人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

寒くなってきた

f:id:ericrun:20181209204232p:plain

皆さま、お久しファブリーズ!!!!!

9日ぶりの記事投稿です。お元気でしたでしょうか???

私は無気力でした。そしてイライラしてました。毎年この時期になるとイライラします。私は寒いのが大の苦手でそれがツライのもありますが、何よりも日照時間が短くなると冬季うつ病を発症するのです。

冬季うつ病を発症するとどうなるか・・というとまず気持ちが沈んできてやる気がなくなります。そして、甘いものがやたらと食べたくなり、ささいなことにイライラするようになります。脳内物質セロトニンが減るとこういう症状がでるんですね。

私は常日頃からうつ病でエネルギーがありませんから、冬になると冬季うつも重なり、メンタルは最低最悪の状態になります。
こんなつらい冬でも例えば東南アジアなどの暑い国に旅行に行きビーチで日光浴なんかをするとめちゃくちゃ元気になるんですよ。もちろん、旅が楽しいからというのもありますが、日光を浴びるということによりセロトニンが出て元気になるんでしょうね。

世の中には『〇〇せねばならない』という嘘が溢れていますね。よくよく考えるとどうでもいいことばかりだと思います。〇〇しなくても何も問題がなかったり、誰も困らなかったりするのに人々はその強迫観念に追い立てられて生きています。いったんこうした『〇〇せねば・・』という思考を放棄して怠惰で無気力になり、今死んでいくということを想像するのがいいと思います。

実のところ人生などホントに大切なものなんてないというのが私の実感です。私が今死んでこの世からいなくなっても世の中は何事もなかったかのように回っていきます。これは大変に興味深い事実でしょう。

みんな、本当はしなくてもいいことを強迫観念に駆り立てられて次々とこなしていくプレッシャーにさいなまれストレスに絡めとられ寿命を縮めている気がします。世の中なければないでそれなりに回ります。人間がいなくても地球は困らないのです。

ここ最近の社会の画一化は恐ろしいものがあると思います。個性なんてほとんどなくなっている気がする。法律の整備って大事だろうけど、人間の自由を奪う部分がありますね。私もこの人生をどうするのか早く手を打たねばなりません。悩むところです。