人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

愛が生まれた日

f:id:ericrun:20181222215728p:plain

昨夜、カラオケで『愛が生まれた日』を歌っていてなんだか変な気分になった。


愛が生まれた日 - 優秀賞受賞 -

いったい、俺は何をしているんだろう??と。

すべてが謎である。こうしている意味がわからない。

なぜ、職場に行って仕事をしなければいけないのだろう?

くそつまらないのに、笑顔で楽しそうなふりをしなければいけないのだろう?

仲良くもないのに仲良さそうなふりをしなければいけないのだろう??

すべてがわからなくなる。

職場ってところがいまだに全然わからないのである。

職場で出会う他人はまるでエイリアンだ。なんだか薄気味の悪い存在だ。

みんな、あたかも仕事が好きそうでやる気がありそうなふりをしている。

一方で私は仕事が嫌いだから全然演技をしない。いつも無愛想でやる気がなさそうな感じ。

職場で何か違う自分を演じようとすると罪悪感が激しく邪魔をする。

何かになりきることができる人って道徳的じゃない気がするんだ。

毎日激しく悩む。いったいどう生きていけばいいのかわからない。職場でどう振舞えばいいのかわからない。

つまらないのに、好きでもない人に愛想を振りまいている人がエイリアンに見えて仕方ない。

どうでもいい。どうでもいい。どうでもいい。