人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

チーズケーキ食べよう

只今、とあるカフェにてカフェオレを飲みながらチーズケーキを食べている。このカフェのチーズケーキはめちゃくちゃ美味いのだ。だからこそ内緒にしておきたい。私はチーズケーキが大好きでどこのカフェに行っても基本的にチーズケーキを真っ先に食べるようにしている。チーズケーキはくどければくどいほど良い。スタバのニューヨークチーズケーキも美味しいが他にも美味しいお店はたくさんある。私にとって美味しいチーズケーキとコーヒーの組み合わせカフェスィーツの定番だ。

昨夜も「このまま目が覚めませんように・・」と神様にお願いしをして寝たがいつも通り何事もなかったかのように目が覚めた。眠るように死ねるってなんて素晴らしいことだろう。どんな人もみんな死ぬときはできるだけ痛み苦しまずに楽に死にたいと思っている。しかし、実際には眠るように楽に死ねる人は少ない。老衰で死ぬのは楽だから寿命まで頑張って生きた方が良いと言われていて確かに下手な死に方をするより老衰は楽だと思うがそこに行くまでが長いし、老衰だって結構苦しいものだ。結局最後は何も飲まず食わずになるわけだから餓死するのと一緒である。これが結構きついことなのだ。一番楽な死に方は眠ったら死んでいたという状態。それができないからみんな悩んでいるんだよね。

昨日は林修先生の「今やる人になる40の習慣」と「いつやるか?今でしょ!」を買って一気に読む。

あまり自己啓発系の本は読まないけれど林先生の本はついつい面白くて説得力があり読んでしまう。私は現生に絶望しかかっているけど自分の心の奥に潜んでいるかすかな人生への期待ややる気を呼び覚ますためにも時々こうした本も読んでいるのだ。昨日書店をうろついていたら「孤独は脳に悪い」というタイトルの本をみつけた。

うーーん、確かに孤独は脳に悪いかもしれない。脳に悪いって言うよりも心(精神)に悪い。まあ一般論としてそれはそうなのかもしれないと思う。しかし、ウザイ人と過ごす時間の方がもっとずっと脳や精神に悪い。これは間違いない。例えば職場なんかで気の合う人同士が一緒に働くと過ごすリラックスしていい仕事ができ、ストレスもない。逆に気の合わない人、苦手な人、嫌いな人と一緒に働くのはどう考えても精神や脳にとってマイナスな作用を及ぼす。私にとって孤独とは自由とほぼ同義である。孤独を追求することは自由への道である。

さあ、孤独になろう。