人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

死にたくなるのは当たり前

人生が苦しくて死にたくなるのは当たり前のことだと思っている。

そもそも私が私に産まれてきたことが苦しみである。

なんでこんな面倒な存在に生まれてしまったのだろう?

自分がこの世で一番苦しんでいるんじゃないか?と思ってしまう。

しかし、よく考えると自分は自分のことしかわからないから比較のしようがない。

他人は他人の苦しみを生きている。

自分も苦しいが他人も他人の仕方で苦しんでいるようだ。

今までの人生で何度も死にたいと思いながらも死なずにここまできた。

結局、死ぬのはあまりにも怖すぎるし苦しいし、痛そうだ。

そこまでして死にたくもない。

かと言って生きているのもたまらない地獄だ。

現状維持をするしかないから生きているというだけだ。

眠るように安楽に死ねたらどれだけ素晴らしいだろう。

でもそれならそもそも生まれてこないのが一番楽だ。

生まれてこない状態だと楽かどうかもよくわからない。

比較のしようがないからだ。

だとするなら生まれてきて良かったのか?

自分もやりたくないけど他人もやりたくない。

かと言って生まれてこない状態を想像することもできない。

とりあえず他に方法がないから生きているだけだ。

このまましばらく我慢していくか。