人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

お局との距離の取り方

職場のお局といかに関わるか?いかに距離をとりながら仕事をしていくか?について悩んでいる人は世の中に多いと思う。

職場にお局がいると色々な意味で面倒が多い。

いなければ何事も平和で無事に過ぎていくところがこじれてややこしくなり、面倒くさくなり、どうしようもなくなり、嫌悪感にさいなまれていく。

お局とは大変に厄介な動物である。

お局は一言で言うと「傲慢」である。

多種多様な特徴や性格を持った異なる「人間」のタイプを認めず、自分から他人に合わせていく努力をしない。

周りの人間は「自分」に合わせるのが当然と言う極端で過激な考え方を持っている。

自分が周りに合わせようとしないで他人が自分に合わせてほしいならお金を払ってプライベートでやるべきなのに、なぜか職場でお金をもらって平然とやるから性質が悪いのだ。

こうした自己中心的で傲慢な考え方が通用して当たり前という「常識」の中でぬくぬくとしたたかにずる賢く職場で立ち回っているお局といかに関っていくかは職業人として大問題である。

お局を敵に回すと非常に厄介なことになるし、ろくなことはないのが事実だ。

かと言って、味方になり、仲間や取り巻きや腰巾着になってしまうのは自分のプライドが破壊されるし、他人の尊厳を破壊する可能性もあるし、生き残るためにお局を利用する感じになるので卑怯で最悪な行為だと思っている。

やはり、適度な距離を取りながら関わりを持つのが社会人としてのマナーだと思う。

私の場合は、最初は敵対していたが徐々に私の側がその状態に疲れてきたというのもあり、途中から「相互不可侵条約」と呼ぶべきようなものを締結して互いに互いの領土領空内には立ち入らないという暗黙の了解みたいなものを形成した。

これにより、治安状況は改善し、一応の平和が保たれるようになった。

こちらから積極的に話しかけたり、関わろうとしたりすることもないし、相手からもそれがない。

しかし、仕事で必要な場面においては必要最低限の話をして無難にやり取りするという関係である。

私のようなプライドが高い割に繊細な人間はこの方法がベストだと思ったし、この方法しか生き残る方法がないと感じたのである。

周囲を見渡してみても色々な方法でお局と距離をとっている職業人がいたが、私のような相互不可侵条約を締結しているやり方をしている人も多かった。

すり寄ってお局に可愛がってもらって守ってもらうという戦法をとるものももちろんいたが、私はこうしたやり方だけは好きになれなかった。

ただ、残念ながらお局みたいな自己中心主義で傲慢な人間との人間関係というものは必ず平等ということにはならないのも現実である。

お局というのはいわゆる「相手を思いやることができる普通の人間」ではないからである。

こちらがお局を多く思いやり、労り、気遣いすることでかろうじて「相互不可侵条約」は保たれるのである。

従ってこの関係は常に平等ではなくお局が上で自分が下の隷属関係に近いのも事実だ。

これを対等で平等な関係に持っていこうとすると必ず関係はぎくしゃくすることになる。

お局の中で不公平感が高まり必ず何かしらの攻撃を仕掛けてくるようになり、相互不可侵条約は破棄されることになるのである。

自国の領土を守ることは非常に気苦労が多いものだ。

私が築いたお局との平和条約の中で安定期を迎えたころ、それでも馬鹿らしくなって職場も大嫌いだったから退社という形で一方的に縁を切らせてもらったが本当にこれで良かったと思っている。

やはり、変な奴とは関わらないのが一番良いのだ。

関わりを持たなければ憎しみも生まれないし、お互いの領土を侵犯することもないし、利害関係が対立することもない。

お局との距離の取り方としてはその範囲の外に出てしまうのが唯一で絶対の解決方法なのである。

取りあえず、しばらくは職場をやめられない状況にあるのならとりあえず、できるだけ関わりを持たないようにして、相互不可侵条約を締結するのも良い方法だと思う。

これだけで職場のストレスはぐっと減るからだ。

職場のストレスの大部分は人間関係に起因している。

しかも、特定の人間との人間関係やしがらみなどから多くのストレスを受ける場合がほとんどである。

その中で自分のプライドを持って自分らしい仕事をしたいという思いを持つのならば、敵を作らない努力は必要だと思う。

仕事をしないのが本当は一番良いのだが。