人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

ついついイライラしてしまう同僚

職場の同僚でついついイライラしてしまう同僚はいないだろうか?

私の職場にはそれほどむかつく上司や同僚はいないので恵まれている方だとは思うが、折りあるごとに「いらっ」ときてしまう同僚がいる。

その同僚は一言で言うと仕事ができない。

大変に傲慢で上から目線な言い方をするとトロクてノロマである。

仕事がトロクてノロマだから仕方なく手伝わなければいけないことも多いのだが、作業導線があまりに悪く、不明確なため手伝おうとしてもどこから手をつけて良いのかわかりづらい。

常日頃からキチンとした仕事をしていないことが明確にわかってしまう。

なんでこんなやり方をしているんだろう?と感じてしまう。

その割りに、他人の仕事に手を出そうとしてくるときがある。

自分の仕事が全然甘くておろそかになっている癖に他人の仕事に下手に手出しをしてくるときがあるからイライラしてしまうのだ。

恐らく、その人なりのプライドみたいなものがあったりしていつも手伝ってもらうのが許せない部分があったり、その人なりに悪いと思っているからこそ、私の仕事を手伝ったり、手出しをしたりしてくるのだろうが、それがまためちゃくちゃトンチンカンで的外れで役に立たなくて腹が立つのである。

自分は自分なりに考えて仕事をしている。

だから下手に手を出されて自分のアイディアが潰されるのが嫌なのだ。

仕事ができる人ほど、そうした他人の細かな仕事の仕方であったり、こだわりだったりを尊重してくれるから下手に手出しをしてこない。

逆に仕事ができない人ほど、いつもいつもいい加減な仕事ばかりしていてルーズで大雑把で何も考えていないからその感覚で他人の仕事に手出しをしてきてめちゃくちゃにしていくのである。

しかも本人には何も自覚がないからこそ質が悪い。

本人は良いことをしてやった位に思っているのである。

しかし、よく考えてみると私も仕事のできない同僚の仕事を手伝うことで相手が本当は嫌がっているかもしれない。

ここら辺は慎重に考えていく必要がある。

私はその同僚の仕事を明らかにできないものとみなしている。

実際に誰がどう見てもできていないのだから客観的に見ればそれは間違いないだろう。

ただ、その人なりに色々考えてやっているのかもしれないし、自分が手伝うことによりその人のプライドが傷ついているのなら考えなければいけない。

それに同僚にイライラすることで自分の器の大きさがわかってしまう。

自分は本当に器の小さな人間だといつも思う。

ささいなことにイライラしてしまう。

ささいなことでかっかしてしまい、他人をむかついてしまう。

もっとおおらかに構えて物事を気にしないようにしていくことも必要だ。

とは思いつつ、結局は許せなくてイライラしてしまう。

どうしても相性が合わない同僚というのはいるものだ。

他人を理解し、許していくことは本当に難しいことだと感じている。

やはり、仕事にあまり真剣になりすぎないことが大事だ。

基本的に仕事などどうでもいいと思っていればそれほど同僚にイラつくこともなくなるはずだ。

仕事をしっかりしなければいけないと思えば思うほど完璧を追求してイラついてくるのだ。

かと言って、許せないものは許せないという気持ちもあるし、難しい。

自分が正しいと思わずにとりあえず他人のやり方を受け入れるという余裕が必要だと思う。