人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

村上さんのところ

f:id:ericrun:20180610210820p:plain

村上春樹の『村上さんのところ』を読む。

この本は作家の村上春樹さんが期間限定(17日間)で受け付けた3万7456通のメールをすべて読みその中から3716通を選んで返事を書き、その中から選ばれた473通のやりとりが記録されたものである。600ページにもわたる分厚い単行本である。

村上さんのところ (新潮文庫)

村上さんのところ (新潮文庫)

結論から言うとこの本はとても面白かった。どの質問にも村上春樹がしっかりと向き合い、じっくり考えて丁寧に優しく親切に回答しているのが伝わってきてとてもほのぼのする。村上春樹の人格がよく表れた著作である。中でも私の気を引いたのは以下のやりとりである。

~本文P267~

そうですね。たとえ、彼女がいても妻がいても、男というのはいつも基本的に「女のいない男たち」なんだという気がします。自分がどこに繋がっているのか、誰に繋がっているのか、しばしば確信が持てなくなります。それは(あくまでも)僕の感触によればですが)女性が一般的に男女関係に対して感じている感じ方とは、少し違っているのかもしれません。いつ自分が夜の海に一人で放り出されるかもしれないという、孤独の予感のようなものを男はいつも抱いています。というか、そんな風に僕は感じてしまいます。それは、あなたが感じていることとだいたい同じでしょうか?

~引用終了~

うーーん、素晴らしい。まさにその通り。さすが村上春樹だと思いましたね。男の心の中にある言葉にしにくいモヤモヤをうまく言葉にしてくれたという感じです。そうなんだよね~。ホンット男ってどんな状況においても孤独な生き物だと思います。発狂しそうになるほどの孤独感です。

しかし、そうした孤独をしっかりと引き受け、誰かに頼ってごまかさずに耐えることができている男はやはり、厚みがあるんですよね。なんとなく薄っぺらい男と言葉に重みのある男といますが、前者は孤独の重みに耐えきれずに逃げてきた場合が多い。話しているとなんとなくそうしたものが掴めてきます。

あーーー、本当になんで私はこうして生きているのでしょうか?私を死ぬまでやらなければいけないのでしょうか?つらすぎます。死にたくてたまりません。今日は寝るまで『村上さんのところ』を再読していきたいと思います。