人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

我慢と忍耐の毎日

なんだかまともにブログを書こうという気が全然起こらなくてやる気のでないここ最近の日々であった。結局のところ人生とは我慢と忍耐の毎日なんだなあと思う。

この前職場の同僚と3人で焼き肉に行ったのだが一人が煙草を吸うので喫煙席にした。何人かで食事や飲み会に行った時に喫煙者が一人でもいると非常に厄介である。私は煙草は吸わないし、周りも吸わない人が多いからできるだけ禁煙席で快適に過ごしたいのだが喫煙者がいるとどうしても喫煙席になってしまう。そうすると自然に飯が不味くなるのだ。できれば食事や飲み会の時くらい煙草を吸うのを我慢してほしいのだが喫煙者というのはそうした時こそ煙草を吸ってリラックスしたい生き物らしく煙草をふかしまくるのだ。喫煙者にとっては快適なのだろうが、嫌煙者にとってはウザいこと限りなしである。

昨日はなかなか面白い本を買って読んでみた。

宝くじで1億円当たった人の末路

宝くじで1億円当たった人の末路

第一章 やらかした人の末路
第二章 孤独な人の末路
第三章 逃げた人の末路
第四章 変わった人の末路
第五章 怠惰な人の末路
第六章 時代遅れな企業の末路
第七章 仕事人間の末路

なんだかタイトルと大見出しだけ見ると不安を煽るような内容のようだが実際には人生に失敗したり、道を外れた人を励ます内容となっていてとても好感が持てる。読みやすくてお勧めである。

ということで、もうこのくらいの文章を書くとすぐに嫌になって書くのをやめてしまいたくなってきた。ヤバイ。寝よう。