

今日は病んだ。色々と苦しいことがあって本気で死にたくなった。明日あたりにはポックリ逝きたいもんだ。別に犯罪を犯したというわけでも、仕事上で大きなミスをやらかしたわけでもないんだけど、駄目な自分にヘドがでそうになった。

頭が痛くなるほど病んだけど、解決方法なんてみつからない。物事に本質的な解決なんてないのかもしれない。一時的に問題を解決した気になっているだけなんだろう。色々病んでみて思ったことはみんなそれぞれ病んでいるのではないだろうか?ということ。病み方は人それぞれ違えど何かしらに病んでいるのではないだろうか?

しかし、他人がいくら自分と同じように病んでいるとわかったところで自分がスッキリするわけではないのも確かだ。自分の問題を他人に肩代わりしてもらうことなどできない。自分で背負って生きていくしかない。人間って孤独だなあ。

高校の国語の先生が卒業間際に言ってくれた言葉を時々思い出す。

「どんなに悩んだとしても時間が解決してくれるよ」

そうなのかもしれない。そう信じたい。時間以外に何も解決できないのかもしれない。ホーチミンベトナム戦争証跡博物館を訪れた時に枯葉剤の被害に遭った子供の写真や戦争で着の身着のまま逃げ惑う市民の姿や爆弾で身体がちぎれた人の写真などを見た。これらのことに本質的な解決を求めることはできないだろう。しかし、時間が悲惨さを徐々に洗い流していくこともまた事実である。

生きていればいいこともたまにはあるけど良くないことやつらいことや嫌なこともそれ以上にたくさんある。ひたすらじっとしているしかないのかもしれない。ジタバタともがけばもがくほど深みにはまっていく。

しばらくじっと病んでみたい。