人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

24時間フィットネス

f:id:ericrun:20180808152844p:plain

最近、近くに24時間365日営業のフィットネスジムができたので通い始めた。これが非常に便利で重宝している。

いつでも、気軽に気兼ねなくトレーニングできるので大変助かる。しかも以前通っていたジムが遠かったから比較的近くにできたのは物凄く便利だ。

少し前までは東京や大阪や名古屋など主に大都市圏にしかなかった24時間営業のジムだが、最近は地方都市にも増えてきた。それだけニーズがあるということなんだろう。

プールや、サウナや風呂の設備をガッツリ使いたいという人は従来型のスポーツジムの会員でいる方がメリットが大きいが、私のようなプールもめったに使わないし、サウナや風呂は全く使わない人からするとコンビニのようなジムでコンパクトにトレーニングできて割安な方がよっぽどありがたい。

しかも、従来型の大型ジムは割とトレーナーさんが多くて気を遣う感じがあった。24時間営業のジムの場合、トレーナーさんがいない時間帯も長く、いてもお客さんには全く干渉しない感じなので凄くトレーニングに集中できる。

まさに、私のニーズを100%かなえてくれているのでありがたい。涙が出るほどうれしい。
しかも、最近通い始めたジムのランニングマシンが結構走りやすいので助かる。記事にも書いたが先日は13キロも走ってしまったし、今日も早起きして4.5キロを21分で走った。

朝起きてジムで運動してそのままジムのシャワーを浴びてカフェに行ったり、家で一休みしたりすることって想像しているよりも幸福である。人生なんて不幸の連続なんだけど、こうしてちょっと運動して身体に刺激を与えることで快感を感じられるものなんだなと思う。幸福なんてしょせんこの程度のものかもしれない。

ジムで走っている時って確かに苦しいんだけど、それに集中しているから常日頃の悩みや苦しみから解放されて気が晴れる。思っているよりも運動の効果というものは大きい。私は外を走るのが苦手だからジムで走れることはありがたい。

外を走るとなんだか凄く気が散るのだ。車がうるさいし、信号で止まらなければいけないし、暑いし(寒いし)、ペースが掴みづらいし、天候に左右されるし、気分がのらないとすぐに歩きたくなる。逆にジムのランニングマシンだと走れない人もいるだろうけど。私はジムのマシーンを使ってストイックに自分と向き合いたい。

なんか、明るく楽しいことってないだろうか?ないなあ。とにかく仕事後に飲むビールだけが楽しみだ。
昨日飲んだアサヒの限定醸造ビール旨かったなあ。