人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

時間が経つのが早いよ~!!

f:id:ericrun:20180119235544p:plain

最近、読者登録してくれた方ありがとうございます。

なんだか時間が経つのが早く感じる今日この頃。あまり忙しい職場ではないので仕事中は時間が経つのがゆっくりで1日が長く感じるのだが家に帰ってくるとそれこそあっという間に時が経ってしまいすぐに寝る時間になってしまう。

やはり、高校時代や大学時代や20代前半の頃と比べると明らかに時間が経つのが早く感じるようになってしまった。これはまあありがたいことである。社会人の一日なんてとりたてて楽しいことがあるわけでもなく良くてもまあまあ程度なのであんまり時間が経つのがゆっくり過ぎても逆に困るのだ。

今思うと大学時代ってなんて素晴らしい時代だったのだろう?と思う。だるい授業を途中で抜け出してしょっちゅう新宿や渋谷に遊びに行っていたあの頃が懐かしい。当時は今と違い、歩きたばこがOKな頃で新宿や渋谷の街を歩いているとそこら中に歩きたばこをしている人がいて少し危ない時があった。ホストのキャッチなんかもそこら中にいて若い女性は声をかけられまくっていた。

新宿の街ほど自分の肌感覚にぴったりとフィットする場所はなくてそれこそ何か考え事をしたい時なんかは意味もなくブラブラと歩いたりした。あんな(一見すると)無駄で無目的な時間の使い方ができたのは大学時代ならではだなあとしんみり思う。

話は変わって先日phaさんの『人生にゆとりを生み出す知の整理術』を読んだ。

人生にゆとりを生み出す 知の整理術

人生にゆとりを生み出す 知の整理術

phaさんの本はどれも面白いけどこの本もなかなか良かった。要約すると勉強のスキルを身につけると人生が色々な意味で豊かになるよということを説いた本でそのためのノウハウが詰まっている。

さすが京都大学出身のphaさんだけあって頭が良い。いかに人生の無駄をなくし効率的に楽に生きるかが説かれている。私も無駄なことは嫌いだから効率的な生き方を目指すphaさんの生き方に共感が持てる。

効率的な生き方というのはあくまでも時間を切り詰めてアクセク働いたり勉強したりしろという意味ではない。ぼーーっとすることも含めて自分の時間を思う存分有意義に使うことが重要であるということだ。人間はロボットではないので何も考えずにぼーっとしたり、思う存分寝まくったりすることも大切だ。

1回きりの貴重な人生を仕事や勉強に追われるのは実にもったいない。それこそ非効率な生き方だ。睡眠時間を削って働いたり、勉強したりするのはもってのほかである。どうせ死んでしまうのだから無駄な時間を楽しむ余裕が欲しい。

職場なんかに行くと『常に何かをしていないと落ち着かない症候群』の人がいる。いつもいつもアクセクと働いてそれが自分の人生を有意義なものにすると思い込んでいる人である。こうした人というのは一見すると仕事が好きなようでいて本当は何もしていない自分というのに耐えられず、自分を何かすることでごまかしたいからそうしているのである。

仕事中毒の人がもしも明日死ぬとわかったら今まで通り熱心に仕事を(死ぬまで)続けるか疑問である。どうせ死んでいく自分という虚しい存在である自分をごまかすために仕事を利用しているに過ぎない気がしてしょうがない。仕事とはかくに暇つぶしの要素が強いものである。

今日はキリンラガービールを飲んで気持ちよく酔っ払った。

時々苦めのラガービールを飲むと凄く美味しく感じるものだ。もちろんおつまみはさつまりこである。最近はほぼ毎日さつまりこを1個食べているのだ。

以前はじゃがりこだったけれど甘みのあるさつまりこの方が自分にはフィットする。

人生における自分の移り変わりを追ってみるとなかなか面白い。大学生の頃の自分と今の自分はだいぶ変わってしまった気がする。でも、核の部分はほとんど同じ。孤独を愛する自由な自分である。ということでそろそろ寝ましょう。