人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

目には見えないけれど、風のように身体で感じるもの

それこそがなんですよ~・・皆さんわかってますか~!?

って大声で叫びたくなる気分だ。私の悪いところは人生に退屈し、イライラしてくるとこうした『名言』をドヤ顔で吐き、叫んでしまいたくなることなのです。なんせ、『愛』を語らせたら私の右に出るものはいませんからね。

先日、テレビを見ていたら美輪明宏さんが出ていて「愛とは全てを許すこと」と言ってました。やはり、美輪さんが言うと説得力がありますね。ただ、勘違いしてはならないのは美輪さんがここで言っているところの『愛』とは、エロスではなくアガペーキリスト教的な理性愛)なんですね。愛は愛でも愛し合うものが絶頂にいる時に交わし合う『愛しているよ』の言葉に込められた愛ではなくて、どんなに憎たらしいものでも、腹が立つ時でもその感情を理性でコントロールし、我慢と忍耐するという意味での理性愛です。

結局のところ理性愛って苦しいだけなんですね。だって、むかつく人、腹が立つことに対しても我慢し、許すことなんですから。そして、キリスト教的な隣人愛はこの『我慢と忍耐』に基づいた理性愛を最上位に位置付けているんですね。私はキリスト教徒でもなんでもないので詳しくはわかりませんが、恐らくそういうことなんだろうと思います。

道を歩いている美女に一目ぼれし、好きになって「愛してる~」と叫ぶ男の心の中にあるのは美輪さんが言うところの愛の定義からは少し外れてくるんですね。

先日、you tube動画見てましたら、you tuberのラファエルさんが動画最初に『愛のあるSEXって何?』ってドヤ顔で言ってましたけどこれって結構真面目に取り組んだら頭が痛くなるような大問題です。↓

元自衛隊の筋トレ!ベンチプレス100キロ勝負!ぷろたん・Jin

男にとってセックスとはお互いの愛を確かめ合うものというよりも単純に性欲を吐き出す手段としての意味が大きいように感じます。しかし、女性はそうではないんですよね。ここが大変重要なポイントです。女性にとって見たらそのセックスに愛があるのか?ないのか?が大問題なんです。

つまり、男は己の肉体の性欲に溺れずに『目には見えないけれど、風のように身体で感じるもの』としての愛を見つけ表現していかなければいけないんですね。これがまあ大変な作業なんでしょうね。私はよくわかりませんが。

もしも、大好きな女性とことに及んだら、女性に『I can't see (it) ,but I feel(it) like a wind!(目には見えないけれど俺は身体で(愛を)感じてるよ) 』といってあげましょう。きっと喜びますよ。

うおりゃーーーーーーーーーーーーーーーーー、愛なんてどうでもいいからベトナムの海で今すぐ泳ぎてーー。日本脱出してーーーーー。

どうでもいい、どうでもいい、どうでもいい

うわーー、何もかもどうでもいい。くだらない日常生活に本気でおさらばしたい。今すぐ仕事やらくだらない日常生活やらのすべてと縁を切って高飛びしたい気分だわ。

Kinki Kidsの「Love Love 愛してる」が16年ぶりに復活するんだって。めっちゃ懐かしいんだけど。私がまだ高校時代から大学生の頃に好きでよく見てた番組だ。高校時代なんていつの話だってほど年をとったけどね。人生は後戻りできないんだよ。

私はほーーんと人生に興味がない。明日も明後日も1か月後も1年後も数十年後も老後も全く興味がない。そんなものは全て幻想だ。とにかくこのつまらなくて、くだらなくて、退屈で、あほらしい日常生活を爆破して吹っ飛ばしたいだけなのさ。こんな人生に意味なんてあるはずがないんだから。

女の子に嫌われる男の癖って何か知ってる???それは女の子の相談事に口をはさんだり、アドバイスをしたり、論理的な答えを見つけようとすること。男という生き物はついつい解決方法を探してしまいがちだ。女の子はただただ話を聞いて共感してほしいだけなんだよ。これ、わかるかな??

今の俺もそういう気分だよ。もう現実なんてたくさんだけど、具体的にこの現実を解決したい感じもしない。結局人生に解決なんてないのかもしれないよ。産まれてしまった以上はひたすら納得できない人生が地平線のように続いていつの間にかふと途切れる。その繰り返しが人生だ。

あーー、南国の海に行ってすべてを忘れてぷかぷか浮かんでいたい。But It's so difficult for me!!


LOVE×2愛してる ゲスト かぐや姫 ᵔᴥᵔ Kool ᵔᴥᵔ Kool

お金と男女関係

なんだか、毎日憂鬱な日々が続いている。

一言で言うとつまらない。って言うか死にたい。

やりたくないことをやるってなんて嫌なんだろう??

高校時代の国語の先生が言っていた言葉を最近ふと思い出した。それは『世の中の多くの事件の裏には「お金」か「男女関係(恋愛)」が絡んでいる』ということ。これって、本当にその通りで何か事件が起きた時にその原因をたどると「お金」が絡んでいるか「男女関係(恋愛)」が絡んでいることばかりである。

だから・・『お金』と『男女関係(恋愛)』には十分注意しましょうね。

まあ、所詮このブログを読んでいる方々は聖人君子の神みたいな人達ばかりだろうから『お金』にも『恋愛』にも興味がないんだろうけどね。
でも、正直『お金』も『恋愛』も人を惑わせるよね。これは間違いないと思う。例えば、私が毎日仕事行くの怠いし、働きたくないから仕事辞めたとする。そうするといずれお金が尽きるから手っ取り早くお金を手に入れようと悪いことを考えたりする。そうだ・・あの子は俺のことに興味があるみたいだからいっちょ騙してお金を貢がせるかとか考えて金づるにしたりすることはよくあるよね。『お金』と『男女関係』って実はめっちゃ近いんだよ。男女関係を楽しむにはお金がいるし、お金を持つと男女関係を楽しもうと思うのが人間だから。

なんであの人を好きになってしまったんだろう??って思う時ない?

俺は正直あるよ(って言うかあったよ、過去に)。だって好きにならなければ何も悩まなくて済むでしょ。人を好きになることってかなりつらいよね。凄いエネルギーを持っていかれるから疲れるよね。好きにならなければ何も思い悩む必要なんてないわけだから。

だから、人生平穏無事に生きたければ『お金』と『男女関係(恋愛)』に対する欲をできるだけ断って理性的に生きることしかないのである。しかし、こういう人生って結構きついし、あまり面白くないよね。誰も好きな人がいないで死んでいく人生ってなんだかすごく虚しい!!!
お金を使わないで節約ばかりしている人生もつまらなそうだ。

人間が生きるって一体どういうことなんだろう???人間には確かに欲望という名の目に見えないドロドロとしたマグマのような感情がある。その一方でそのマグマが噴火しない様に抑えようと必死に頑張る理性というものがある。このバランスが崩れた時に人は事件を起こしたり、運が悪いと巻き込まれたりするのだ。

私は理性的な人間である。しかし、その理性がいったん崩壊すると手が付けられないかもしれないと思うことがある。

理性を常に管理し続けるって凄く大変な営みだ。本当に苦しい!しかし、それが人間の生きる営みなのかと思う。楽しいことばかりして生きることなどできない。楽しいことばかりしていてもいずれつまらなくなってしまう。やはり、人生には我慢も忍耐も必要なのだ。でも、我慢と忍耐に喘ぐだけの人生なら死んだほうがマシだ。

なんて考えながら毎日を生きている。松居一代you tubeで色々ぶち上げてるけどまあ他人からすると「あっそう」っていうぐらいどうでもいいことだよね。旦那がバイアグラ飲んで他の女と浮気しまくったところでそんなことよくあることだし、別に私にはどうでもいいことだ。しかし、当人からしたら相当つらいんだろうとは思う。自分だって好きな人から好かれなかったらつらいからだ。結局は人生我慢するしかないんだよ。我慢したくないなら人を好きになるな。

これって真理だよね?Do you think so?

絶望的な毎日

ベトナムから帰ってきて、あっという間にもう10日近く経ってしまった。予想通り毎日がつまらなく退屈であほらしくてウンザリしている。以前の自分は仕事を頑張ったり、日常生活がつまらない自分を責めることが多かった。しかし、帰国後の自分には明らかな心境の変化があり、仕事が頑張れなくても日常生活に活路が見いだせなくても別に当たり前だし、そんなことどうでもいいや❗と思うようになった。

充実した男の人生って一体なんだろう?男は一生懸命働いて家族を養って・・みたいな価値観はまだ残っていると思う。いや、男は子供を産むことができない以上頑張って働いて妻子を養うという基本は変わらないのかもしれない。そうするとどうしても仕事を頑張り、働く自分に価値を見いだそうとする欲みたいなものがでてくる。しかし、これこそ諸悪の根源であるように感じる。

男は黙ってサッポロビールだ。
f:id:ericrun:20170712195232j:plain

私は男らしく生きたいと思う。男らしく生きるとは自分に素直に生きるということであり、やりたいことを妥協せずにやることであり、その結果を素直に受け入れることであり、本気でいつ死んでも良いと思いながら今を生きるということだ。

ベトナムは今、人口ボーナス期を迎えていてとにかく若者が多い。ここ数十年の人口増加率は非常に高く、日本のベビーブームのような状態で出生率も高い。少し前までは人口8000万人台だったのに2017年は9500万人に達した。街を歩いても人が多いし、若者や赤子をたくさん見かける。この状態を見てますます私が子孫を残す必要などないのだと思ってしまう。代わりはいくらでもいるのだ。素直にそう思った。

ということで私は私の人生を生きれば良い。周りは関係ない。私は誰よりも海外一人旅が好きだし、旅の途中で死ねたら最高だ。やりたいことをやって死んでいきたい。二十歳過ぎたら老後という言葉を聞いたことがあるけどあながち間違いではないかもしれない。若くして命を落とす人が世界にたくさんいるなかで立派に成人できたのだからもうそれで1つの役割は果たしたのかもしれない。とにかく今を大切に生きよう。将来ではなくただただ今のためだけに今を生きたい。それを今回の旅で再確認したのだ。

映画『Good Morning Vietnam』を観る


Good Morning, Vietnam (1987) - First Broadcast

ベトナムから帰国してロビン・ウィリアムス主演の『Good Morning Vietnam』を無性に見たくなったのでDVDをレンタルして自宅で見た。実はこの映画だいぶ前に一度見た記憶があってその時は面白いと思ったのだが時が経ってほとんど内容を忘れてしまっていた。今回、もう一度見てみたが大変に面白くて素晴らしい映画であることがわかった。ロビン・ウィリアムスの演技は完璧で才能を感じさせる。私はロビン・ウィリアムスが好きでとりわけ『ミセスダウト』は大好だ。


Mrs. Doubtfire (5/5) Movie CLIP - Looks Like a Lady (1993) HD

ちなみに『Good Morning Vietnam』は1987年制作の映画だからもう30年も前の映画である。しかし、全く時代を感じさせない普遍的な面白さを持つ映画である。ちなみに、この映画でロビン・ウィリアムスアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。この映画のアメリカ人のノリやジョークが大好きである。これぞ典型的な明るくよく笑うアメリカ人という感じである。私はアメリカ人のノリが大好きなのだ。ベトナムのビーチリゾート・ニャチャン滞在中に暗くじめじめしたロシア人がたくさんいる中でたまに明るくてノリの良いアメリカ人を見かけると心底ほっと安心したものだ。ちなみに、ロサンゼルスのユニバーサルスタジオを訪れた時も日本とは全然違うアメリカ人のノリが凄く面白かった。もちろん、ロシア人はロシア人でアメリカ人にない落ち着きがあるし、良いところはたくさんある。だいたい、ロシア人の若い女性は信じられないくらい美しくてやたらに足が長くてスタイルが良い。ロシア人は世界で一番足が長い人種の一つなのではないか?と思ったほどだ。

さて、ロビン・ウィリアムスであるが3年前にうつ病で自殺してしまった。まだ63歳の若さであり、とても残念なことだ。アメリカとロシアとベトナムはとても関係が深い国だ。1955年に始まり泥沼化したベトナム戦争は約20年の歳月を経て終結し結局アメリカが負けて撤退するという信じられない結果になった。アメリカが支援する南ベトナムが敗北し、旧ソ連が支援する北ベトナム勝利した結果、ベトナムは『ベトナム社会主義共和国』になったのである。確かにベトナムは息苦しい社会主義独裁国家みたいな感じなのだが旅先としては大変に面白い国となった。

ということで、ベトナムに興味がある人でまだ行ったことがない人は是非ともベトナムを訪れて生のベトナムを肌で感じてほしい。首都ハノイもビーチリゾートのニャチャンやフーコック島も南部のホーチミンメコンデルタもすべて面白い。こんなに面白くて刺激に溢れた国は他にないと私は思っている。屋台のバインミーを食べ、レストランで生春巻きや揚げ春巻きを食べ、安くて美味しいSAIGON BEERを飲んで酔っぱらおう。

さあ、旅に出よう。青春しよう。日常を打破しよう。一度きりの人生を充分に謳歌しよう。先を恐れずにリア充になろう。

贅沢な疲れと共に

昨日帰国した。滞在中はあまり眠れなくてひたすら活動していたせいもあり、疲労がどっと押し寄せた結果、惰眠を貪った。

ベトナム人は音に鈍感で夜中でも平気でクラクションを鳴らしまくったり、騒音を出したりするので、静寂な環境を好む日本人が安宿で安眠するのは至難の技だ。

でも、私はベトナムが大好きである。明日からでもまた行きたい。

ベトナム最後の食事はもちろん、バインミーハノイのノイバイ空港の中にあるカフェで食べたのだが、予想通りあまりパッとしなかった。具が多過ぎて素材の良さを消してしまっている。いかにも旅行客用のおおざっぱな味付けだ。これくらいなら日本人でも作れると思った。私はバインミーにはうるさいのだ。
f:id:ericrun:20170704092340j:plain

帰国後、とにかく生ビールを飲みたくて×2行きつけのお店でスーパードライのジョッキをいただく。あまりにも美味すぎて店員を殴りたくなった。

最近、生ビールならスーパードライがダントツだと思うようになった。スーパードライと言ってもお店によって味は違うが美味しいお店で飲むスーパードライは格別の味わいだ。

スーパードライは缶ビールで飲んでもあまりパッとしない。缶ビールならサントリーのTHEモルツが一番美味い。

確かにベトナムは色々な意味で雑かもしれないけど刺激に溢れた面白い国だ。帰国すると少しほっとするけどすぐに旅に戻りたくなる。普通の人は帰国してしばらくは日本で落ち着きたいと思うのかもしれないけど、私は全然そう思わない。

本気でいつ死んでもいいなあと思っている。将来のためではなく、今のためだけに今を生きたい。そのためには旅が必要だ。

スタバに入るとついつい、「ハロー」とか「サンクス」とか言いそうになってしまう。ここは日本のスタバなのだ。モードを切り替えないと。

思った以上に身体が引き締まった。お腹や足周りがスッキリしている。炎天下のなか海で泳ぎまくったり、街を歩き回ったりするとだいぶ痩せるようだ。

さて、地獄の日常生活に戻るか。私にとって日常生活とはサウナである。つまらなく苦しいだけのものだ。だからこそそこからでて水を浴びる時の気持ち良さは格別なのだ。

ホアロー収容所

今日は宿から20分くらい歩いて「ホアロー収容所」に行く。このホアロー収容所は19世紀末にフランスによって監獄として作られ、ベトナム戦争時はベトナム人民軍の捕虜収容所として使われていた歴史がある。

f:id:ericrun:20170702192014j:plain

実は以前からここを是非訪れたいと思っていてやっと今回ハノイに来ることができたついでに立ち寄ったというわけだ。

施設内の写真や展示物はめっちゃ生々しい。
f:id:ericrun:20170702192304j:plain

収容所での生活はスーパープア充状態だったようだ。
f:id:ericrun:20170702192437j:plain

一列に座らされて足かせをはめられるなんて残酷過ぎる。
f:id:ericrun:20170702192624j:plain

作られた人形の表情や様子がやたら生々しい。
f:id:ericrun:20170702192752j:plain

f:id:ericrun:20170702192935j:plain

ここはお化け屋敷かと言いたくなる。
f:id:ericrun:20170702193021j:plain

f:id:ericrun:20170702193119j:plain

こちらの彫刻も充分にリアルだ。
f:id:ericrun:20170702193220j:plain

展示物の囚人服。
f:id:ericrun:20170702193354j:plain

帰り道の歩道にはトラップが仕掛けられているので気をつけて歩こう。
f:id:ericrun:20170702193515j:plain

今日の昼食はもちろん屋台バインミーだ。昨日と違うお店に挑戦。
f:id:ericrun:20170702193638j:plain

パンを暖める機械でサンドイッチして完了。
f:id:ericrun:20170702193803j:plain

言うまでもなくめっちゃウマイ。しかし、昨日の店には劣る。
f:id:ericrun:20170702193903j:plain

ハノイにはバインミー屋台が少ないのが難点。ホーチミンにはそこら中にあるのに。

結論としてはどこでバインミーを食べても美味しいことがわかった。
ホアロー収容所はプノンペンのトゥールスレン虐殺博物館やポーランドアウシュヴィッツ収容所跡と雰囲気が似てる感じでめっちゃリアルでした。