人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

もてる男

ついにアンジャッシュ渡部建が結婚しましたね。アンジャッシュの渡部と言えば「イケメン」「博識」「トークが面白い」というイメージでさらに売れっ子芸人だからお金もたくさん持っていそうです。経済アナリストの森永卓郎氏に言わせると「もてる男」の3大要件は「お金」「イケメン」「トーク力」だそうで渡部建はこの3つの全てを完全に満たしています。

私はというと、「お金なし」「イケメンでなし」「トーク力ゼロ」ですからもてるはずがないですね。それなのに・・

なぜ、私は若くて綺麗な女性にこんなにもててしまうのか!!!!!!!!

と逆転満塁ホームランを打ちたいところですが残念ながら誰もが予想する通りまったくもてません。当たり前のことです。しかし、世の中には金がなさそうで、イケメンではなく、トークも冴えないくせに意外ともてていたり、結婚していたり、子供がいたり、女や男がたえなかったりする人がいますよね。ああいう人達はいったいなぜそうなるのでしょうか?私にはわかります。いくつかの要因がありますがその一つに「優しさ」があるでしょう。やはり、他人に優しい人はもてます。それと「寂しがり屋」ということもあると思います。やはり、寂しがり屋な人って否応なく他人を求めますからね。そういう雰囲気が人を自然と惹きつけるんでしょう。

私はというと他人に優しくない上に、全く寂しがり屋でもないんですね。孤独が大好きで冷たい男であります。こうした男がもてるはずがないのです。人が人を好きになったり、愛したりするって物凄いエネルギーのいることだと思います。少なくとも恋愛にはそうしたエネルギーが必要になります。私は体力もエネルギーも少ないですからとてもそんなことに力を注げないんですね。これは大きな欠陥です。そもそも誰かと一緒にいたくなく、誰かと話したくなく、誰かとどこかに行きたくなく、誰かと一緒に生活したくなく、結婚したくなく、子供もほしくない男になんの魅力がありましょう。それだけならまだいいのですが、働きたくなく、お金に興味がなく、仕事が嫌いで特にこれと言った能力や才能がないのです。中島義道さんの「働くことがイヤな人のための本」を愛読しているくらいなんですからね。

働くことがイヤな人のための本 (新潮文庫)

ということで、もてる為にはやはり大きなエネルギーがいることは間違いないでしょう。そして、世の中で恋愛と呼ばれるものをするためには少なくとも人が好きでなければならない。
これは最低要件なのかもしれません。私には正直結婚したり、子供を作ったりする人の気持ちが皆目わかりません。というかそのエネルギーがどこにも見出せません。なぜそういうことをするのか意味がわからないのです。明日から一人で海外放浪行ってこいと言われれば喜んですぐに行けるのに、そうした社会的なことをするエネルギーが全然わかないんです。

ああ、疲れますね。この人生。涙

beer片手に・・

デカイ!超デカいよ~

この言葉から連想することは人それぞれである。何をデカく思っても良いわけであります。私は中学校の帰り道に友達と川の橋の上からデカい魚を見てこんなこと言ってましたね。そう言えば10数年前に「Big Fish」というハリウッド映画が話題になってました。


Big Fish (7/8) Movie CLIP - Field of Daffodils (2003) HD

ちなみに英語でBig Fishとは大きい魚という意味のほかに「大ぼら吹き」という意味があるそうでこの映画は後者の意味で使われています。私はまだ見たことがありませんのでまた機会があったら見たいと思います。日本でいうところのBig Fish(大ぼら吹き)は経歴詐称で消えたショーンKさんあたりになるのでしょうか?あのイケメン饒舌トークかつ高学歴っぷりに見事騙されましたね。なんとなく出来過ぎ感がありましたけど私はそんなに怪しまなかったので驚きました。まあ、「超デカいよ~」という言葉の連想はここいらで止めておいた方が良さそうです。その後色んな方向に連想していくのは自由でございます。妄想の世界ならギャルにそう言わせても良いわけでございますしね。

最近は相変わらずbeerばっかり飲んでます。日本国内なら「ビール下さい」と言って良いのですが、海外に出たら「ビールプリーズ」では通じませんからね。「ビール」は「ビア」です。ビールでは通じませんので。「ビア、プリーズ」と言ってください。もう最近、ビールしか飲みたくありません。他のアルコール飲料に手が伸びないんです。以前はサワーや梅酒などを飲むことが多かったですけど最近は2杯目も必ずビールです。家に帰ってからもビールです。大学生の頃なんてビール全然飲まなかったになあ。人は変わります。

この前、大王製紙前会長井川意高の「熔ける」を読みました。

熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録 (幻冬舎文庫)

熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録 (幻冬舎文庫)

会社(大王製紙やその子会社)からお金を引っ張り出し総額106億8000万円をマカオのカジノなどでギャンブルに注ぎ込んだその手腕は見事としか言いようがありません。私も是非見習いたいと思います。彼こそ正真正銘のギャンブラーです。あまりにも多額を注ぎ込んでくれるためマカオでは最高級のVIP待遇だったそうです。そして、マカオに飽き足らずシンガポールのカジノでもギャンブルしていたそうです。週末になると必ずマカオやシンガポールに向かい徹夜でギャンブルにのめり込み月曜日から普通に働いていたそうです。

彼は大王製紙創業者の御曹司ですから実家はかなりの金持ちだったそうですが高校生まではそれほどお金を使わなかったそうです。高校は東大合格者が全国でも有数で超有名な筑波大学付属駒場高校東京大学法学部を卒業したエリート中のエリートです。あまりにも厳しく自分を律し過ぎたせいで会社に入ってトップになり、自由にお金を引っ張れるようになったことで頭が狂ってしまったんでしょうか?106億8000万円をギャンブルに使うってどう考えても尋常じゃありませんよね。この額を聞くと8000万円が小さな額に感じますけど8000万円って労働者階級の私からしたらとんでもない額ですよ。普通に家が2~3軒買えるお金ですからね。普通の家で育った人にとって8000万円をギャンブルに注ぎ込んだって聞いただけで卒倒しそうになるほどです。それが106億8000万円分なわけですから・・・

やはり、金持ちの考えることは違います。ギャンブルなんて全然しない私からしたら3000円をギャンブルにすることすらあり得ない感じです。それなら飲み屋にでも行って美味しいビール片手に美味いものを食って3000円使った方がよっぽど幸せです。人の幸せは千差万別です。しかし、人間には慣れがあり、慣れればなれるほどより大きなスリルがほしくなってのめり込んでしまうものだから注意が必要です。井川さんもカジノに注ぐ金が大きくなればなるほどより興奮しさらにのめり込んだのでしょう。

なんでもデカければいいってもんではありません!!

小さいことにコンプレックスを抱いている人は多いようですがデカければデカイ方が良いわけでもないんです。これは声を大にして言いたいことです。本の最後に井川さんが「IR法案(カジノ推進法案)」に反対している野党に反対意見を言っていましたけど、人間って懲りない生き物ですね。日本にカジノができたら井川さんは通うんでしょうか?ちなみに私はカジノ賛成派です。なぜなら自分がまったくやらないからです。アメリカのラスベガスに行った時にカジノを見学しましたけどなかなか面白かったですよ。はまらなければ面白いもんだと思ってます。エンターテイメントとしてですけどね。


英語力を存分に発揮する性の喜びおじさん

I WANT TO MAKE LOVE!! I WANT TO DRINK BEER!!

光陰矢のごとし

鬼のように時間が経つのが早い。最近になって明らかに異常な早さで時間が過ぎ去っていく。1週間前なのにもう数年前くらいの感覚で遠い記憶になってしまう。毎日はなんとも憂鬱な気分が続いている。とにかく生きているのがだるくて面倒くさい。仕事に行きたくない。そればかりだ。

男根に堕ちた三十路人妻

今日届いた迷惑メールの題名だ。毎日たくさん迷惑メールが届くがこうしたアダルトな内容のものも多い。迷惑メールの全ては開けずにそのままゴミ箱へ放り込むが、今回のものはついつい開けそうになってしまった。迷惑メールを送る業者もなるべく開けてもらえるように色々と苦心しているのだろう。

無気力状態が続いていて悩んでいる。とにかく仕事をするのが億劫で人と会いたくないと思ってしまう。明るく楽しく生きるって夢物語な気がする。今の状況を言葉にすると・・

長い一日があっという間に過ぎていく。

という気分である。確かに憂鬱な気分を抱えたままいると長く感じるのだがどういうわけかあっという間に過ぎ去る。何か勢いの早い川にでも流されながら溺れている気分である。私は人生を諦めていますが皆さんは諦めずに頑張ってくださいね。では。

覚悟

4月に入ったのにまだ朝夕が寒くて辟易する。朝起きて寒い中仕事に行くのがつらい。暖かくたって仕事なんかしたくないのに!!!!!!(怒)
今日は職場で気が強い上司の意見に徹底反論してみた。さすがに怯んでいたようだ。これがなかなか面白い。こういうこと結構好きだ。特に何も怖いものはない。今日死んだって、今すぐ殺されたって別に構わないと思いながら今日も生きている。だからこそ「おかしいことはおかしい」とはっきり言いたい。

結局のところたいていの日本人の考えていることなんて「他人と衝突したり喧嘩したりしないで平穏に過ごしたい」とか「上司や部下に嫌われたくない」とか「他人に愚痴を言われたくない」とか「他人によく思われたい(悪く思われたくない)」とか「思っていることを口に出してやっかいなことになりたくない」とか「職場で安定した立場を維持したい」とかその程度のことである。こうしたことを常日頃考えているからこそみな自分が思っていることが正しいと思っていてもあまり表に出さないで我慢していたりするのだ。よく考えてみると気が小さいということに尽きると思う。

はっきり言ってしまうと、私はこの世にもこの職場にもいなくて全然構わないのだ。それは他人にも当てはまること。私の代わりは他にいくらでもいるし、代わりがいなくて職場がなくなったところで別にたいしたことはなかろう。すべてちっぽけなことである。気の小さい多くの日本人は他に代わりがいくらでもいることを知っていて立場を維持したいがために衝突を避けて保身に走る。それは長く安定して生きたいからである。

しかし、私は別に長く生きたくないし、安定することに興味がない。将来なんてものは錯覚にしか過ぎず、そんなものは所詮どこにもないのだと思っている。「今」どう生きるかのみが大事でそこに全力を注ぐべきである。その結果生きられなくなったらなったで全然構わないし、なんの後悔もない。世の中にはいろいろな生き方があるもんだ。

私は私の道を行けばいい

意外と走れる

今日はトレーニングジムに行って筋トレを一通りやった後に、ランニングマシーンでランニングをする。普段は2~3kmで疲れて面倒くさくなってやめるけど今日は体調が良く8.3kmも走ってしまった。速度は12.5km。ランニングを日課にしてる人なら時速12kmなら軽いペースだが全く走っていない人にとってはかなり速いペースだと思う。この速度で8.3km連続で走れたってことは意外と俺もまだまだいける?????とか勘違いしてしまいそうになる。

もう、お前は終わっているよ

という心の叫び声をかき消しながら頑張った。たまには努力することも大事。努力が大嫌いで続かない性格なので時々は努力している自分を誉めたい。昨日たくさんビールを飲んだせいもあり今日は全然飲みたくならないから休肝日とした。走るのを日課にするといいことありそうだ。一時的に気分がリフレッシュできる。体内の血流を高めることが大事だ。性の喜びおじさんが「月曜日のmondayに・・」とweekend loverをディスっていたけど月曜日のマンデイにトレーニングジムで走る男なんて偉いじゃないの。調子こいて明日も走ってやろうかな。

暇つぶしと仕事

仕事をしていないと暇だし、忙しい仕事は嫌だし、かと言って眠くなりそうなほど暇な仕事も嫌である。人間とはいつも何かしら「仕事」をしていたいと望みながらその仕事が満足できるようなものでなくて悩む。かつて暇な職場にいた頃「もっと忙しい職場で働いて経験を積みたい」と思っていた。そして、忙しい職場に移ったら「もっとゆとりのある職場で仕事がしたい」と思った。

仕事を何もしない人生もつまらないし、仕事以外に特にこれと言って暇つぶしとなりそうなものもなさそうだし、かと言って仕事を唯一の暇つぶしとして情熱を注ぐのも嫌だし、完全に手を抜いてダメな仕事をして時間をつぶすのも嫌だ。仕事ほど距離の取り方が難しいものもない。

戦前や戦時中は「お国の為に尽くすこと」が国民の仕事(務め)であると教育され洗脳された。今やそうした洗脳が解かれたぶん、自ら仕事の中に生きがいややりがいや楽しみを見出したり、生きる意味を見出す必要が出てきた。そうやって自分を仕事に束縛し、半洗脳状態にでもしない限り人生が退屈でバカらしくてとても生きていけない気がするからである。

どこにも答えは見いだせないだろう。着地点はなさそうだ。我々は確かに仕事をしたいのだが同時にあまり過剰に仕事をしたくない。仕事をしていないと暇で仕方ないが、仕事がない日が好きだし、ゆとりのある日々を望む。誰かの役に立ちたいと望み、それを自分に言い聞かせ何かしらの仕事をしながら日々刻々と「こんなことをしていていいのだろうか?何の役にも立っていない気がする」と悩む。そして、実際に自分以外の誰でもできること(代わりがいること)に気付く。

この世には仕事以上の暇つぶしは無いのだ。仕事こそ暇つぶしの王道を行くものである。だからこそあまりのめり込むものではない。仕事とは常にバカらしいものであり、どうでもいいものである。そう思っていないと危険である。

直感

男性に比べて女性の直観力は鋭い。女性の直観力は鋭いからこそ女性は場に応じて空気を読んでその空気に合わせた行動をするのが得意である。子供を産み育てるという男性にない性の役割でこうした能力が備わっているのだろう。最近私も直観力が高まってきたと自分で勝手に思っている。顔を見ればその人がわかるようになってきた。顔とはその人の内面を移す鏡であるように思う。時々顔と性格が一致しない人がいるけどだいたいは一致しているように思う。

海外などに行って見知らぬ人から声をかけられた場合ダマして金を巻き上げようとする輩も結構多いのだけど顔を見ると直感でヤバいとわかる。悪い奴らの目は異様にギラギラしている場合が多いのだ。まさに獲物を狙う目になっているのである。常日頃から欲の皮が突っ張ってもっと金儲けをしようとかもっと楽して金を稼ごうとばかり考えているから次第にそういう嫌らしい顔になってしまうのである。

顔って面白い。どんなに表情を作ってごまかしてもその奥にすけたものは見えたりするし直観力が高まればだいたいわかるようになってくる。先日ネットで目が笑っていない芸能人として堀北真希があがっていたけど確かに写真を見るとその通り。なんかもやもやと心に闇を抱えている感じの表情である。彼女が芸能界を引退したのもそうしたことが関係しているのだろう。作り笑顔に疲れたとか自分を演じきれなくなったとか。

そういうことを全て含んで人生意味を感じられない。何もかもどうでもいい。今も将来も特に意味がない気がする。これは私の直感によるものだ。