人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

少しだけイライラさせられた件

昨夜のカプセルホテルでのこと。

23時頃、洗濯をするためにホテル内のコインランドリーへ行き200円を入れて洗濯を開始する。

表示時間では30数分程度だったので40分くらいして再度洗濯機を見に行くがなぜかまだ洗濯が行われている。

しかもすすぎのところをやっている。

なんか変だなと思いながら一旦退却し、さらに20分後くらいに洗濯機を見に来ると止まっているがすすぎのところでエラーになったみたいで洗濯物がびしょびしょの状態である。

さて、困った。

とりあえず、最初からやり直すしかないと思い、新たに200円のコインを投入しリセットを試みるが機械の中にお金が吸い込まれただけで洗濯機はピクリとも動かない。

仕方ないのでびしょびしょの洗濯物を抱えてフロントに文句を言いにいく。

隣の洗濯機は大丈夫なのでもう一度やり直してくださいと。

既に400円も投入したことを繰り返すが返金はできないとのことで仕方なく再度200円を投入して違う洗濯機で洗濯をし直す。

今回は無事に洗濯、脱水まで終了してあとは乾燥するだけだ。

ここで、さらに200円を投入する。

しかし、乾燥機能が弱い乾燥機のためか終わってみたら半乾きである。

仕方なく隣の乾燥機に再度200円投入し乾燥させる。

今度は乾燥は完璧だが、乾燥させすぎたのか衣類が縮んでしまった。

でも、もう後の祭りである。

結局のところ洗濯と乾燥に本来なら400円で済むはずのところを1000円も投入し3時間以上かけた結果、縮んだ衣類を手にしただけであった。

こんなことになるなら洗濯も乾燥もしないで家に持ち帰るまで我慢すれば良かったのだ。

しかし、いい教訓になったのも事実である。

下手に欲をだして慣れない洗濯機や乾燥機を使わないことだ。

やらねければ時間も金も使わなくて済んだのだから。

なんでも試せばいいってもんじゃないということを感じたちょっとイライラした事件でした。