人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

ホストになることに決めま

せんでした

ってなんか変な日本語だなあ。最近、なぜかホストが出ているyou tubeばかり見ていて徐々にホストという仕事についてわかってきたのですが、なかなか(というかめちゃくちゃ)大変なようです。ホストでそれなりにお金を稼げるのは全体の3割くらいで後の人は本当に薄給らしい。しかも、死ぬほど酒を飲まされ、プライベートも拘束が多く自由じゃないらしい。

客を店に呼ぶために枕営業は100パーセントやっているらしいですぞ。枕営業しないと売り上げを上げられないからやむなくやっているらしい。これが、私には考えられないのです。タイプじゃない女とセックスなんてできますか!!!って言いたい。私は無理です。お金積まれても無理です。タイプな女とはしたいですよ、もちろん。でも、全然タイプでない気持ち悪い人とやれと言われても無理です。しかし、ホストで稼ぎたいのならそこは避けて通れないらしい。そりゃそうだ。相手だってそれを求めて高い金を払っている場合もあるのだから。

たまに店に来て話をするだけで月に数十万円も払うはずがないですものね。世の中には表と裏があるのです。ホストとして生きる以上、お客さんに上手に嘘をつかなければならないでしょう。「お前が好きだ」とか「お前と結婚するために資金を貯めたい」とか・・私は嘘をつくことがとても苦手ですからこれも無理です。全然好きでもない人に好きなんて軽く言えないわ。

お酒だって死ぬほど飲まされる。お酒というものは飲みたいときに自分が飲みたいと思う量を飲むから楽しいのであって、強制的にめちゃくちゃ飲まされて楽しいはずがない。身体はぼろぼろになるし、ろくなことはない。それだけ身体を酷使しても得られる対価は少ないのだからよっぽど覚悟がないとやれないだろう。

なにを隠そう、私は歌舞伎町歩きが好きである。歌舞伎町を闊歩しているホストを観察するのが楽しいのである。彼らはみなガリガリでスタイルがいい。生まれつきそういう体質なのだろう。まあ、よくやっているなあと思っている。選手生命は短く20代でほとんどが引退していかざるを得ない。ある意味スポーツ選手よりも選手生命は短いだろう。

まあ、私にはどうあがいても無理な仕事だ。でも裏をのぞいてみたくてたまらない。一度店内に踏み込んでみたいのだが・・笑


歌舞伎町ホストが2人でケンタッキー30ピース食べるってよ

歌舞伎町ホストが1000円ガチャやってみた!任天堂スイッチ!?