人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

肉じゃがなのか?それともミック・ジャガーなのか?

f:id:ericrun:20171027204851p:plain

今日職場で若い女の子から肉じゃがの作り方を聞いた。何を隠そう、私の得意料理は『肉じゃが』なのだが、いまだに肉じゃがの作り方を知らないのである。ということで今日女の子に突撃で聞いてみたわけだ。なるほど~~。これで、婚活の得意料理欄に正々堂々と『肉じゃが』と書けるなあ。まだ作ったことないけど・・汗

正直言って、少し前まで肉じゃがとミック・ジャガーの違いすらよくわからなかった。ミック・ジャガーと言えば世界的に有名なロックバンド、ローリング・ストーンズのボーカルであり、世界的な大スターである。そのミック・ジャガーが作る肉料理を肉じゃがだと思っていたのである。

そして、私はいよいよ鍋を買うことに決めたのである。実を言うと鍋を持っていなかったのだ。私が持っている唯一の調理器具は家電製品を除くとフライパンだけである。ぶっちゃけたところフライパンさえあれば世界制覇できると思っていた。ところが、鍋がないとカレーを作ったり、スパゲティーを茹でたり、ラーメンを作ったりすることができないことに気付いたのである。鍋を一つ買った方が良さそうだ。鍋さえあればなんでもできる。フライパンと鍋と電子レンジで世界制覇だ。

そして、今日はスーパーの塩干コーナーで美味しそうな塩サバが1パック2切れ200円で売っていたので焼いて食べた。超絶うまかった。やはり、サバは美味しい!!アジなんかよりもはるかに食べやすくて美味しい!!サンマとサバさえあれば私は生きていけそうな気さえする。

はーー、老後の生活が楽しみだ。週4~5日くらい暇つぶしに半日くらい働いて小遣いを稼ぎ、寒い冬の時期は3~4カ月ベトナムに行って生活する。最高ではないか。今すぐそうしたい気分だ。現地のベトナム人に塩サバの美味しい食べ方でもレクチャーしてやるのだ。肉じゃがの作り方を教えてやるのだ。ラーメンの作り方を教えてやるのだ。常夏のベトナムの綺麗な海で泳ぎ、釣りをし、釣った魚の料理の仕方を教わり現地人と一緒に食べる。美味しいフォーをすすり、揚げ春巻きや生春巻きを食べ、絶品のバインミーを屋台で食べる。

先日、図書館に行って『ハレ旅 ロンドン』を借りてきてパラパラとめくっているのだが、ロンドンにも行きたい。

ハレ旅 ロンドン 【湖水地方~コッツウォルズ】

大好きなビートルズの名所、旧跡を巡ったり、プレミアリーグを現地観戦したりしたい。そして、ロンドンの広い公園でのんびりするのもいい。プレミアリーグは世界で最もエキサイティングで面白いリーグだと思う。私はマンチェスター・ユナイテッドが好きだが、イングランドの強豪にはアーセナルリヴァプールチェルシーマンチェスター・シティー、トッテナム・ホットスパーズ、マンチェスター・ユナイテッドなど強豪が多い。

ちなみにローリング・ストーンズビートルズリヴァプール出身のロックバンドである。ビートルズはロックとポップスを革新させた。いろいろなものを組み合わせ次々と新しいものを作り出していった。ビートルズを一言で言うと「革新」という言葉に尽きる。普通のバンドというのは足し算である。これとこれを足してこれを作りましたくらいのことをやるのが精いっぱいだ。ところがビートルズは数年という短期間に様々な音楽を掛け合わせ融合させ、これまでにない全く新しいサウンドを次々と産み出していった。そこが他のロックバンドと圧倒的に違うところであり、いまだに伝説として語り継がれている所以である。

Let me take you down cause I'm going to Strawberry Fields nothing is real・・

ビートルズの名曲「ストロベリーフィールズ・フォーエヴァー」の歌い出しの部分である。この曲はビートルズの中では3番目にくらいに好きな曲、ジョン・レノンが書いた曲では一番好きな曲だ。私の中では楽曲ではポール・マッカートニーがナンバー1、ボーカルではジョン・レノンがナンバー1だと思っている。まあ、どうでもいいことだけど。

私の今年度の目標は『鬼のように素早く』である。イメージとしてはレアル・マドリードフォワードでウェールズ代表のギャレス・ベイルを目指したい。彼こそ、鬼のように速いという言葉がぴったりと当てはまる。

ベイル 国王杯で魅せた異次元のスピード