人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

昨夜はお好み焼きパーティー

昨夜は、職場の仲良し5人でお好み焼き屋の「道頓堀」と言うお店で食事会を開いた。

宴会コースというのを頼んでいたのだがとんでもない分量で前半はアップアップだった。

次から次へとお好み焼きやお肉や焼きそばをやきまくり、それを取り分けて食いまくり忙しくてなかなか話している時間がないほどだったけど、途中から少しゆとりができて職場の人間関係などの愚痴を皆で語り合った。

1人1800円ちょいの宴会コースなのにとんでもない量がでてきたのは本当に驚いた。「道頓堀」はチェーン店だがとても良心的なお店だと感心したのだった。

腹がパンパンになるほど食べてもうこれ以上は無理って感じになったからしばらくはお好み焼きはご遠慮させていただこうと思っている。

途中で参加者の女性から何を勘違いしたのか私が今月誕生日だからケーキを買ってきたとか言って、サプライズでケーキが登場。

私の誕生日は4月だというのになぜ11月と勘違いしてしまったのだろう。でも、祝ってくれるのは嬉しかったから美味しくケーキをいただいた。

こうやって、職場に気の合う仲間が4~5人いて時々食事会や飲み会をやって愚痴を発散するのは精神衛生上とても良いと感じている。

そこだけは今の職場に感謝している。

しかし、今の職場を辞めたい気持ちに変わりは無い。と言うか前の職場を転職して今の職場に来たことにとてもとても後悔している。

気が合う仲間が4~5人できたのは良かったと思う。彼らを裏切る気持ちは全然ない。心から出会えてよかったと思っている。

でも・・・・・もし、2年半前に戻って選択をやり直せるなら、私は絶対に前の職場を辞めない。

転職して今の職場では働かない。毎日、毎日後悔の連続である。気が狂うほどに後悔している。

なんて、自分は馬鹿だったのだ、浅はかだったのだ、アホだったのだ、愚かだったのだ・・・・辞めなきゃよかった、前の職場にしがみつくべきだった、過去に戻れるなら転職前の自分をぶん殴ってでもとどまっただろう。

それくらい、前の職場はパーフェクトだった。

なんで、辞めてしまったのだろう????????????

こう何度つぶやいたことだろうか?

何も問題がなかった。問題が無さ過ぎてつまらなくなってしまい、刺激を求めてしまった。その結果が今のザマである。

やらずに後悔するならやって後悔しよう・・そう思って前の職場を辞めて海外に飛び出し、7カ国(アメリカ、メキシコ、タイ、マレーシア、フィリピン、インドネシアスリランカ)を旅して帰国した。ここまでは最高に楽しかった。

しかし、人生はそんなに甘くなかった。本当に「やって後悔する」ことになってしまったのだった。

人間は皆、それぞれ何かしらのことを後悔して、自分を責めて生きていると思う。

あの時、こうしなければ・・逆にあの時こうしとけば・・とか振り返れば色々と出てくることだろう。

私にとって人生最大の後悔は前の職場を辞めて今の職場に転職したことである。

それまでの人生の選択にははっきり言って何も後悔がないのだ。

こういう恨みつらみみたいなことばかり考えていると本当に、心の底から人間が腐ってくる感じがする。

そして、それが現実でもある。後悔することとは腐ることなのかもしれない。

では、諦めて前を向いていけばいいではないか??とも言えるがそんなに簡単に割り切って前を向くことはできない。

諦めがつかないのだ。それまではほぼうまくいっていたのに、軽はずみな心で選択を誤ってしまった自分が悔しくて悔しくてたまらないのだ。

自分には実力がないからこそ、ちまちましたものにしがみつかなければいけなかったのである。

小さなものをしっかり守らなければいけなかったのである。本当に実力があれば人生を再度切り開いていけるだろう。

でも・・半分くらい打開するのが難しい局面に入ってしまっている。

この局面を打開するには強い心が必要だ。「絶対にいつかやってやる」・・そう思っている。

実力も能力も才能も何も無いけど、このまま終わりたくない。

とりあえず、気の合う仲間、大事な仲間、好きな人たちを大切に仕事をしていこうとは思っている。

俺は君達を裏切るつもりはないぜーーー。君達は好きだよ~。でも俺は絶対に辞めるからね。悪く思わないでくれよ。職場が嫌いなだけなんだから~。