人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

仕事なんてどうでもいい

f:id:ericrun:20180318180405p:plain

仕事があまりにくだらなくて馬鹿らしくて時間の無駄にしか感じず、気が変になりそうです。これは今私のしている仕事が悪いというわけでは全然なくどんな仕事をしても(例え医者であっても)全く同じように感じるだろうと思います。そして、この感覚は至極まっとうなものだと私は思います。

職場って場所に行くとやたらにどうでもいいことにこだわる上司とか先輩とか同僚とかいませんか?そんなことどうでもいいだろーーと叫びたくなるような些末なことにこだわり、他人を巻き込んで騒ぐ奴です。私はこういう輩が本当に大嫌いです。『お前のこだわりはズレテイル!!つまり、お前はもう死んでいるのだ!』と言ってやりたくなります。

なぜかというと私は別に今日、明日に死んでも一向に構わないと思っているからです。今日、明日死ぬとわかっていたら仕事なんてするでしょうか?職場に来るでしょうか?職場のどうでもいいことに振り回されて一日を終えるでしょうか?もっと他にやることがあるはずです。人生が残り1日や2日しかないのに、むかつく職場の同僚のくそみたいなこだわりに時間やエネルギーを使いたいでしょうか?職場の上司の反吐が出るような自己顕示欲に付き合って時間を浪費したいでしょうか??違うはずです。

一日一日を大切に生きている・・もういつ死んでもいいと思っているのであればそうした馬鹿げたこととは縁を切りたいはず。少なくとも私はそう思っています。ですから、私の場合どうでもいいことに巻き込んで来ようとする糞みたいな上司や同僚には非常に冷たいです。時には『お前の頭に銃でも突き付けるぜ・・撃たれたくなきゃ黙れ・・』的な雰囲気を醸し出します。これは結構効果あります。

明日死ぬとしたら職場のことなどホントに無限にどうでもいい。職場がどうなろうがどうでもいい以下です。死んでまた数日したら生き返る可能性があるのなら別ですが、今までそうした人間は誰一人いないのです。そして、上司や同僚には間違っても会いたくないと思うことでしょう。とりわけ仕事を生きがいにしている自己顕示欲ばかり強くて魅力がない上司など二度と顔も見たくありません。これってズレた感覚でしょうか?私はいたってまともだと思っています。

上司にろくな奴なんていません。まともな人もいますがごく少数です。この馬鹿げた仕事で成果をあげて昇進することなどどうでもいいことです。私は絶対仕事人間だけにはなりたくない。仕事をすることで気を紛らわせる人間になりたくないということです。これは、私のプライドです。このブログを見ている人で仕事に情熱を燃やしている人がいたら、まあほどほどにしたほうがいいでしょう。自分がやらなくても世の中何も問題がなくまわりますし、逆にその方が健全な状態になる可能性が高いのです。

あとは野となれ山となれということです。