人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

欠点を伸ばす

f:id:ericrun:20171210080535p:plain

哲学の教科書 (講談社学術文庫)
私が大好きな中島義道さんの『哲学の教科書』を再読している。
中島さんが著書の中で言っていることの中でとても面白い視点だと思ったのは『欠点を伸ばす』ということである。
『欠点』とは世間一般的に直すべきものとして捉えられている。自分が、そして周りがその人のある特性を欠点と認識したらそれを改善し克服すればより良い自分になれるのだと信じ、欠点の克服に努めようとする。

中島さんは子供のころから物事を複雑にぐちゃぐちゃに考えてしまう癖があった。しかし、ある時物事を複雑にぐちゃぐちゃに考えることがなぜ悪いのだ?もっともっとへとへとになるまでぐちゃぐちゃ考え続けてしまえば良いと開き直った。そして、そのぐちゃぐちゃと物事を考え続けるという特性こそが哲学者という職業には合っているのだとわかったそうである。

私自身もなかなか複雑で一筋縄ではいかない人間である。中島さんほどぐちゃぐちゃと物事を考え続けることはないのだが、自分自身をオープンにしたり、自己開示をしたりすることが非常に苦手であった。もっと自分の心を開いて素直に生きられれば楽になるのにと思ったことは数知れずあり、オープンに生きられなかったからこそ孤独に陥らざるを得ない局面が多々あったのだ。

これこそが私の欠点の最たるものである。しかし、中島さんはこうした欠点こそ伸ばすべきであるという。そして、『欠点とはそのまま長所になるもの』だと断言しているのだ。これはとても面白い視点なのではないだろうか?確かに欠点とは考えようによっては長所なのかもしれない。私の場合自己開示ができないことで人が寄り付かないという欠点がある。しかし、それにより孤独に生きていけるという特権を得られるのも事実である。孤独に生きていけるということは自分の時間が長く確保できるというメリットがある。これこそがそのまま長所になるということである。

なるほど、哲学者中島義道なかなか鋭い。どんな人でも欠点と自覚する特性はあるだろう。そして、それがなかなか直せないと悩むことだろう。しかし、それは案外そのままでいいのかもしれない。欠点はそのまま長所であるのかもしれず、それをもっともっと伸ばすという道もあるのかもしれないのだ。物事をぐちゃぐちゃと考え続けてしまう人間はもっともっとへとへとになるまでぐちゃぐちゃに考え続ければいいし、引きこもりに悩む人間はもっともっと引きこもり続けてみればいいし、もてない人間はもっともっともてずに1人で孤独な時間をつらく苦しめばよい。足が短い人間は足の短さに悩み続ければいいし、性格の暗い人間は自分の暗さにあきれるほど悩み続ければいい。そうしたバカげたことをしてはいけないという法律などないのである。

欠点を自覚しそれを直そうともがくのではなく欠点を受け入れて長所として伸ばす。これこそがその人らしく生きる道なのかもしれない。それは、その人らしく死ぬということにも通じていく。欠点をすべて直して丸く平らになって死んでいってもつまらない気がする。確かに生きるのが楽になるかもしれないし、人生が楽しくなるかもしれないが肝心なその人らしさが失われてしまう気もする。整形した人の顔のように何か人工的な違和感が残るかもしれない。

ということで、欠点を伸ばしましょうという話でした。

オイミャコンの気温

f:id:ericrun:20171209024948p:plain

世界で最も寒い定住地と言われるロシアのサハ共和国にあるオイミャコンという人口460人が住む村の現在の気温はなんと・・

マイナス51度

安定の寒さです。オイミャコンに産まれなくて本当に良かった。ちなみにオイミャコン村の最低気温記録はマイナス71度
オイミャコンの最高気温記録は34度だからその差は105度もあるということ。

とりあえずロシアではなく日本に産んでくれた母親に感謝するべきなのか?

ちなみに、ロシアで人口が多くて寒い都市として有名なハバロフスクの現在の気温はマイナス27度。これも安定の寒さです。ハバロフスクの人口は57万人ですから日本でいえば中核規模の都市くらいの人が住む地がマイナス30度近い寒さに震えているというわけです。

ロサンゼルスの今日の気温は最高が24度、最低が12度。ロサンゼルスはなんと気候がいいのでしょう。冬なのに初夏みたいな気候ですね。ロサンゼルスかオイミャコンか選べと言われてオイミャコンを選ぶ人はまずいないでしょう。

鶏のから揚げを美味しく揚げる油の温度は180度。最近は温度計付きの天ぷら鍋を買ったので温度調節をこまめにしながら揚げるようにしています。

ちなみに私が快適に感じる気温は25度くらいです。年中25度くらいの暖かいところに住みたい。以上。

唐揚げとビール

f:id:ericrun:20171208123203p:plain

昨夜の鶏の唐揚げには下味でワインを入れたら普通に美味しかった。普段はスーパーで買ってくる安い料理酒を入れているのだが試しに白ワインをぶち込んでみたら全然イケル味だった。次はビールでも入れてみようかな。それにしても一体君は週何回唐揚げ食べてるの?っていうくらい鶏の唐揚げばかり作っている。完全にはまってしまっている。美味しく揚げることができたときの喜びはいかんともしがたいのだ。そして、鶏の唐揚げというと圧倒的に鶏もも肉のほうが人気があると思うのだが私は意外と鶏むね肉の方がお気に入りだったりする。確かに鶏もも肉は脂がのっていてジューシーなのだが、むね肉も捨てがたい。理想としては2種類買ってきて半分半分揚げて交互に食べるくらいがベスト。

ちなみに、昨日はファミリーマートに売っているサントリーの『絹のラガー』というビールを初挑戦してみたのだが美味しかった。やはり、ビールは最高!!なんでこんなに美味しいのだろう。その後ドライブラックを飲む。
アサヒ スーパードライ ―ドライブラック― 缶 350ml×24本

ドライブラックはアサヒのクールな黒ビールという感じで美味しい。

締めは白ワイン。唐揚げとビールの絶妙なマッチングで気持ちよく酔いながら眠りについた。日本にいる時の楽しみはまあこれくらいだろう。他に何も楽しいことはないので。早く海外逃避するのみ。なぜ海外を旅している時はあんなにもウキウキワクワクし、一日が長く感じられるのだろう?生きている充実感に満たされとっても幸せだ。とりわけ海外のホテルで目を覚ました時の気分の良さと言ったらこの上なし。今日は休みなんだ・・そして海外にいるんだ・・という高揚感が一日の目覚めを最高なものにしてくれる。これは、日本でただサラリーマンをし続けているだけでは決して得られない喜びである。

非日常がなければ日常は輝かない。日常だけの退屈な人生に終わりを告げるのだ。

言えないよ~好きだなんて・・💛

f:id:ericrun:20171207213204p:plain

皆さまこんばんは。ところで、皆さんは異性にトキメクことがありますか?私は最近、少しトキメキを感じるかも・・?と思う人がいます。もちろん、女性ですよ。男性にときめいたとしたら少しヤバイことになってしまいますので。でも、何も行動には移しません。このままがベストです。人間関係は腹六分が一番良いと言ったのは私の尊敬する美輪明宏さんです。恋愛も友人関係も職場の人間関係も家族関係も全て腹六分くらいの付かず離れずくらいの関係が一番良いんです。

下手に好きになってのめり込んだり、嫌いになって縁を切ったりしないようにほどほどの距離を取りながら他人と付き合うことって凄く大事なことだと私は思います。そして、そうした距離感のある人間関係こそ結局は長続きすることになるのだと思います。私は一人本当に大好きで尊敬している親友がいますが基本的にはほとんど連絡を取りません。数カ月に1度会って数時間話すくらいです。しかし、お互いのことを信頼しあっているからいつも新鮮な気持ちで向き合うことができます。こうした距離感のある友達って実は凄く貴重です。基本的には人間という生き物は一人で生きていくものなんだと思います。

そうです。人間は誰しもみんな孤独なのです。そして、それを受け入れて生きていかなければいけないのです。

久しぶりにブログを更新しましたら、『いつも楽しみに読んでいます』と言ってくれた方がいてほっこりしました。好き勝手なことばかり気まぐれに書いているブログなのにこうして読んでくださる方がいることはとても幸せなことだと思います。そうした方がいるからこそまた何か思いついたら書いてみようという気になるのかもしれません。

先日、母親とランチに行って色々とお話ししたのですが、インド旅行の話で盛り上がりました。私も彼女もインドに行ったことがあります。中央分離帯に人が寝ているのは凄いと思った』というところはお互いに共感しました。インドに行くとわかりますが、リアルに道路の中央分離帯にホームレスが寝ていますからね。あの光景は衝撃です。人はどんなところでも寝れるんだなあと感心しました。私は絶対無理ですけどね。

ちなみに、私はデリーのコンノートプレイスというところで赤ん坊の死体を見ました。あれも衝撃的な光景でした。周りのインド人は見て見ぬふりをしていました。関わり合いになるとまずいと思ったのでしょう。私も何もできませんでした。人間には生と死があります。生きとし生ける者はもれなく皆いつか死んでいくのです。そうしたことを肌で体感することができました。

本当に生きていることっていったい何なのでしょうね?私にはわかりません。なんでこの私に生まれてきて色々な苦労をしていかなければいけないのか?幸せっていったいどこにあるのか?よくわからず漠然と生きています。不幸はとてもリアルにわかるのですがね。

でも、どんなに悲しくても笑っていたいとは思います。笑うということはとても大事なことです。暗い顔をしていると心も暗くなります。どうせ死ぬのですからできるだけ笑って過ごしたいと思います。

何もやる気が出ない

f:id:ericrun:20171207084508p:plain

ブログを一週間放置してしまった。ヤバイ。何もやる気が出ない。寒くなると冬眠状態になってしまう。寒いというだけで毎日憂鬱だ。相変わらず退屈な毎日を過ごしている。

しかし、自炊だけは毎日頑張って行っている。掃除も毎日一回は必ずしている。これらをしなくなったら人間的にダメになる気がして寒くても欠かせない。昨日作った鶏の唐揚げは今までで一番美味しかった。徐々に料理も上手くなってきたようだ。

無気力にどう耐えていくかが今後の課題である。有効な暇つぶしを見つけなければならない。

褒めるべきかスルーするべきか?

https://2.bp.blogspot.com/-dL8n9ma5CGU/WerLBbkTiAI/AAAAAAABHsU/Nj7Jj4GGSkA_ypaTCYG_BvJSsxiaYW9OACLcBGAs/s400/pose_inoru_man.png

会社で仕事をしていて人間関係に悩む人は多いことだろう。とりわけ難しいのは自己顕示欲がやたらに高い目立ちたがり屋で調子をこいているスネオタイプの嫌味な人間が何らかの努力をして良い仕事をした場合に褒めたほうが良いのか?スルーしたほうが良いのか?難しいということである。

スネオタイプの人間というのはいたって単純でとにかく他人から凄いと思われたかったり、認められたいと思われたかったりする感情が他人より何倍も強い。そして、他人に凄いと思わせて自分の凄さを見せつけ、他人を支配したいと思っている。ここが大問題なのである。

社会人ともなれば、自分が何をしようと勝手なのだが、他人を支配しようとする輩は要注意である。一定の距離をとって付き合わないと痛い目に合う。しかし、一定の距離を取られているのが相手としても気に入らないのだ。自分は常に相手より優位に立ち、相手を支配したいのだから。

行動に伴う動機が嫌らしいものだと相手を評価したいという気持ちも萎えてしまう。純粋な気持ちで頑張っているのなら褒めたり、持ち上げたりするのが全然苦にならないのだけれど、明らかに自己顕示欲が高い人だったり、嫌味な人だったりするとその後のことを考えて慎重にならざるを得ない。かと言って相手を不機嫌にさせると仕事がしにくくなるので適度に持ち上げたほうが良い場合もある。さじ加減が難しい。

私自身が不純な人間だからこうしたどうでもいいことにこだわってしまう。本当はもっと純粋に頑張った人を高く評価してあげれば良いのだが、いかんせん私は性格が悪いのだ。動機が不純だと相手が嫌味な奴だとどうしてもけなしたくなってしまう。

人間関係って難しいっすね。

同僚とディナー

f:id:ericrun:20171127054335p:plain

昨夜は職場の同僚と3人でディナーをしに行く。以前から定期的に何回か会っている仲間である。かなり打ち解けている仲間なので本音で話せるのは嬉しいが少し『違うなあ』とか『物足りないなあ』と思ってしまうのは致し方ない。所詮職場の同僚であり、友達ではないので仕方がない。

職場の人とは基本的に一線を引いている。仲良さげなのは職場の中だけである。本当は職場なんて行きたくない。仕方がないから行っているだけだ。ディナーで2500円も使ってしまった。久しぶりの外食はついついあれもこれも食べたくなってしまう。今日からまた自炊生活だ。