人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

保守なんて何もかっこ良くない!

f:id:ericrun:20180723181845p:plain

自民党杉田水脈という議員の発言には呆れ果てた。

しかし、LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか」(『新潮45』P.58~59より)

このように発言したそうである。LGBT(レズ、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)は子供を作らないから生産性がないそうである。私からするとこの発言は知能指数が低い印象を受ける。

こういうことを当たり前のようにさらっと言ってしまえるからこそ私はいわゆる『保守派』が大嫌いなのだ。ちなみに私は自民党が大っ嫌いである。あの全体主義集団主義、右へならへの右翼的姿勢、弱肉強食思想、本当に何もかもすべてが私の考えと違う。もちろん、保守派の中でも好きな人も尊敬できる人もたくさんいる。

でも、思想的に全然尊敬できないし一ミリも素晴らしいと思えない。

この杉田議員の発言に集約されているのだが、いわゆる『保守派』と呼ばれる人達って自分を他人と置き換えて普遍的に考えるということが全然できない。そこが私のようなリベラル派からすると物凄く下品にうつる。自分はたまたま自分に生まれついただけであり、偶然的に異性愛者だっただけであり、たまたま子供を作ることができなかっただけである。

遺伝子というものは多様性を持っていて望むと望まないに関わらず、ある一定数は少数の『普通でない人(例えば障がい者やLGBT)』が生まれてくるようにできているのだ。人は自分で自分を選んで生まれてくることができないのだからすべては致し方ないことである。本人自身も周りと違うことに苦しみ悩んで生きている。

そうした人達に対して平気で生産性がないだの、税金を投入するのはどうかと思うなどと言えてしまうことが想像力のなさを露呈している。まあ、こういう私も保守派に対して理解がないし、想像力が欠如しているんだけども。とにかく誰がなんと言おうとこういうことを平気で発言してしまうような短絡的な浅はかな保守派が大嫌いである。

それと、保守派ってやたらと韓国や中国を嫌うんだけどそれも馬鹿らしいと思う。しょせん人間なんて気付いたらどっかの国に勝手に自分として生まれついているだけであって別に取り立てて意味なんてない。それが日本であれ、中国であれ、韓国であれ、アメリカであれ、ドイツであれ、ノルウェーであれ、マダガスカル共和国であれ、シェラレオネであれ、ベトナムであれ、イタリアであれ、カンボジアであれすべて同じであり特に意味がない。まあ、保守派が大好きな日本礼賛をしたければ好きなだけすればいいのだけど。

私はそういう日本礼賛をする人を何もかっこいいと思わないし、何も素晴らしいと思わないし、何も美しいと思わないし、何も尊敬できない。そういうことを言う人は逆に日本人独特の美徳である謙遜の念がないと思うし、凄くかっこ悪いと思う。自分がかっこいいと言っている人と同じくらいかっこ悪い。日本人として誇りを持っているのならそういう自画自賛を心の中に隠すべきであり、他者に公言すべきではない。

それと、日本は過去の歴史の中で太平洋戦争(保守派は大東亜戦争と言いたがるが・・)で何も悪いことしてないとかアジアを開放していいことをしたのだとか反省しない人がいるけどこういう姿勢も心の底から下品だと思う。戦争とはもっとずっと激しく人を痛めつけるものであり、一人の人生をズタズタにし、身体にも心にも大きな傷を負い、人生をめちゃくちゃにし、将来にわたって恨みつらみを募らせるものである。

自分だって親や兄弟、友達が殺されれば恨むでしょう。それだけのことである。そんな簡単に日本はいいことをしたのだ・・なんて胸を張って言えるはずがない。そう言えるのならば親兄弟を殺されてみればいい。

ということで、私は誰がなんと言おうと絶対に保守派になびくつもりがない。何も素晴らしいと思わないし、美しいと思わないし、かっこいいと思わないし、尊敬もしないし、凄いとも思わない。もちろんトランプやドゥテルテなど大嫌いだし、日本のトップも大嫌いである。誰とは言わないけど。

今回の件で、ますます『保守派』が嫌いになった。まったく想像力がない人が政治家をやってるなんてどうかしてる。私は自分がリベラル派に生まれついてきたことを凄く良かったと思っているし、誇りをもっているし、プライドを持っている。人権に対する普遍性を理解できることが素晴らしいと思う。私は自分が大嫌いだが、このことだけは親に心から感謝している。

こういうことを自分で言ってしまうと保守派の『日本は素晴らしい』とか『日本は美しい』とか自画自賛するさまと重なり、大変にかっこ悪くなってしまうのだけれど。

とにかく、他人は自分とは違うのだから最大限尊重し、リスペクトする気持ちを忘れてはならないと思った。

この私の気持ち、リベラルな人には響くと思いますが、保守な人には全然響かないんでしょうね。それで別にいいのですが、人生なんてたいしたものじゃありません。すべてはどうでもいいことの連続です。