人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

明日から東京へ

既にワクワクがとまらない。

いよいよ東京に遊びに行ける。

東京に行って何をしているってたいしたことは特に何もしていないかもしれないけどとにかくゆったりとしながら周囲の人間観察をして色んなことをとりとめもなく考えている。

東京は物を考えるにはこれ以上ないほど絶好の場所である。

東京に行くと自然と色々なことが次々と浮かんできてああでもないこうでもないと考えて楽しんでしまう。

自分の職場での行動だったり人間関係だったり、テレビや新聞で得た情報だったり、近くの友達や知人とのやりとりだったりを思い出して仔細に点検し分析している。

この分析作業がとても楽しい。

私にとって旅とはそうした作業の繰り返しなのだと思う。

自分を振り返ってブラッシュアップする期間。

自分の好きな落語やジャズを聴いて素直に楽しんだり感動したり飲み屋に行って飲んで酔っ払っていい気持ちになって日頃の面倒なことを忘れたりするリフレッシュ期間である。

海外旅行の場合はさらに刺激があって面白い。

自分の拙い英語力を駆使して現地の人とコミュニケーションをとったり、海で泳いだり カフェで寛いだり、観光名所を見て感動したり、バックパッカーの欧米人達を観察したり凄く楽しい。

まだまだ行きたい国はたくさんあるので徐々に実現していくつもりでいる。

人間にとって自分の経験をもとに頭を使って色々なことを考えるという作業はとても大切だと思う。

特に仕事での自分を振り返って点検して改善すべきことを洗い出していく作業などは家と職場の往復をしているだけだとなかなかやりたくないことだし、面倒臭くてできにくいことである。

やはり、いつもとは違う場所に行って一定の刺激を受けながらストレスがない程度に振り返りをしていくのが一番良い気がする。

また、明日から新しい気持ちで東京を旅して何か普段では得られないようなものを得てきたい 思う。

せっかく生きているんだから楽しまないと損だね。