人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

バンコクより

ただ今、バンコクのカオサンロードのカフェにてコーヒーブレイク中。

昨夜は最高のタイマッサージを堪能した。

1回目は1時間250バーツ(約800円)でタイ古式マッサージそして2回目は別の店でオイルマッサージを1時間300バーツ(約950円)。

両方とも非常に上手くて感動したが特に2回目のオイルマッサージは力加減も完璧で最高だった。

日本でのタイマッサージ(古式)の相場は1時間5000~6000円とかなり高い。

しかし、ここタイでは1時間700円~900円程度と格安。

日本だとどうしてもためらいがちになるがタイに来るとついつい何回もやりたくなる。

私はタイ各地でタイマッサージを受けてきたが、レベル的には地域差がかなりあると思われる。

基本的にバンコクが一番レベルが高く、しかも外国人バックパッカーが集中するカオサンロード付近のマッサージはどこに行っても外れがほとんどなく、非常に上手くて気持ちよい。

これは、おそらくタイの中でも最も外国人が集まっている地域において互いに切磋琢磨することでマッサージ師の腕が鍛えられているからだろう。

価格的にもカオサンロード近辺が最も安い部類に入る。

カオサン付近を歩くとそこら中にマッサージ屋が乱立していてよりどりみどりだ。

日本でも最近やたらとマッサージ店が増えてきて安さを競うようになっているが、基本的にコストパフォーマンスが非常に悪い。

マッサージのレベルも非常に低い。

日本で1時間3000円のマッサージを受けるくらいならそのお金を貯金してタイに来てマッサージを受けるほうがはるかによい。

日本のマッサージはとにかくひどい。

レベルが低すぎる。

タイで良質なマッサージを受けてくると日本の格安マッサージ店などとても2度と行けなくなるほどだ。

タイの周辺国においてもタイマッサージとうたって現地人がやっているマッサージ店がたくさんあるけどどれもレベルが低い。

カンボジアラオスベトナムインドネシア、フィリピンなど色々と行ってみたがタイ人が行うものとはかけ離れた内容だ。

タイ人のマッサージは力の入れ方が違うのだ。

とても強く押してくれて気持ちよいのだ。

日本もそうだが周辺国の人々のマッサージは基本的に力がないし、腑抜けしている。

タイ人の上手いマッサージ師がやるとツボを鋭く強めに押してくれて最高に気持ちよいのだ。

特にタイ古式をやると身体全体を徹底的にほぐしてくれるからいい。

かつては、あまりに気持ちよすぎて涎をたらして寝てしまうこともよくあった。

ただ、とても残念なのは部屋のエアコンが効きすぎている場合が多いことだ。

ここら辺はタイ人はとても鈍感である。

日本人がやっているマッサージ店などに行った場合、まず接客は完璧だし空調もちょうど良く、リラックスできる雰囲気が整っている。

しかし、マッサージの腕は3流だ。

タイの場合、接客はあまりぱっとせず空調がガンガン効いていて寒いのだが肝心のマッサージの腕が一流なのだ。

どっちがいいんだろう?

はっきり言ってしまうと日本人はマッサージには向いていない。

日本人はマッサージが下手なのだ。

これはもう諦めて受け入れてしまったほうが良さそうだ。

日本人は相手がどう感じるかを過剰に気にしすぎるから逆にマッサージには向かないのだ。

タイ人の場合、そんなに神経質な感じはなく豪快で大胆に攻めることができるからマッサージに向いているのだ。

という事で、マッサージ論をつらつらと書いていたらやたらと長くなってしまった。

今日は午後からシンガポールに移動。

タイの玄関口スワンナプーム空港からではなく、格安航空会社(エアアジア)を使ってドンムアン空港からのフライトである。

このドンムアン空港だが、実は2004年にまだスワンナプーム空港ができる前に一度使ったきりでずっと縁がなかった。

最近は格安航空会社が多数乗り入れし、そのほとんどがドンムアン空港の発着になっているからこうして使う機会が出てきたわけだ。

それにしても、私の身体の老化が半端じゃなくひどい。

20代の頃とはあまりにも違う。

もはや死ぬレベルといっていいほど老化がひどい。

いつも身体がだるく、疲れが残っていて、どこかしら筋肉痛で、気力が低くて腰が重い。

以前は安くてキツイ移動に醍醐味を感じていたが今や金がかかってもいいからできるだけ楽に早くが信条みたいになってきた。

なんて情けないことだろう。

もともと疲れやすい体質だったがここ最近特にひどい。

海外に出てもチャレンジ精神が全然沸いてこない。

私は旅を楽しめているだろうか?

いつもいつも死ぬことばかり考えてはいるが本当に私は30代であっさりとあの世に逝く身体かもしれない。

なんてことを考えている。

以前は、移動というものに魅力を感じていたのに今はワクワク感がない。

確かにあまりに旅をやり過ぎて飽きてしまったというのもあるのだがそれ以上に身体自体の老化だと思う。

さて、ではもう少しここでマッタリしよう。