人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

ハーロー💛ハーロー~♪お元気~♬今夜なにしてるの~(^^♪

f:id:ericrun:20180317141934p:plain

読者登録してくださった方ありがとうございます。

さて、本日はついに私が最も好きなテレビ番組である『ブラタモリ』の日です。先週に続いて『西郷どん』の舞台である鹿児島をやります。なんと、あの渡辺謙が出演するそうなのでとっても楽しみ♡ 今夜19:30~です。

ついに、自民党参議院議員の渡邉美樹大先生がぶちかましましたね。参議院の中央公聴会で過労死遺族を前に「お話を聞いていますと、週休7日が人間にとって幸せなのかと聞こえてきます。」などと発言し大炎上しております。

こうした発言を元ニートのphaさんなんかが言うのなら全然問題ないんですよ。しかし、かつて社員が過労自殺をしているブラック企業大賞として悪名高きワタミグループの創業者であり会長だった渡邉美樹さんが言っているということがヤバいのです。

私が彼に言いたいことはただ一つ。『法を守れ』ということ。日本には労働基準法を始めとした数々の労働法制が整備されています。それを守らなければ違法行為に手を染めていることと同じなわけです。労働法制をちゃんと守らせていない企業のトップは下手をすれば刑務所に入ってもらわなければいけないはずなのです。そこら辺を踏まえて言葉を発するべきです。

まあ、経営者として自分自身が死ぬほど働くのは一向に構わないのですがそれを他人である社員にまで当然のように適用している時点で悪以外の何物でもない。まずは、法律に則って企業経営を行うべき。単純なことなんですけどそれがわかっていない経営者が多いんですよね。もしも、労働法制を守っていると会社が潰れてしまうのであればそんな会社は潰れてしまえばいいし、潰れた方が世のため人のためなわけです。

脳科学者である中野信子さんの『サイコパス』という本に書いてありますが、企業のCEOという職業にはサイコパスの割合が多いらしい。サイコパスとは他人の不幸の上に自分の幸せを平気で築くことができる良心の欠如した人です。歴史的には織田信長とかスティーブ・ジョブズがそうだと言われているし、金正恩なんかも間違いなくそのタイプですね。渡邉氏もおそらくそうしたタイプなのでしょう。他人がどんなに苦しい思いをしてもそんなことはどうでもいい。自分さえ幸せであればそれでいいんです。確かにこうした人は戦国武将に向いていますね。戦というのは勝つか負けるかですから部下が何人死んでも最終的に勝てばいいわけです。勝つために下の者をこき使い、たくさん死んでもらう必要がある。

サイコパス (文春新書)

サイコパス (文春新書)

さて、話は変わりますが最近無性に『臭豆腐』という食べ物を食べてみたい衝動に駆られて困っています。臭豆腐とは中国や台湾で食べられているとてもとても臭い豆腐のことです。先日you tubeを見ていたらこの臭豆腐に挑戦している動画があってとてもきつそうなのを見て自分も挑戦したいと思ったわけです。ネットでたった300円くらいで買えるんですよ。

動画に出ていた中国出身のyou tuberの人の話によれば中国では当たり前のようにこの臭豆腐を食べているそうです。日本の納豆みたいな感覚なのでしょうか??とにかく匂いが強烈らしい。私は食べ物は結構なんでも食べれる人なので意外といけるかもしれません。凄く気になります。ただ、中国産なので中に何が混入しているのかわからない不安感はあります。なんか怪しいものが入れられてそうで怖い。中国人はアバウトですからね。食べて死ぬことはないと思いますけど普通に腹の調子が悪くなることはありそうです。

気になるのでいつかは挑戦したいとは思ってます。では。