人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

走った、疲れた、痩せた

f:id:ericrun:20180903185331p:plain

今日は、ジムで筋トレメニューを1通りこなした後、10キロのランニング。ペースは時速13キロ、約51分間で完走し、900キロカロリー以上を消費。汗だくになってストレッチをしてシャワーを浴びようと思ったらシャワー室が埋まっていて仕方なく暇つぶしにもう2キロ走ることに。少しペースを落として傾斜をつけ、負荷をかける。

合計で12キロ以上も走ってしまった。いや~、良く走ったなあ。結構疲れました。さすがに10キロ以上走ると痩せます。これは確か。私の身体はぼろぼろなので終わった後の疲労感とガタガタ感は半端ない。もともとランニング体型でもなんでもないのに無理して走っているのでめちゃくちゃきつい。

でも・・走り始めてランナーズハイがくると気持ちよくなってくる。酒に酔ってハイになった時の感覚に近い。人生に楽しいことなどないのだからまあこのくらいは楽しませてもらわないと。

残念ながら私の身体は継続的に長い距離を走ることにむいてなく、一回10キロを走ると最低3日くらいあけないと次にまた走ることができない。できる人は毎日10キロとか余裕で走れるらしいけど、私の身体はそうなっていない。私の身体はクソなので致し方ない。

もう二度とこの身体に産まれたくないといつも思っている。何もいいことがないからだ。なんでこんな面倒くさい身体に産まれて毎日苦労し続けなければいけないのだろう。世の中不公平にもほどがある。ダメな身体に産まれた瞬間クソゲー決定である。

ってことで、全然いいことはない。走って少し気持ちよくなるくらいのレベルのことをいいこととカウントすれば少しはあるのかもしれないけど、疲労がひどいし、まあ結果的にマイナスかもね。人生うんざりするなあ。