人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

自己暗示にKO負け。

f:id:ericrun:20180111230134p:plain

少し前、とあるyou tube動画で刺激を受け、自分にポジティブな自己暗示をかけてみようと頑張ってみたが続かずにネガティブな自分に逆戻りしてしまい、今に至る。自分を変えるって凄く難しい。確かに人間は自己暗示によって生きている部分はあると思う。人生で成功している人、一流な人というのは皆メンタルコントロールが上手だが精神を安定させるために意識的に自己暗示をかけている人も多いと思う。

そうした自己暗示を続けていけば身体は変わってくるのだろう。凡人であってもネガティブな自己暗示を毎日かけ続けている人と、ポジティブな自己暗示をかけ続けている人では中長期的に大きな差として現れてくるのだろうと思う。私はネガティブな思い込みが激しい人間である。実際に馬鹿でダメな人間だから真面目に自分を真正面から捉えるとネガティブな言葉を自分にぶつけることにならざるを得ない。しかし、もともとダメな人間がさらにネガティブな暗示をかけて自分を卑下するとますます魅力のない暗い人間になってしまう。

こうした自分を変えたいと思ったからこそポジティブな自己暗示をかけるように練習してみたのだ。しかし、長くは続かなかった。まず、自己暗示という作業は意外と疲れる。ネガティブな気持ちが湧いてきたときにそれをポジティブなものに置き換えるということをやってみたのだが、あまりにも絶え間なくネガティブな感情が湧きすぎてきてしまって収集がつかなくなり、結局耐えられなくなった。

どうせネガティブな人間ならもうとことんそれを味わい尽くしていくしかないのかもしれない。人生とはまるで自分という刑務所に入れられた囚人みたいなものだ。誰かこの檻から出してほしいのだが誰も出してくれない。そもそも誰に助けを求めても無駄なのだ。それぞれがそれぞれの檻に入れられて『だしてくれーー』と叫んでいるのだから。

人生に対してこうした発想を自然にしてしまうという時点でとてもネガティブなことは間違いない。しかし、明るく前向きに物事を考えようともがくほど自分という生き物の愚かさと虚しさに突き当り現実に押し返されてしまう。それでも何かしら世間の役に立っていると信じたい自分がいる。世の中にはダメな人というものが必要なのだ。ダメな人がいるからこそ凄い人、尊敬できる人が際立つ。ダメな人がいるからこそ安心して生きられる人がいることも確かだ。他人から下に見てもらうことで心の安定を与えていると思えば少しは役に立っているのかもしれない。

自分もさらに下の人を見て「あの人よりはましだ」と安心して元気をもらうこともある。自分はポジティブよりもネガティブのほうが似合うらしい。どうせなら、「こんなネガティブでどうしようもない変なブログを書く人がいるけどああはなりたくないなあ」と人を勇気付けたい。私にはそのくらいしかできなさそうだ。

大学時代に身体障害を持って生まれた方の施設でボランティアをしたことがあってその時に感じたのは「自分はまだまだずっと恵まれているなあ」という実感であった。自分のことを何一つできない方も世の中にはたくさんいるのである。その点、頭も性格も悪く特技も何もない自分でもなんとか普通に生活できるだけでありがたいと思わなければいけないと思ったのである。言い方は悪いが自分よりも下の人を見て心を安定させるという卑怯な手である。こうしたことは大なり小なり多くの人も経験があることだろう。

ブログの読者さんも私のダメっぷりを見て元気になってほしいと思う。私はいろいろな意味でダメだけどなんとかこうして生きている。いつまで続くかわからないけどこの自分という檻から解放される日が来るまでネガティブな心を持ったまま暗い気持ちで頑張るだけである。時々ポジティブな自己暗示をかけてごまかしたいとも思っているが。