読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

しくじり先生 俺みたいになるな!!を観て感動

今日19:00からの「しくじり先生 俺みたいになるな!!」を見て感動した。

一人目の野島宏伸さんの回も大変素晴らしかったが・・

http://anoima.info/wp-content/uploads/2014/12/nomura-hironobu6.jpg

何と言っても二人目に登場したかつみ・さゆりの話に心の底から感動させてもらった。

http://www.k-marumie.com/katsusayu/profile/img/katsusayu01.jpg

かつみ・さゆりの現在の借金額は1億7000万円。

今までに借金の利息だけで2億円も返済してきたそうである。

睡眠時間1~2時間程度で働きに働いてさゆりさんは子宮の病気で倒れて救急搬送されたこともあるとのこと。

私が最も感動したのはかつみ・さゆりのエンディングの語りの部分。

これは実に素晴らしかったからyou tubeなどでまた見たいと思っている。

今までテレビを見ていて感動して涙を流した記憶はほとんどないが、今回はほんのりと涙が流れてしまった。

そして、かつみ・さゆりのファンになってしまった。

私が最も偉大だと思ったのはさゆりの(かつみへの)無償にも近い「愛」と持ち前の「明るさ」である。

さゆりの明るさって天然なんだけど、思いやりや愛のある明るさなんだよね。

そこが何より素晴らしい。

テレビを通して二人の魅力がひしひしと伝わってきた。

かつみの過去も壮絶だ。

大富豪の愛人の3番目の子供として産まれてきたが、父親にあたる人物からは子供として認知してもらえず「お前は俺の子供じゃない」と散々に罵倒されたのだとか。

極貧な子供時代を過ごし、父親に裏切られた悔しさや辛さを乗り越えるために「絶対に金持ちになるんだ」と言う強い気持ちで投資した結果失敗し1億7000万円の借金ができてしまったそうだ。

かつみが借金でどん底状態だと知っていながら「この人の為に一緒に頑張って借金を返していこう」と決意し、結婚の決断をしたさゆりは凄い。

借金の督促に追われ、電気、ガス、水道などが止められ普通なら離婚して逃げだすと思うような地獄の状態なのに、さゆりは決してかつみを見捨てずに運命を共にする覚悟があるという。

「家族は困った時こそ手を差し伸べるもの」という信念があるからだそうだ。

なんだか、自分には絶対できないことをしているなあと実感。

私は家族が借金で首が回らなくなっていたら潔く見捨てて縁を切るタイプの冷酷な人間だから、さゆりのタフさには驚愕だ。

世の中色々な人がいて色々な苦労をしているものだ。

そして、苦労をしているのにそれを笑い飛ばす明るさや思いやりがある人は尊敬する。

かつみ・さゆりは偉大だ。