読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

何もしないことの贅沢

今日は早速スタバに行ってニューヨークチーズケーキを食べてしまった。我ながら本当に残念で悲しいルーティンである。もっと他にないのかと思っても何も思いつかない。我が人生における完全なる敗北であり、こんな私はホームラン級の馬鹿かもしれない。

ここのところ老化が激しく何をしても疲れるようになってしまった。すぐ疲れるために何かを積極的にしようという気もなくなっている。情けないことだ。20代の頃にあり余っていたパワーみたいなものが感じられない。この無意味感はなんなのだろうと自分に問いかけるが恐らく気力や精神力も含めた体力が落ちているんだろうとしか思えない。それと一通り色々なことを経験したからやる前にだいたいのことが想像つくようになってしまったのもある。「やってみなければわからない」という状態から「やる前からなんとなくわかる」に変わりチャレンジ精神がないのである。

休日の日は早起きしてあんなことをしたり、こんなところに行ったり、あんな本を読んだり、こんな映画をみたりしようという熱い気持ちもなくなってきた。カフェなどに行ってぼーっとすることが贅沢に感じられる。人生における幸せは何かをすることの満足感が大きいが同時に何もしないことの贅沢を味わうことの中にもある。ぼーっとすることの効用の一つとして明日のことや将来のことなど先のことをひたすら考えないということが挙げられる。人間とはすぐに先のことを予測し、それに備えようという計画的な思考をしがちである。そうしたくなる気持ちも十分にわかるがそれだけの生活はとても有意義とは思えない。ただひたすら何も考えず頭の中を今のことだけに集中することによってリフレッシュできる。

先のことがどうなろうがどうでも良いのだ。どうせなるようにしかならんだろう。この私が産まれてきてこうして生きているのもただこういう流れの中でこうなっているだけで偶然の積み重ねである。それを否定せず大河の流れに乗って流されていく時間を作ることが大事だ。ただ、私は過去に世界をたくさん旅してきたことは凄く大きなプラスになっていると思う。小田実という作家が「何でも見てやろう」という有名な旅行記を書いているが、まさに「何でも見てやろう」という精神で旅をしてきた。その旅によって得られた肌感覚は今でも私の思考のもとになっている。
何でも見てやろう (講談社文庫)

旅とは考えるものではなく感じるものである。thinkではなくfeelすること、頭で考える前に身体で感じ取ることこそが旅の基本であると思う。feelの集積物を後に論理的にthinkしてまとめることが有意義だと思う。正直なところ私は今自分が何をすればいいかよくわからない。自分がすべきことが見えない。直感的に「私はこれをしたい」という強いものが見いだせない。それはそれで良いと思っている。人間はそうした衝動性によってのみ生きるわけではないからだ。むしろただ何となく無意味に無目的に生きた時間こそ有効な気もしている。時間は有限なのだから何かを得るために今を無駄にしないで一生懸命頑張ろうという姿勢は良いと思うが何か嘘くさいものを感じるのだ。人生は何かに熱中したり、一生懸命取り組んだりすることだけが全てではない。欧米人のバカンスのようにビーチ沿いでひたすら読書をしたり、日光浴をしたり、じっとしたりする過ごし方こそ人間的な気がする。

とにかく今日死んでもいいと思う生き方をしたいだけだ。将来のために今を犠牲にしてストイックな生活をするのは何かおかしい。将来なんてものはただの錯覚であり、結局は今この瞬間しかなくてそれをどのように感じて過ごすことができるかが最も大事である。さて、今夜は気心知れた前の職場の仲良し達と飲み会だ。仕事と違って気心しれた仲間同士で集まる会というのはテンションがあがる。それまでは何もしないことの贅沢を謳歌しよう。

幸福度ランキング1位 ノルウェー

世界の幸福度ランキングのナンバー1にノルウェーが選ばれたというニュースが流れている。ノルウェーはじめ北欧諸国というのはだいたいこうしたランキングで毎年上位に出てくるのが興味深い。ノルウェーの面積は日本とほぼ同じ、人口は約500万人。それなのに幸福度ランキングで1位の豊かな先進国である。私はこの事実に単純に驚く。日本の人口は1億2600万人。同面積なのに人口は日本が25倍以上も多いのだ。日本の人口がただちに1億2000万人分減ったとしてもまだノルウェーより多いという事実に愕然とする。ネット用語で言えばガクブルである。

日本の政府もメディアも少子高齢化とそれに伴う将来の人口減少をやたらに問題にしているけど私はどう考えても心配する必要などないと思ってしまう。現にノルウェーという国はたった500万の人口で十分に豊かに立派に幸福にやっているではないかと。このままいくと日本の人口が数十年後に8000万人台になってしまうと言われているけど、世界的に見れば8000万人の人口もあれば大国である。ドイツが日本より少し小さな面積で人口が8000万人強だから大国ドイツと肩を並べるほどになるわけである。少子高齢化も人口減少も心配するに及ばない。心配性の政府やメディアや周囲の人の不安病に煽られる必要もない。私自身はもっと日本の人口が少なくなった方が住みやすくなると思っている。何もノルウェーのように人口500万人を目指せとは言わない。それはあまりにも無謀であるし、周囲に人がいなさ過ぎて寂しいことだろう。とりあえず日本の国土には8000万人程度の人口がいれば十分ちょうど良いのではなかろうか?まあそんなことを考えたところで私には何もできることはないし意味がないことである。それこそ私がこんな無駄口を叩かないでさっさと死んだほうが自論に貢献できるという自己矛盾に陥ってしまいそうだ。

それはさておき、私はこのノルウェーという国がとても素晴らしいと思うし羨ましい部分もあるけどそこに住む国民は本当に幸福だと言い切れるのか?と思うし、直感的にあまり住みたくないなと思ってしまう。というのも幸福というのはお金がたくさんあるとか社会福祉が充実しているとかそういうことだけでは到底測りきれないと思うからだ。私はとにかく冬の寒さが苦手で大嫌いであり冬は毎日が不幸そのものである。この事実からしてノルウェーというやたらに寒い国には私に適しておらずかの国で生活したとして幸福になれるとは到底思えない。ちなみにノルウェーの首都オスロの統計気温は以下のとおりである。
 

オスロ Oslo
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温 -2 -1 4 10 16 20 22 21 16 9 3 0
最低気温 -7 -7 -4 1 6 10 13 12 8 3 -1 -4
降水量 49 36 47 41 53 65 81 89 90 84 73 55
降水日数 15 12 9 11 10 13 15 14 14 14 16 17


さらに、今日のオスロの最高気温は6度、最低気温は-11度だそうだ。-11度って北海道より寒いではないか。3月後半でこの寒さなら私はまだ日本のほうがいいと思ってしまう。私はとにかく暖かい国で生活したい。貧しくても良いから寒い思いはしたくない。お金がたくさんあっても寒いのならもうそれだけで十分不幸である。いくらメディアが幸福度ナンバー1の国だと言ったところでこの自分が幸福だと思えなければ意味がない。日本の幸福度ランキングは世界でどの程度なのかは知らないけど私はあまり幸福だと思っていない。それは寒さが原因である。冬の寒い日の朝に布団を抜け出して職場に行くことの地獄な気分は筆舌に尽くしがたいものがある。冬の寒い朝に早起きして行きたくもない場所に向かう憂鬱感を感じながらの生活は幸福だとは言えない。そのことを周りに話したところで「そんなのみんなやっていることだよ」と言われて終わりである。この「みんなやっている当たり前のこと」が地獄なのだから仕方ない。

世界の人口が物凄いスピードで増えていてもうじき75億人になろうというこの時期に日本の人口減少を心配するのは滑稽な話である。もっと産まれてこないことに希望を見出す方が良いような気がする。ネガティブを無理やりポジティブに変えるのだ。ちなみに次に生まれ変わるとしたら中国人かインド人である確率が高いのでそこだけは覚悟しておいた方が良さそうだ。中国もインドも人口が13億人いるので合わせて26億人強。世界人口の3人に1人が中国人かインド人という計算になる。中国もインドも2回以上訪れたことのある経験としてあまり住み心地は良さそうではない。とりあえず日本のほうがはるかにマシである。その事実に感謝して今日を大切に生きよう。

名もなき市民の日常

今日は近くのカフェに行ってコーヒーを食べながらランチをする。このカフェではいつも美味しいコーヒーとチーズケーキを食べて終わりだが今日は欲を出してランチに挑戦したのであった。パスタとかドリアとかハンバーガーとかいくつかのメニューがあるのだが私はカツカレーに挑戦することにした。味は少し残念だった。カレーのルーが少なめでカツが固め、カレー自体もまずまずというところだった。やはりカレーは専門店のココイチとかに行った方がいいと素直に感じた。しかし、ここのコーヒーとチーズケーキは抜群に美味い。次回からは欲を出して食事を頼むのはやめよう。

有名人って色々大変だなあと思う。芸能人なんて売れっ子になったらお金は死ぬほどもらえるかもしれないけどその分、休みなく死ぬほど働かされてプライベートはなくなって大変だからストレスたまって大変だと思う。でも売れない芸人なんて給料数万円たらずで食うや食わずの過酷な貧乏生活を強いられて最悪だから売れても売れなくても結局は嫌である。やはり、名もなき小さな市民でいるのが一番だ。とりあえずそう言い聞かせていればいいやと妥協してみる。

こうやってなんとか暇つぶしにブログを書いているけど特にニュースがあるわけでもなく正直書くこともない。ただの延命作業である。毎日日本人に周りを取り囲まれるのはなんだか変な気分だ。カフェの隣の席からブラジル人のポルトガル語が聞こえてくることは少し新鮮だった。そもそもなんでいつもいつも日本に追い回されなければいけないんだろう。テレビをつけても新聞を読んでもネットを見ても日本のニュースばかりだ。当たり前か。はっきり言って私にはどうでもいい。日本以外で何が起きてるのか気になる。かと言って外国のサイトにアクセスして情報収集する意欲も特にない。やはり、海外に触れたければ海外に出てしまうことが最も合理的なアクションだ。タイに行けば基本的には現地のタイ語と外国人が話す英語くらいしか聞こえてこないのだ。ネットを開かなければ日本のニュースに触れることもない。テレビをつければタイの僧侶がお経を唱えていたりするわけで森友学園の理事長がテレビに映っているわけでもない。日本に取り囲まれた生活は何かと無駄が多くて疲れる。同じニュースを何度も見るのも馬鹿らしい。

暖かい晴れた日に海を散歩するのは気分がいい。心地良い海の風を身体に受けながらただぼーっと砂浜を散歩してみると地球もまだまだ捨てたもんではないと思う。性の喜びおじさん亡き後の日本は私が背負う覚悟なのである。イワシの群れのような無難な生き方を選びたくもないが自然とそうなってしまいがちなのは結局私もイワシだからなんだろう。個人的にイワシの刺身は好きなのでお前はイワシだと言われても許せる。

昨夜はネットサーフィンして世界の人口統計みたいなものを見ていた。各国の将来推計人口がわかるサイトでなかなか面白い。よくよく考えるとまだ産まれてもいない人を数年後数十年後には産まれてくるだろうと勝手に予測して推計人口をはじき出すのって強引だ。だいたいその通りになるのだろうけど魚や動物の群れの個体群を把握してそこから推計値をはじき出す作業と同じでなんか嫌な感じがある。人間一人の命なんて所詮はその程度のものなんだとは思うけど。結局のところ特別な人なんていないんだと思う。その人が勝手に「私は特別な人だ」とか「あの人は私にとって特別な人だ」と勝手に思っているだけであってすべての人間はただの一人の力なき個人である。アリの世界からすれば女王アリは特別な存在なんだろうけど、人間かからすれば女王アリなんて働きアリなみにどうでもいいわけで世界が変われば見方も変わるということである。

そういえば以前「働かないアリに意義がある」という本を読んでなかなか面白かったけどアリの世界も人間の世界もそれぞれが見えない役割をこなしているということなんだろう。

働かないアリに意義がある (メディアファクトリー新書)

働かないアリに意義がある (メディアファクトリー新書)

春分の日

今日は「春分の日」だとのことで祝日である。だいたい昼と夜の長さが同じになる日らしい。徐々に暖かくなってきたので「春の日」と名付けてもいいくらいである。私は普通に仕事だったけど世間では休んでいる人も多いのかな?私はカレンダー通りの休日でないのであまり関係ないけど3連休の最終日というのは何かと気分が沈むことが多いから明日から仕事という人は頑張ってくださいね。

私はというと昨日はかつてないほど最悪で気分がふさぎ込み体調も悪く一日中気分が優れなくて死にそうな日だったけど今日になって少し気分が持ち直した。それでも午後になるとなんだかつらくなってきた。だるい日というのは本当につらい。

生きてるって本当に甘くないことだと思う。生きてることはつらいのに次から次へと生命が誕生し人口は70億人をとうに突破し73億人を超えていることを考えると凄く不思議な気分になる。そんなに人口が増えて苦しみが増えることが素晴らしいんだろうか?私は疑問だ。確かに人生は楽しいことも多いけど8割くらいは大変である。

仕事でつらいこととか憂鬱なことがあっても我慢しよう。我慢していれば天国に行けるよ。天国と言うものがいったいどういうところなのかよくわからないけど地獄でなければ天国だと考えていいでしょう。地獄とは恐らくこれ以上ないほど最悪な状態でしょうから今の状態に少しでも救いが見いだせるのならまあ天国だと思ってもいいでしょうね。自分が地獄の状態だと思っていても世界を見渡すと結構ひどい人生を送っている人はたくさんいるのであまり悲観する必要もないかもしれない。昨日のNHKの番組でシリア内戦のアレッポで爆撃を受けながらもなんとか生きている市民の様子を見たけどあれに比べればまだ救いはあると思った。とりあえず暖かい部屋で安心して眠れることができていれば幸せだと思っていいかもしれない。

私の人生もただなんとか生きているだけで素晴らしいと思えるような内容ではない。しかし、それで良いのだと思う。あまり期待しすぎるのはやめよう。と言うことでお休みなさい。

資格と金と優越感

昔、『部屋とワイシャツと私』という歌があったけど『資格と金と優越感』の3つは関係があるんじゃないかと思った。人間は仕事を通して社会生活を送るうえでなんらかの資格を持っていると他者に対して何らかの優越感を感じることができる。そしてその資格を得るためには勉強をしたり、試験を受けたりする必要がありそれなりの金が必要である。しかし、資格を取った後は資格手当などによって金が戻ってくることもある。
資格は仕事をする上で必要不可欠のもだったり、社会生活上の何らかの不安を解消してくれたりするものだ。しかし、資格がなくても生きていくことができる。資格があろうがなかろうが人間は生きていかなければならず簡単には死ねない。そして、最終的には資格にすがったところで助からない残酷さを持ち合わせている。

大都会の高いビルの上から下を見ると多くの人が行きかっている。ビルの下を行きかっている人々はそれぞれあんなことやこんなことを考えているのだろう。あんな資格やこんな資格を取りたいとか、お金をもっともっと稼ぎたいとか、あんな人やこんな人よりは自分の方がましだと考えていたりする。しかし、よくよく考えてみるとすべて虚しい。耐えがたいほど虚しい。資格を取ってお金を稼いで人より優越感を得られれば得られるほど人生は虚しくなってくる。資格なんて何も持っていなかった子供の頃の方がずっと人生を濃く生きていた気がしてくる。

さて、これ以上考えるのも面倒くさいからもう寝よう。中途半端に!!

外国に行きたい!

とりあえず、しばらく日本国内でおとなしく(?)していると外国に行きたくてたまらなくなります。早くどこからも日本語が聞こえてこない環境でおとなしくしてたい。と・・こう書いてみても自分で自分がおかしくなります。だったら日本でおとなしく部屋にでも引きこもっていれば一緒じゃないかと。いやそれじゃあ駄目なんですな。やはり、海外にいるということがつまらない日常生活を忘れさせてくれるのです。私は変人なんでしょうね。

次の行先はベトナムです。もう少し先になります。ホーチミンハノイ、ニャチャンと旅をします。とりあえず今はそれが楽しみかな。大好きなベトナムで美味いものを食べる。ヨーロッパやアメリカも行きたいし中南米やアフリカも行きたいしもちろんバリ島にも行きたい。トルコや中東などのイスラム諸国にも行きたい。本当に行きたいところしかありません。

今日3月17日はアサヒ スーパードライ発売30周年だそうで『スーパドライ エクストラハード 超刺激』という缶ビールがコンビニで限定販売されていましたので早速買って飲んでみました。

まあ、普通に美味しいですね。スーパードライだけあってカラッとしたさっぱりした味わいです。しかし、ビールはサントリー派の私からすると何かが足りないんですねえ。味わいが人工的というか機械的というか・・人間臭さがないんですね。それと旨味が足りないんだと思います。『ザ・モルツ』や『プレミアムモルツ』はもっと旨味があるからいいんですね。多分、私がビールに求めているものがちょっと違うんでしょう。でもスーパードライは凄く研究された高品質で美味しいビールだと思います。

私が大学生の頃入っていたサークルの先輩の中には海外好きな人が結構いて実に刺激的でした。ある時、ミャンマーに行ってきたよという先輩がいて「は?ミャンマー?いったい何しに行ったの?」と思いましたけどその後しばらくして自分がミャンマーに行くとは思いませんでした。しかし、今となってはその先輩の気持ちがわかります。ある意味非常に面白い国なんですね。親日的で親切だし。今思うとその先輩にミャンマーのどこを旅して何をしてきたのか?詳細に聞いておけば良かったと思います。久しぶりにミャンマーも行きたいなあ。

とにかく海外に出られれば私は満足なのです。アメリカならサンフランシスコもめっちゃ行きたいし景観が美しいシカゴなんかも行きたいし。とにかくどうせ死ぬなら全てを忘れて旅をしたいという気持ちを抑えるのに必死。まあ、貧乏で金もないから結局たまにちょろっとしか外国に行けずちょうどいいバランスなんですがね。最近注目されているキューバも面白そうだし、ウルグアイとかパラグアイとか南米の小国も味わいがありそうだ。

日本もいいけど仕事のことを考えたり人間関係で悩んだりどうでもいいことで落ち込んだりしてしまう。全てを忘れてただ生きるということに集中できる場所が外国ということになりましょう。人はお金を稼ぐために産まれてきたのではない。長生きするためにお金を産み出したんだなんて思う今日この頃。お金を稼ぐことに一生懸命であれば自然と生きる意欲が沸いて長く生きちゃいますからなあ。しかし、それにかまけてしまうと何か大切なことを忘れてしまうことになる。トランプさんみたいになってしまうんですね。確かに金があれば色々なことはできるけど何かをする為に金を稼ぐという本末転倒な事態になる。金を稼ぐという目的よりもずっと生きていることそのことや一瞬一瞬の人生の方が重たいように思われます。

ってことで今日は寝ましょう。明日はベトナム料理でも食べに行きますよ。

暖かくなってきた!

3月に入ったのにしばらく寒い時期がつづいていたけどいよいよ春らしく暖かくなってきた。やっと私が私らしく過ごせる時期である。

この冬に受験を終え4月から高校や大学で新生活を迎える人も多いだろう。最近は少子化の影響により受験競争が緩和され大学に入りやすくなっていると言われている。それでは大学生のレベルは下がっているのか?学力は下がっているのか?と言われたらその通りだと思う。全国の大学教授などにアンケートなどをとると大学生の学力低下は深刻だと異口同音に言うらしい。かつての大学生なら誰もが当然知っているような一般常識的なことを全然知らなかったり、大学生レベルなら簡単なはずの問題が解けなかったり、理工学部なのに数学Ⅲをやっていなかったり、医学部なのに生物を学んでいなかったり、論理的思考力が低かったりするなどいろいろと問題はありそうだ。

私の父親はちょうど団塊の世代であり、18歳人口が最も多い年だったからとにかく大学受験はものすごく大変だったということをよく口にしていた記憶がある。さすがに今はもうそんな話はしないけれども。当時は大学の数や入学定員が今よりずっと少なく特に難関大学は本当に狭き門だったのである。高校では生物、化学、物理、地学の全科目を数学も数学Ⅲ・Cまでを社会も地歴公民のすべてを学校で習ったと言っていた。私なんて高校時代は文系だったので物理や地学を勉強していないなし、数学もⅠ・AとⅡ・Bまでしか習っていないし、社会科も世界史専攻だったので日本史Bは履修していない。

今は国立大学のセンター試験で5教科7科目を課されるところが多いから我々の頃(一般的に5教科6科目だった頃)よりは大変である。ある意味、我々の頃の大学入試が最も楽だったのかもしれない。第二次ベビーブームがしばらく前に過ぎたうえ、新設大学が増え大学入試が明らかに易化していたからである。しかし、我々の頃は大学入試自体は楽だった(あくまでもこれは一般論であり人によって大学や学部によって全然違うことは言うまでもない・・)と思うが、就職氷河期の真っ最中だったから就職活動はすごく厳しかった記憶がある。数十社受けて内定が2つくらいが普通だったように思う。これも人によって事情が全然違うので一般論でしか言えないがどう考えてみても就職が楽に決まる雰囲気ではなく今の大学生とは状況が違う。

さて、では今の大学生は昔の大学生より優れているのか?劣っているのか?と言ったら私は今の方が優れている部分も多いのではないか?という気がする。今の大学生は以前の大学生ができなかったことを当たり前にこなしている。確かにかつての大学生なら誰もが読んでいたような古典などを読み漁っていないかもしれないがネット上から様々な知識を吸収し柔軟に応用している。つまり、情報力が違うのである。現代の学生はサバイバル能力が高まっているのではないか?多様でめまぐるしい現代に対応するために自分を日々鍛えているような気もする。私は今の大学生が堕落しているような気がまったくしない。奨学金を受ける学生が増え危機感が高まっているのもあるかもしれない。

結局のところすべての人間の人生は生き残りをかけて日々戦っているだけなのかもしれない。私がどんなに否定したところで性の喜びおじさんが言うところの『アイムサバイバー』であり『アイムチャレンジャー』なのかもしれない。今こうして生きているということがそれを証明している。