人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

苦しかりけり

ついにスタバに行ってザッハトルテを食す。税抜き450円って超高い。高い割にあまり美味しく感じない。あっさりとし過ぎている。これならニューヨークチーズケーキ(税抜き400円)の方がはるかに高級感がある。スタバのニューヨークチーズケーキはちょっとくどい。でもあのくどさが病みつきになるのだ。
ということで・・「おかあさ~ん」と泣きじゃくり手足をじたばた動かしながらお店を出た。

テレビでは箱根駅伝をやっている。毎年思うのだけれど箱根駅伝の選手達ってなんて苦しそうなんだろうと思う。母校のタスキを渡すときにみんな(ほとんど)倒れこんで苦しそうにしている。まさに「欲しがりません、勝つまでは・・」状態で死ぬ気で走っていたんだなと感じさせてくれるフィニッシュである。あんなブラックな仕事もない。自分は箱根駅伝を走りたくない。そこまで苦しい思いをして走っていったい何が楽しいんだろう??

スタバでドリップコーヒーでも飲んでザッハトルテやニューヨークチーズケーキを食べて余裕ぶっこきながらyou tubeを見ている今の人生の方がマシである。趣味で走るのは楽しくてもプレッシャーのかかる状態で走らされるのはたまらなく嫌だ。それこそ「おかあさーーん、助けて~」と手足をじたばたさせながら泣きじゃくりそうになる。そんな弱みを見せまくりの選手がいたら逆に面白いなあと思っているのだけれどみんな誠実に一生懸命妥協しないで頑張って走っている。それにしても青学は強い。今年も優勝しそうな勢いだな。

新年を迎えて特にワクワクすることもない。ただ漠然とした不安を感じながら虚しく生きているだけである。