読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

難しい

ため息がでるほど職場の女上司がウザイ。

この人、今は自分の好きにやれて気持ち良いかもしれないけど、いずれ正負の法則で転落することだろう。

とにかくいつもこの人の頭の中には「私」しかいないのだ。

心の底からこういう人は上司をおりてヒラになるべきだと思う。

上司とは「私」だけ良ければいいはずがないではないか。

上司を降りれないのであれば、少なくとも職場では少しでいいから同僚や部下の意見や思いに耳を貸す振りだけでもすべき。

誰だって生きている以上、色々なことを考えて行動しているし、様々な事情を抱えているものだ。

仕事に対しての思いだってあるし、それを押し殺して働いている。

人間は皆違うし、意見が違うのは当然なのだから上司たる人間はそれをある程度とりまとめていく努力をすべきである。

「私」の思いだけで強引に物事を進めていくのは結構だが、それは仕事を離れて行っていただきたい。

残念ながらこの女上司、皆から良く思われてないんだよね。

当然でしょ、自業自得。

それなのに、「私」を見て!!っていう心の叫び声が聞こえてきてウザくてたまらない。

今までの職場の上司が人間的によくできていたせいもあるし、周りの他の上司がよくできているせいもあるが、非常に駄目に見えてしまう。

こういう痛い人を見ると心の底から「もし、あなたとそっくりの人があなたの上司だったらどう思いますか?」と尋ねてやりたくなる。

職場の同僚や部下を自分がのし上がる手段として利用するな。

自分を満たすという目的のための道具や手段として他人を利用とするな。

他人という存在には魂が宿っている。

他人という存在が究極の目的となるように大切にする努力は大事だ。

これは、自分自身に対しても同様に言い聞かせないといけない。

転落するのは簡単だ。