読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

寛容と不寛容

先ほど記事を一つ投稿し、これで今日は終わりかな?と思いきや本日2つ目の記事を投稿しようとしている馬鹿な私である。前記事にトカゲがゴキブリを食べまくる動画を添付したがそれを見てみるとアルビノ個体(白色のゴキブリ)が1匹いるのがわかる。ゴキブリにもアルビノっているんだなあ?としみじみ感慨深い。

当然ながら人間にもアルビノの方がいてアフリカなんかだとアルビノ狩りとかいう恐ろしいことが行われている地域もある。少数派は多数派に迫害される運命にあるのかと思うと切なくなる。最近LGBT(レズ、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)の権利を守ろうという動きが大きくなってきていてこれは大変素晴らしいことだと思う。日本という国はまだまだ性に対して抑圧されている国だと思う。とりわけLGBTの方達が生きにくい社会だと思う。それはこの日本の集団主義の風土がカミングアウトに寛容ではないことを意味している。

私が海外を旅してLGBTに寛容だなと思った国はタイとフィリピンである。タイとフィリピンではそこら中にいわゆるおかま(レディボーイ)の人を見かけるしそれを周囲も普通に認めている。ただ、注意しなければいけないのはレディボーイでもないのに、そのふりをして外国人観光客に近づき隙をついてひったくりをしようとする輩がいることだ。私もそれをやられて財布を奪われそうになった経験があるのでレディボーイが全員本物で良い人だと思わない方が良い。これはまあ別にレディボーイに限らず全ての人間に言えるわけだけれども。

私はリベラルな個人主義者だから「みんな同じであるべき」という考え方を嫌悪している。みんな違っていい。というよりも遺伝子が違うのだからみんな違うのは当たり前のことだ。自分の常識や普通が他人に当てはまることの方が少ないのだと思う。当然ながらLGBTの方がもっと生きやすく寛容な社会になってほしいと願う。権利とは少数派を守るためにあるものだ。多数派の権利はすでに「既得権」という形で守られていることが多い。多数派は自分たちが生きやすくなるように歴史的に既得権を形作ってきたのだ。

現在の日本では猫も杓子も少子高齢化を憂う傾向にあるが私は正面切ってこの傾向に疑問を投げかけている。なぜ少子高齢化でいけないんですか?と。日本の人口は世界的に見てかなり多いのだから少しくらい減っても良かろうと。労働力人口が減って社会がまわらなくなりそうならもっとゆる~い社会を目指していけばよいでしょうと。便利・快適ばかりを求めるとどうしても少子高齢化を憂うことになるがなんとか食べていくことができれば多少不便でもいいじゃないかと私はそう思う。スーパーやコンビニやファミレスの営業時間を短縮し、郵便物の配達がもっと遅くなり、電車やバスの本数が減っても問題ないじゃないかと本気で思っている。そうなったらそうなったで人間はそれに順応できる生き物だと思う。

寛容と不寛容っていったい何なのだろう?と思う。人間って寛容と不寛容を併せ持っている生き物だ。寛容過ぎてもいけないし、不寛容過ぎてもいけない面がある。厳しいだけでもゆるいだけでも駄目ということだ。生きていく以上なんらかの形で自己を律していかなければいけない。場合によっては他者を律しなければいけない。あー旅に出たい。

トカゲとゴキブリ

最近の私の睡眠時間はやたらに長い。なんだか色々ともやもやすることがあるらしくあまりなんだかんだと考えると疲れるのでさっさと寝てしまうようにしているのだ。眠ることってホント大切なことなんだなあと思う。もやもやしていても起きるとスッキリしていることが多いし、疲れもとれて少しは「今日も生きてやるか」という気持ちにさせられる。

昨日、一昨日とビールを我慢したから今夜は必ず飲むぞ!!

と思っている。なんだかアルコール依存症の方の気持ちがほんの少しわかる。私はアルコールはめちゃくちゃ弱いからアルコール依存症になりようもないのだけど、たくさん飲める体質なら常に飲んでしまうかもしれない。素面でいると結構苦しくなる時もあり、それを誤魔化すには酒を飲むか寝てしまうかの二者択一になりがちだ。

私は自分を大きく見せようと見栄をはる人が苦手である。アルコール依存症の話が続くかと思いきや話が180度以上それて申し訳ないがそういう気分である。自分を大きく見せようとする人ってすぐばれるよね?ばれるのになんでそうするんですか?と正面切って問いたくなるのだ。あなたの人間の器量なんてもうとっくに周囲に見抜かれてますよ・・それなのに見栄を張って大きく見せてどうしたいんですか?とついつい言いたくなるのだ。

これって、正論のようでいて私の方がとても嫌らしい性格である。そんなこといちいち指摘しようとするなよという声が四方八方から聞こえてきそうである。見栄を張って大きく見せる人間とそれを嫌悪する人間、どっちもどっちで小さな人間な気がしてくる。もっと大きく構えて堂々としていたいがどうにも気になってしょうがないのがこの私という存在だ。人間ってホントどうでもいいことにこだわる生き物なんだと思う。これは私に限らずほとんどみんなそうなんだろうと考える。

さて、ここからさらに話を急展開する。私はもう日本を飛び出して海外に出たいのだ。こうした馬鹿らしいことを全て忘れて海外でも一人旅できたら最高ではないか?そんなことを思いながら昨日見ていたyou tube動画はトカゲがゴキブリを食べまくるグロイものである。添付しますので良かったらどうぞ↓

かなりグロイですが面白い。海外に行きたい自分を抑えるのにはちょうど良いのかもしれない。

ゴキブリ50匹のケージに腹ペコのトカゲを投入

人間なんてみんな孤独だよ

人間とは本質的に孤独から逃れたい生き物である。しかし、どうあがいても結局孤独なのだと気づく。ドラゴンボールの世界のように誰かとフュージョンして合体できるわけでもなく、脳内を共有できるわけでもないのだから結局どうあがいたところで一人なのだ。孤独から逃れようとしても無駄だ。誰かと一緒にいてもやっぱり孤独である。誰かに頼ろうとばかりしている人には魅力がない。一人で孤独に立ち向かっている人がかっこいい。

孤独を抱きしめよう

5月の完璧な気候

気候が良すぎて自然とテンションが上がってくる。5月ほど好きな月もない。暑すぎず寒すぎず完璧な気候だから。こういう時期は外に出ないともったいない。4月ではまだ朝晩肌寒いし、6月になると雨が多くなるし7月になると暑くなる。5月はまだ雨も少なく暖かくて過ごしやすい。日中は半袖一枚で快適に過ごせる。湿度もそれほど高くなくて汗もあまりかかない。日本の5月の気候はロサンゼルスの完璧な気候を思い起こさせる。

ちなみに今日のロサンゼルスの気温は最高が14度、最低が11度と少し肌寒い。東京は最高が26度 最低が18度、札幌は最高が18度 最低が9度 那覇は最高が25度 最低が22度とどこの都市に行っても過ごしやすい。今日の気候だけで言ったら間違いなく東京がロスに勝利だ。

ロサンゼルスの完璧な気候に憧れて移住してくるアメリカ人が多いという。夏は涼しく冬暖かいし、湿度も低くて快適なのだ。日本も5月の気候が年中続くのならもっと完璧なのだが・・寒い冬に耐えねばならぬ。日本の暑い夏に比べれば寒い冬の方がましだという人は多いが私は真逆だ。夏の暑さには耐えられる。寒さには耐えられぬ。

今の東京の気温はちょうど夏のヨーロッパの気温と同じくらいだ。高緯度のヨーロッパは一部の地域をのぞいて夏が快適な時期となるがそれがちょうど今頃の東京の気候くらいと考えていいだろう。私の気分は気候に左右される。寒い時期は一日中憂鬱だ。逆に暖かい時期は一日の半分以上は気持ちも晴れている。

昨日はビールをジョッキ2杯、家に帰って缶ビール500mlを1本に缶チューハイを1缶飲んで気持ち良く寝た。今日も生ビールを飲むぞ。ビールさえ飲めればとりあえず幸せだ。なんだか最近、タイに行きたくなってきた。っていうか仕事しないで旅でもしてたい。タイの屋台で美味しいパッタイやカットフルールでも食いたい。タイの ビーチリゾートでも行ってまったりしたい。

人生とはなんと不完全なんだろう・・

今死んだとしたら

あー、仕事したくないな~。仕事行くくらいなら死んだほうがマシだなあと思う。

仮に今死んだとするとどうなるかを考えてみる。

ネットで調べたら今現在の世界の人口推計値は 73億9727万人 インドの人口は約13億2600万人 中国の人口は約13億7300万人 日本の人口は約1億2600万人

インドと中国の人口だけで約27億人もいてこれは世界の人口の約1/3である。死んで人生をやり直すとして中国人かインド人になる確率が日本人の約21倍くらい高い計算になる。

インドにも中国にも住みたくないなあと思いさらに希望が無くなってくる。インド人や中国人になるなら今の駄目な自分のまま一生を終えた方がまだ快適な気もしてくるから不思議だ。

さらにバングラデシュの人口は約1億5000万人、パキスタンの人口は約1億8000万人と日本よりもずっと多い。バングラデシュにもパキスタンにも住みたくないしなあ。イスラムの戒律でがんじがらめの毎日も地獄だし。アフリカ諸国に住みたいとも思わないし。まあ、この自分で諦めよう。

以上。

親友との再会

GWで地元に帰省した唯一無二の大親友と再会し、カフェで3時間半くらい徹底的に話し込んだ。私は話下手なのでほとんど相手の話をひたすら聞いているだけだ。しかし、この親友は非常に頭が良いので話を聞いていて全く退屈しない。面白いので話に引きずり込まれてしまう。頭の悪い私はとにかくひたすら傍で勉強させてもらっている感じでなんだか申し訳ない気すらしてくる。良い友は持つべきだなあと再確認した。世の中にはいろんな人がいるけど友達になるならできるだけ自分よりもレベルが高い人と仲良くなった方がいい。人間的なレベルの高い人と付き合っていれば自然と感化され自分のレベルも少しずつ上がっていく。レベルの低い人と付き合えば付き合うほど自分も低レベルな世界に引きずり込まれていく。そういう意味で誰と付き合うかは慎重に見極めて自分の時間を大切にした方が良い。

親友には本当に毎回感謝している。

ひびきわたる喘ぎ声

上の階の住人はいったい何をやっているんだか、とにかくガタガタ、ゴタゴタ、ドッカーンと音をたてるためウルサイ。1人で室内大運動会でもやっているんだろうか?世の中には音に鈍感な人がいて自分がたてている物音が他人にどのような影響を与えているか想像できないようである。

上の階の住人の物音があまりにもウルサイ時は私も負けじと「パソコンのエロ動画の喘ぎ声」のボリュームをあげて嫌がらせをするのだが、興奮するのか余計に物音がうるさくなっていつも私が敗北することになる。

大学生の頃に住んでいたぼろアパートの住人の中にとんでもない物音をたてる奴がいた。深夜になると頻繁にアパート中に「喘ぎ声」がひびきわたるのである。1人用のアパートなのに同棲しているようで夜になるとその二人が始めてしまうのである。壁が薄くて物音が全て筒抜けになるようなアパートだったから秘め事をしていてもすぐにバレる。やはり、そういうことがしたければホテルにでも行ってほしいと思った。

上の階の住人はいつ出て行ってくれるんだろう?もう数年もこうしたウルサイ音を聞かされ続けている私はいい加減迷惑だ。嫌がらせにポストにゲイのセックスDVDでも投函してやろうかな。