人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

ニャチャンビーチで泳ぐ!

ニャチャンビーチで泳いできた。一言で言うとこのビーチは「まったく泳ぐには向かない」ビーチであることが判明した。言うまでもなく普通に泳ぎやすいのは遠浅のビーチだが、ニャチャンビーチは急深ビーチなのである。

よっしゃ海に入りました。ちょっと向こうまで行ってみます。はい、足がつかなくなりました。

という感じで一気に深くなっているので全然落ち着いて泳げないのである。陸からわずか10メートルでもう足がつかなくなってしまうビーチなのだ。しかも一見波が穏やかに見えるのだが泳いでみると結構波があるからやたらに鼻に水が入ってくる。私は軽く背泳ぎしながら海にプカプカ浮いているのが大好きなのだがこのビーチは微妙に波があってすぐに鼻に水が入ってきてしまう。しかも周りにはロシア人だらけなので気を抜くとすぐにロシア人にぶつかってしまう「おそロシア状態」になるのだ。

しかも、最低最悪なことに泳いでたらなんか臭いなあと思ってふと横を見たらデカいウンコがぷかぷか漂っているのである。これには参った。しかも結構たくさんウンコが浮かんでて一瞬で興醒めしてしまい、陸にあがることになった。あれは形状と匂いからしてほぼ間違いなく人糞である。インドのビーチじゃないんだからやめてほしいわ、マジで!超最悪な気分である。誰かが漏らしたか海に捨てたんだろうな。

ってことで安定のカフェでケーキブレイクしてます。f:id:ericrun:20170629143324j:plain

このグリーンティーティラミスケーキマジでめっちゃウマイんだけど!ウンコの後のケーキってめっちゃテンションあがるわ。ちゃんとグリーンティーの味が染み渡ったティラミスになっていて「これ作った奴誰だ!」って叫びたくなるほどウマイ。生きてて良かったわ。

ってことでニャチャンビーチは泳ぐには向きません。自殺したい人にはオススメです。このビーチ、ちょっと気を許すと死ぬと思う。めっちゃ深いんでちょっと沖に行って静かに溺れれば人目が多い日中でも余裕で死ねると思う。しかも深いだけに泳いで助けに来にくいしね。夜なんか間違いなくばれずに溺れ死ねるわ。

それにしてもロシア人ってなんでこんなに暗いんだろう?仲間と楽しくバカンスに来てるんだからもっと笑え❗と言いたくなる。どのロシア人を見ても表情が険しくておとなしくてだんまり感があって冴えない。やはり国民性ってめっちゃあるわ。まあ、はしゃぎたくない日本人が過ごすにはちょうどいいかも。

ニャチャンのいいところは風が気持ちいいところである。気持ちいい風がさするように身体を吹き抜けていく。あー、最高の気分。日本語が聞こえてこないこの環境は最上のリラックスを我にもたらしてくれる。だから、海外っていいんだよね。