読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

既婚者なのに別の女性と披露宴してバレル!!

ネットを見ていたら面白い記事を見つけた。

福岡県警小倉北署に所属する40代の男性巡査部長が昨年末、既婚者であるにもかかわらず未婚の女性と結婚披露宴を開いたとして懲戒処分(減給)を受けていたことが13日、関係者への取材で分かった。県警は、警察庁が定める発表の基準を満たしていないとして処分を公表していない。処分は今月9日付。

 関係者によると、巡査部長は既婚者であることを隠して女性と交際し、昨年11月下旬ごろ、北九州市若松区の結婚式場で披露宴を開いた。披露宴に巡査部長の親族が1人も参列しなかったことから女性側の親族が不審に思い、巡査部長を問い詰めたところ既婚者であることを認めたという。

 披露宴と同じ日に、巡査部長が自身の親族に「監禁されている」などと電話で助けを求めたため、驚いた親族が110番。警察官が駆け付ける騒ぎとなり、問題が明らかになった

~引用元 西日本新聞

これはなかなか面白い事件だ。既婚なのに不倫相手に独身だと嘘をついて結婚して後にバレたという事件は時々あるが披露宴で自分の親族を一人も呼ばず、それが相手方の親族に不審に思われて問い詰め監禁されて助けを求めて警察が駆けつけて発覚するという事件はなかなかない。しかも巡査部長が身内の警察官に救出されるっていう滑稽なところがまたいい。

こういう事件は笑えるからもっともっと起きて欲しい。確かに嘘をついて相手女性や親族、自分の家族を騙したところは悪いのかもしれないがなんだか騙されるほうも脇が甘い気がするし、まあいつかは笑い話になるようなことだと思う。

どうせ死ぬんだしあっという間の人生でこのくらいのヘマはやらかした方が人生が豊かになりそうな気すらする。まあ、自分はこういうことは多分しないだろうだから残念である。女性や女性と結婚することがそれほど素晴らしいことなのだろうか?相手を騙して財産が転がり込んだとしてもお金持ちになることこがどれだけ幸せなんだろう?どうせつまらないんじゃないの?と思ってしまう。私はそれだけ現実に冷めてしまっているし、一人でいるのが大好きなわけだから無駄なエネルギーを使いたくないと思ってしまう。全くつまらない人生だ。

今日は、朝から近くのカフェでチーズケーキだ。アメリカンコーヒーを飲みながらこうしてぼーっとネットでもして楽しそうな記事を読んで思いを巡らして適当に記事を書いて次の旅のことを考える。なかなか贅沢な時間である。こうした時間を過ごすのに1000円もいらないのだ。別に貯金が数千万円も必要ないし今から家に帰る途中で事故って死んだとしても後悔しないわけだから何もかもどうでもいいのである。

若くて綺麗な女性が近くにいなくてもお金がたくさんなくても気の合う友達がたくさんいなくても楽しい職場に勤めていなくても人間はちょっとしたお金と時間があれば少しの幸せは手に入れることができる。その為には前提条件として必要最低限の健康な身体を手に入れている必要があるのだけれども。

ということでこの巡査部長は偉い!!