読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

激辛タイ料理

昨夜は激辛タイ料理を食べて火を吐きそうになる。タイ料理は基本的に好きだがタイ料理の中でも辛い料理に関してはちょっと無理である。あまりにも辛すぎるし、日本人の口には合わない気がする。

スマップが解散してファンの中には惜しむ声があがっているようだが、もう自由にさせてあげてほしい。だって結成して20年以上も同じメンバーで毎日のように昼夜を共にして人間関係に疲れ切っているのだから互いに顔も合わせたくないのは当然のことである。人間関係には距離が必要なのだ。どんな人間でも時々会うから良好な関係を保てるのであって毎日顔を合わせて一緒に仕事なんかしていたら誰だって嫌いになるのだ。職場の人間関係が悪いのは単純に距離が近いからというだけの理由である。職場の人達と数ヵ月に一回しか顔を合わせない関係なら人間関係の問題など発生しないのである。

昨夜は気持ちよく眠れた。途中で目が覚めてトイレに起きて二度寝したが「もうこのまま目覚めなければ最高だなあ」と心の底から思った。しかし、いつも通り目が覚めて仕事に行かねばならない。同じようなことを繰り返す日々である。しかも外はやたらに寒いと来ている。寒い冬はタイのサムイ島に限るのだ。常夏のサムイ島は全然寒くないのだから。

テレビを見ながらネットをするのがあまり得意ではない。なんか気が散ってしまって落ち着かないからだ。いつも起きてすぐにテレビをつけるが途中ですぐに切ってしまう。テレビを消した後の静寂がたまらなくいい。だったら最初からつけなければ良い気がするが、静寂とは喧騒の対価として得られるものである。仕事が終わった後の解放感は一日の労働に耐えた者が獲得できる小さな喜びである。

ということでだるい。