人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

私は逃げない。逃げるのはいつも君だ!!

f:id:ericrun:20170513140039p:plain

なぜ、ゴキブリは人間が少しでも近づくとすぐに猛ダッシュで逃げるのだろうか?やつらは豆腐メンタルなんだろうか?あれだけ足が速いのだからそんなに焦って逃げなくても良いような気がするのだが・・

受験を控えた中学生や高校生が集まっている塾の授業で

勉強は逃げない。勉強から逃げるのはいつも君らだ!!
とか言ってみたい。かっこよすぎでしょ。

今朝のニュースを見ていたら韓国の大卒者の就職難を取り上げていた。韓国のソウル大学という韓国最高峰の大学生でも6割くらいしか内定が取れず、地方の大学の学生に至っては100人に1人くらいしか内定がもらえないと言っていた。まあこれは恐らく財閥と言われる大手の企業からの内定だという意味ではないか?と思うけどとにかく韓国の大学生の就職難は異常らしい。

売り手市場の日本の大学生とはだいぶ事情が異なるようだ。韓国に行って思ったことは、あまりにも効率化し過ぎているということ。韓国の地下鉄なんかでは駅員さんをほとんど見かけない。日本の駅では改札に必ず駅員さんがいるので困った時に色々助けてもらうことができるがソウルの地下鉄には誰もいないのでわからないことを聞こうにも聞けない。

韓国社会ではこのように社会を効率化し過ぎた結果として仕事がなくなってしまっているのではないかと思う。仕事なんてものは所詮どんな仕事もただの暇つぶしなのだから機械にやらせないで人間がやればいいのである。もちろん、効率化して人を減らす部分も必要だが極端なことをし過ぎると逆に社会が停滞してしまう。

インドなんかに行くといったい何をやっているんだかよくわからない人が恐ろしくたくさんいる。仕事をしているのか?遊んでいるのかよくわからないのだがとにかくあれだけの人がどうにかこうにか生きているという事実は凄い。みんな適当にさぼっているのだろう。人間なんて仕事を通じて死ぬまでの暇つぶしをしているに過ぎないのだから適当でいいと思う。命をかけるべき仕事なんてないだろう。命をかけて仕事に挑んで死んだとしても周りは「頑張っていたのに、残念だったね」と言って翌日から何事もなく生活していくだけである。

仕事は逃げない。仕事から逃げるのはいつも私だ!!

と叫びたくなった。