人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

ビールが旨い!

f:id:ericrun:20180207211257p:plain

帰国後予想通り、くそつまらない日常生活に戻っているわけだが以前に比べて心が明るくなった。というのは今回の旅でよりクリアに自分の人生の進むべき方向性が見えたからである。

それは、ズバリ現状維持の大切さである。

しばらく前、プロの先生から楽器を習っていたことがあるのだがその先生に上達する秘訣を聞いたら『急がば回れ』だと言っていた。急にうまくなる方法なんてないのだ、上手になりたければとにかくひたすらたくさん練習するしか方法がないのだとのことである。

この退屈でつまらなくあほらしい日常生活をひたすら我慢し、耐え忍ぶこと、現状を頑張って維持することこそが次の海外渡航への最短ルートである。急がば回れを実践するのだ。

あんなに楽しく素晴らしい海外一人旅ができるのだから私の人生は決してクソではないと改めて思った。すべてを耐えて我慢する意味は十分にあると思った。今回の旅から学んだことは大きい。私は私自身がやりたいことをやればいい。ただし、そのためには色々なことを我慢する必要がある・・ただそれだけのことである。

次回の渡航はおそらく半年くらい先であろう。しかし、私にはもう道筋が見えている。やることも決まっている。本当にやりたいことをやるために急ぐために、今は道を回るしかないのである。