人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

光陰矢の如し

f:id:ericrun:20180711212133p:plain

私が今生きている30代後半という年齢はいったいどういう時代なのか?とふと考えてみた。

それは、まず端的に言ってしまえば人生の決着がほぼついている年齢だと言えるのではないだろうか??

30代後半にもなれば、世の多くの男女が結婚しているし、定職についているし、職場での立ち位置もはっきりしているし、自己の可能性や将来像がほぼクリアにわかってくる年代である。10年なんてあっという間なのだが、20代後半とは明らかに見える光景が大きく変わってしまっているのが30代後半だと思う。

スポーツ選手の多くが30代前半から半ばくらいで引退していくし、そこを生き延びた選手でも40歳を前にして引退していくことが多い。40を超えて生き残れるスポーツ選手はほんのごく僅かだと言える。つまり、目に見えて身体の老化が顕著になり、怪我などもしやすくなってくる年代なのである。

こうした年齢を生きていて最近、よく思うのは『私の人生は完全な敗北だった』という恐ろしく端的な真実である。

人生に勝ちも負けもないという考え方もあるのだが、私はこの人生に完全に負けたと思っている。今から取り返すことはほぼ不可能である。壮絶なる敗北。

20代の頃は決してそのように考えていなかったのだが、今振り返ってみると負けである。

しかし、人生の勝負が決まったころから本当の人生が始まるのだと私は希望的に楽観的に思う。というよりも、自分の人生が負けたことに対して卑屈になったり、腐ったりして努力を放棄し始めると完全に取り返しが付かなくなるのがこの年齢(30代後半)なのだと思う。

世間ではよく年をとったら自分の顔に責任を持てと言うけれど、確かに自分の人生に負けて腐り、不貞腐れてしまうと顔が劣化していく。なんの根拠もないが私はそう確信しているのだ。どんなに自分の人生がダメでもそこで踏ん張って高みに登ろうと努力した人だけが見える境地があるはずだ。

その高みの境地を目指さねばならない。それは精神修養のようなものである。自分の人生の負けを認めたうえで勝負を投げずに腐らずに日々の地道なことをコツコツと淡々としっかりやるということ。これがより良く生きるということであり、良く死ぬための準備となる。私の人生は確かにぼろ負けしたのだが、残された『死』という大仕事に向けて後悔がないようにしっかりと準備をしていきたいと思っている。

先日再会した大学時代の女友達が顔でそのすべてを語ってくれていた。私はそのバトンを受けて今後の人生を豊かにあがくのみである。