人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

おしゃべりな男はもてない

f:id:ericrun:20181122202103p:plain

『おしゃべりな男はもてない』というのは普遍的な法則だと思う。

基本的に女性は話好きである。自分のことを話したくてたまらない生き物である。形として一応相手の話を聞くふりをするが、それは相手の気持ちを考えたり、マナーに配慮したりしているからであって本当は自分のことを少しでも多くたくさん話し気持ちを共有したいのである。

だからこそ聞き上手な男性がもて、おしゃべりな男はもてないようになっている。ところが、中にはめちゃくちゃおしゃべりな男というのがいて、話すと止まらなくなる。しかも、自分の話ばかりである。

男はおしゃべりな男がそんなに嫌いでないし、気持ち悪く感じないものだが、女はおしゃべりな男をウザく感じているし、気持ち悪く感じるものである。それは男と女の脳の構造が違うからである。女は子供を育てるために言語脳が発達しているのだ。右脳と左脳をバランスよく使いながら言葉を駆使するようにできているのだ。

だからこそ女の話は脈絡もなくとぶのである。急展開することも多い。これは、男の脳と違って右脳や左脳に特化した使い方をするのではなく、右脳と左脳を結ぶ脳梁が太く、イメージや直感を司る右脳と論理を駆使する左脳が同時に使われやすいからである。

女性の中には無口の人もいるが、こういう女性は注意が必要である。おしゃべりな男が近付いて行ったところでうまくいかないことが多い。というのも、無口な女性というのは常にストレスを抱えているからである。本当はおしゃべりでストレスを発散したいのだが、なかなか性格的にそうできなかったり、空気を読んで自分を抑えたりしているせいで凄くイラついていたり、攻撃的だったり、気が強かったり、癖が強かったりする。

脳の構造的に女は基本的におしゃべりをしたいはずなので、無口でおとなしいからと言って男の側が弾丸トークをすればいいというものでもない。できるだけ言葉を引き出すように努力するしかない。ということで、女がおしゃべりな男を苦手とするのはわかった。

しかし、男の側からしてもおしゃべりな女というのはウザくて腹が立つ存在である。頼むから黙っててくれと思う。不思議と同性に関してはそう思わないものの異性に対してはそう思う。なんでだろう???