人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

寒い冬の朝

サラリーマンの仕事は出社することでほぼ8割終わったようなものだ。特に寒い冬の朝に早起きして暖かい布団を抜け出して部屋から出て職場に着くことができたのならその人の一日はもう終わったようなものだ。職場に着けば何とかなる人が多いだろう。

仕事とは仕事そのものをこなすよりも職場に行く方がはるかに気が重たかったりする。旅行に行くときのワクワク感とは真逆のものである。しかし、あの苦しみに耐えるからこそ旅という非日常が輝きを放つ。そういう意味で仕事や職場という日常と旅における非日常とは一体化しているのだ。

やはり、仕事は何かしらしているほうが色々な意味で自分を助けることになりそうだ。仕事とは他人のためと言うよりも自分のためにするものである。仕事のあとのビールほど美味しく幸せなものもないのだから。

磯丸水産で飲んだ生ビールとお通し。磯丸水産は24時間営業で真昼間から居酒屋気分で酒が飲めるので好きだ。この1杯目のビールに敵うものを他に知らない。
f:id:ericrun:20170209165848j:plain