人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

林家たい平

24時間テレビでの林家たい平100.5キロマラソンのドキュメント番組面白かったな。

最も素晴らしいと思ったのは彼がいつも笑顔を絶やさず、サービス精神が旺盛なところだ。

これだけは私には絶対真似できないところで尊敬できる。

マラソンの最中に身体中が痛くてたまらず泣き出したいほどのつらい状態で走りながら、沿道の人や応援してくれるファンに笑顔で手を振っていた様子は素直に凄いと思った。

彼が落語家になろうと思ったきっかけは落語界で初代人間国宝となった柳家小さんの落語をラジオで聞いて感銘を受けて以来だとのことである。

私も柳家小さんの愛嬌のある落語が大好きだ。

名人芸とはこのこと。


落語 「長者番付」 柳家小さん

落語の世界は上下関係が厳しいし、色々と大変そうだ。

そんな中でも笑顔を絶やさないその姿勢、おおいに見習わなきゃ。