人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

マニラに行ってきた part1

4月26日から28日まで2泊3日でフィリピンのマニラとアンヘレスに行ってきた。

普段は中部国際空港から行くのだが今回は趣向を変えて関西国際空港からセブパシフィック航空という格安航空会社を利用したのだった。

関西国際空港は過去に数回利用しているが今回久しぶりに利用してみてあまりの利便性に驚いた。

まるで大きなショッピングセンターの中に空港があるような感じでレストランからネットカフェ、マッサージ店から本屋まで本当に至れり尽くせりである。

日本の国際空港の中では設備の面でダントツに優れているのではないかと思う。

セブパシフィック航空も過去に数回利用しているがやはり座席は狭かった。4時間程度のフライトなのでなんとかなるがそれ以上となると負担は大きいと思う。

実際のところ4時間のフライトでもかなり窮屈で疲れるという印象である。行きも帰りもほぼ満席であった。

マニラの1泊目はグランプリクスというエルミタ地区にある中級ホテルに宿泊した。初めての宿泊だが普通に問題なく過ごすことができた。

フロントの女性の愛想も良く、ロケーションも便利なためオススメできるホテルだと思う。

ただし、マニラのホテルのコストパフォーマンスはどこも非常に悪い印象は否めない。

物価の割に宿泊費が非常に高く、設備も非常に脆弱でがっかりするホテルばかりである。

マニラで快適なホテルライフを期待するならそれなりのお金を払わなければならない。

自分みたいな格安旅行者にはあまり向かない街である。 続く