人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

もっと私のこと・・察して!!

f:id:ericrun:20190629122131p:plain

職場のお局さんの特徴とは何か?

それは、一言で言うと

職場の周りの人に対して自分の気持ちを察することを強要すること

である。

例えば、お局がブチ切れる場面があるとする。

そぅいう時、お局は
もっと私のこと・・・察して!!
自分がちゃんと察してもらえなかったことに対してブチ切れているのである。

私は職場の中で特別な人であり、仕事もできるのだから、周りの人たちが私のことを考えて、察して先回りして動いてくれて当たり前だと信じており、その幻想が崩れそうになるとブチ切れるのだ。

だから、お局さんは基本的に新人が嫌いである。

新人は職場の状況をよくわかっていないからお局の気持ちを察することができない場合が多いから。

お局が新人にブチ切れるのはとても些細なことである。

みんな当たり前にできている「お局への察する心」が足りなかったことに対する罰としてブチ切れたり、過剰に不機嫌になり、なりふり構わずグチをまき散らすのである。

お局はいつも心の中でこう思っている。

お局さんの心はいつも女王様気分である。周りの者が私にかしづくのは当然であると思っている。

本当は裸の王様なのに、報復を恐れて周りの者は「王様は裸だ」と言わない。

だからこそ、お局の女王様気分はますます助長され、手が付けられないものになっていく。

お局に限らず女性心理の本質は「私の気持ちを察して!」というものだ。

よく世の女性は優しい男性が好きだというが、ここでいう優しさとは女性の気持ちを察して言葉をかけたり、行動したり、手を差し伸べたりすることができるという意味での優しさである。

つまり、女性は自分の気持ちを察しまくってくれる男性が好きなのだ。

そこで、私は気づいた。

私も周りの人達に察することを要求しまくって生きていけばいいということに!!

遠慮してはいけないのだ。周りに察することを強要して思い通りに動かなければブチ切れて生きていけばいいのだ。

そのくらい強くたくましくしたたかに生きていけばいいのだ。

これからは私が王様だ。今まで我慢してきたツケだ。どうだーー、これでお局に勝てるかもしれない。

まあ、負けるんだけどね。