読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

自分の苦しさは他人にはわからない

年末年始で訪問者数が落ちていたけど昨日くらいからまた復調してきた。仕事が始まる人が増えて憂鬱な気持ちになり、私のマイナス思考なブログを読んで気持ちを少し落ち着けようという人が増えたためなのか?

自分の苦しさは他人にはわからないということこそ人生がつらくて孤独であることの最も大きな要素なんだと思う。他人の人生の苦しさや重さって全然わからないものなんだよね。同様に自分の人生のつらさや重さや苦しさも他人には全然よくわからないし、よく見えないものであります。だからこそ結局自分の重荷は自分で背負って生きるしかないということ。
本当に人が生きるのって大変なことだと思う。しかし、その大変さが人によって違うし、他人の大変さがわからず自分の大変さしかリアルに感じられないので人は勘違いしてしまう。

これは個体がみな違う以上人間が地上に存在している限り永遠に解決できない問題である。だからもう「この自分という存在を諦めるしかない」ということなのかな。これって残酷だけど救いでもある。楽観的な思考ができる人とできない人がいるしね。まあ、恐らく自分と違った意味で他人も苦しいということは真実なんだろうと思う。結局人生は甘くないということだ。人生とは死ぬまでの忍耐みたいなものなのだ。たまに楽しいことはあるけれどね。