人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

モーツァルトピアノ協奏曲25番

今日は久しぶりにモーツァルトのピアノ協奏曲25番を聞いた。

やっぱりいいわ。軽やかに駆け抜ける感じがたまらん。特に第3楽章が好きである。

私は基本的にモーツァルトよりベートーヴェン派なのであまりモーツァルトは聞かないけど時々モーツァルト交響曲25番、38番「プラハ」、ピアノ協奏曲25番を聞く。

特にピアニスト内田光子さんのピアノ協奏曲25番は絶品だ。
軽やかに駆け抜けるモーツァルトって感じでらしさを感じる。

ちなみにモーツァルトのピアノ協奏曲なら23番も好きだ。
逆に有名なピアノ協奏曲20番とかは暗くて好きではない。

やはりモーツァルトは明るく軽やかに駆け抜けるのがイキなんだよなあ。

モーツァルトは確かに天才だが私には軽過ぎる。
頭の中で鳴ったメロディや鼻歌をそのまま曲にした感じなのだ。

私はめちゃくちゃ練って推敲を重ねて重厚で濃厚で精神性の高いベートーヴェンがたまらなく好きである。

特にベートーヴェン交響曲第三番「英雄」の第一楽章は交響曲最大の傑作だと思う。

あの3/4拍子がいい。聞けば聞くほど味わいがある楽曲だ。
ベートーヴェン好きで「英雄」交響曲が好きでない人は誰もいないと思う。

それくらい「英雄」は奥が深い。

安全を取ると不自由になる

このコロナ禍ではっきりと実感したことは安心や安全を取ると、規制や束縛ばかりの不自由な生活が待っていると言うことだ。

ロックダウン、緊急事態宣言、外出規制、酒類提供禁止、国境の封鎖、マスク強制着用、旅行や外食やカラオケなどの娯楽の自粛など安心や安全を求めた結果、世界は不自由極まりない束縛だらけのくそつまらない世界に様変わりした。

私は以前から冒険好きて海外1人旅大好き、リスクを取るのが大好きだったのだがこの世界の惨劇にはため息しか出ない。

しかもこれほどまでに規制だらけの不自由な束縛社会であるにもかかわらず、感染者数は増加の一途を辿り何の効果もあげていない。

人間の人生って言うものはリスクを取るから自由が手に入るのだ。
最初からリスクを取らなければ安全かもしれないが刑務所の独房で過ごすようなクソつまらない刺激のない日々になる。

私は身体でそれを知っていた。だからこそこのコロナ騒動が始まってから1人で抵抗してきた。

ストレスから逃げればストレスがなくなると思ったら大間違い。逃げれば逃げるほどストレスは追いかけてくる。増幅して力を増してくる。

ストレスに強くなるには逃げるのではなく、それに耐えうる免疫力をつけることだ。
免疫力こそが最大の武器である。

だからこそウイルスから逃れるためのマスク着用や外出規制は良くないのである。

職場の人で凄く心配症な人がいていつもいつもマスクをつけていたが、コロナ禍前にわすが数年で2回インフルエンザにかかってた人がいたがそういうことである。

私なんかその間ノーマスクで人込みに飛び込みまくっても一度もインフルエンザにかからずピンピンしていたのが皮肉である。

つまり私は知らず知らずに免疫力を鍛えていたのだ。
彼は不安や心配からそういうものから逃れようとした。その結果、ウイルスが怒り彼を攻撃したのだ。

こういうことはよくあることで、例えば嫌えば嫌うほど逃げれば逃げるほどその人がさらに近寄ってきたり攻撃してきたり、誰かを好きになって追えば追うほど好きな人は逃げてしまったり、お金を貯めようとしてお金に執着するほどお金が逃げていったり、一方でお金に執着しないでたくさん使っているのに不思議とお金がまわってきて困らなかったり。

全てはこうした一連の流れがある。だからウイルス対策をやればやるほど被害は拡大すると思う。
もしも早く終息させたければ気にせず普通に自由に生活することだ。

当然犠牲者は出るが嵐は短期間で去るだろう。
女性が怒り始めた時に絶対にやってはいけないことは話を遮ったり、反論したりしないこと。

女性が怒って話し始めたらダムが決壊したものだと思ってとにかくひたすら話させてスッキリするまで待つことである。

コロナも同じであって下手に逃げようとするから追いかけられて痛い目に遭うのだ。

もうダムは決壊しているのだからひたすら水が流れでるまで待つしかない。変に堰き止めようとかしないことである。

リスクを回避するためにはリスクから逃げずにリスクを積極的に取ることが最大の近道である。

攻撃は最大の防御。守りに入るから相手は攻めてくる。
堂々と立ち向かえ。

あー、なんてテレビってくだらないんだ。

なんでこんなにもテレビってつまらないんだろう?馬鹿らしいんだろう?って思いながら坂上忍のバイキングを見ている。

テレビが1番馬鹿らしくくだらないところは結論が最初から決まっているところだ。

みんな判を押したように同じことばかり言う。

このクソゲーっぷりには呆れはてる。

テレビの世界では○○すべきだ!って言う確個たる岩盤があってそこから外れたことは、絶対に情報を流したり、コメントしたりしないように情報統制された演劇の世界なのだ。

くだらないったらありゃしない。
若者がテレビから離れるのは当然過ぎるほど当然な話だと感じる。

昔の人の娯楽はテレビだったが、今はテレビなんか娯楽のごの字も感じさせないようなひどい代物だ。

テレビを見ていると自分ががんじがらめになっているような不自由な気分になる。まるで刑務所の中にいるように窮屈で。

答えが決まっている世界は全然楽しくない。

その点you tubeは自由でめちゃくちゃ面白い。
もはや動画はプロの手から素人の手に移った。

プロが作ったゴリゴリにがんじがらめな制約でできた虚構の世界を楽しむのではなく、素人が作ったゆるーいホントの人間の言葉や生きる姿に感動したいのだ。

私からするとテレビの報道は北朝鮮国営放送を見ているような気持ちになる。

緊急事態宣言が出た翌日の都心部の人出がどうとかマスクをしている群衆の映像とか悲鳴をあげている飲酒店の人へのインタビューとか会食をした政治家がどうとかオリンピックをすべきかどうかとかもういい加減にせいよと思う。

人出が多ければ気の緩みがどうこうとなるし、マスクをしていないと感染は収まらないとか飲酒店に補償なき状態で休業を要請するのはいかがなものかとか感染状況によってはオリンピックの開催は中止したほうがいいとかすへて短絡的に結びつけて結論を出していく。

そんなことで当たり前の正論わざわざ聞きたくないんだよな。

ホントテレビはテレビ茶番ばかりだと思う。

菅の姿

そう言えば菅総理の感想をこのブログに書いてなかった。

正直言って菅は全然好きだ。全然好きって変な日本語だが、全然嫌いじゃないって感じだ。

むしろ総理を続けてほしいと勝手に思っている。

こういう言い方をするのは私はこのブログでも散々口汚く罵ってきたとおりとにかく安倍が大っ嫌いだったからである。

嫌いで嫌いでたまらなかった。とにかく気持ちの悪い男だ、人の話しを全然聞くことのできない、我の強いわがままな男だと思っていたからである。

その側近として官房長官をやっていた菅も似たようなもんだろうと勝手に思っていた。

確かに思想的には2人ともかなり似ている。それは間違いない。

しかし、何というか人間味が全然違う。 
真逆と言っていいくらい違うと思う。
ここは好みの問題なのかもしれない。

菅の場合しっかりと人の意見を聞いてバランスを取ってる感が伝わってくるのだ。

だから私は菅が好きなのだ。自分の考えや思想をいったん横に置いてとりあえず妥協しながら政治をしている感がある。

これは菅の持つ人間性の味わいみたいなものだろう。
自分を控えめに出す謙虚さみたいなものを私は彼のスピーチから感じる。

安倍のスピーチを聞いているときの心がざわざわイライラする感情とは全く違った滑らかな感情になるのだ。

結局のところどういう思想を持っているかなんてあんまり関係ないのかもしれない。

私はリベラル派だから保守派の自民党菅総理とは根本的に立場が違うが、ちゃんと他人の意見をいったん聞いてみようという人とは心の深い部分で通じ合える気がする。

全くの錯覚かもしれないが。
とにかく人間って性格が大事なんだなあと心から感じた。

真逆の考えもとりあえず一旦は聞いてみること、受け入れてみること。

それでもやっぱり違うなあと感じたら私はそれは嫌いだ、それは違うと言えばいい。

まずは聞こうとするかしないか受け入れようとするかしないかが大事であってその姿勢は何派だとか何も関係なく普遍的に重要である。

菅の様子を見ていると寛容な保守主義とはこういうものなんだなあと感じる。

結局は考えの違いではなく人格なんだなあと思っている。
だから菅には頑張ってほしいと思っているのである。

衛藤先生面白すぎからのコロナ論

日本メンタルヘルス協会の心理カウンセラー衛藤信之先生のyou tube動画が面白すぎて毎日見てしまう。

衛藤先生は多くの面白い動画を出しているが、その中でも特に大好きなのが、『嫌な上司の下で働く方法』だ。
f:id:ericrun:20210513101851p:plain

これは何度見ても声を出して笑ってしまう。

その他にも『自分で自分を守れ』も面白い。
f:id:ericrun:20210513102432p:plain

こうやって何かを面白おかしく話せるって言うのは天賦の才であって例えばユーモアのかけらもない私みたいな人がどんなに衛藤先生を真似て話しても全く面白くない。

そういう意味で衛藤先生は凄い。ちゃんと心理学の学問解説しながらストーリーを組み立てているし、とてもユーモアがあってハートウォーミングな先生だ。

衛藤先生の1人芝居は何度見ても声を出して笑ってしまう。
場を白けさせないって凄いことだ。

私なんかブログで自分ですら白けたくなるようなことばかり書いてるから。

あー、早くコロナ終息せんかな。
って言うか自己責任論が世界中に蔓延ることを祈るばかり。

コロナにかかったのはお前が悪いんだ、俺らはコロナで世界中の人が何人死のうが蔓延しようが知ったこっちゃないからね的な考えが主流になれば自由になれるのに。

変に政府の責任だ、誰かの責任だ、マスクをしてないからだ、対策をしてないからだなどとやり出すと永遠に終わらなくなる。

コロナにかかって重症化しようが、死のうが私には関係ないんだよ。

俺は強いから。かからないから。仮にかかっても免疫で跳ね返すから。かかって重症化しようが死のうが別にいいから。

そう思って生きてるからなんでこんなに毎日騒いでるのか不思議でしょうがない。

死ぬのなんて別に普通でしょ。人間なんだから、人生なんだから。自然現象でしょ。人類が誕生してから今まで何億人死んできたと思ってんだよ。

全員漏れなく死んできたんだよ。

自分だけ死なないはずないんだよ。
それと長生きして寿命で死んだって普通に人生は理不尽だからね、言っとくけど。

コロナにかかって理不尽に死にたくないって思ってる人多いけど誰の人生のどんな死も必ず理不尽だから。

その網から人工的に逃れようとしたって無駄。
コロナで呼吸苦になって死にたくない、もっと楽に死にたいって思ってる人も甘い。

寿命による自然死だって最後は身体が動かなくなって、呼吸ができなくなって息が止まるのだから苦しいに決まってる。

それが嫌なら安楽死を合法化して眠るように死ねる社会にするしかない。

なんかおかしいんだよな、今の社会って。
昭和から平成前半の時代の風邪ひいてようが、高熱がでようが、台風が来てようが、意地でも学校や会社にこいって方がマシだわ。

全然自由な感じがしない。
結局、免疫力を下げて自由が奪われてるだけな気がするわ。

ゆうせい荘さん応援してるよー!

ベトナム🇻🇳ニャチャンビーチの写真⛱🤳↓
f:id:ericrun:20210511233112j:plain
〜yahooニュースより↓〜
近藤佑星容疑者(27)は9日、東京・目黒区で乾燥大麻0.6グラムを所持した疑いが持たれています。

 捜査関係者によりますと、近藤容疑者は東急東横線自由が丘駅前の交番に自ら訪れると、警察官に「大麻を所持していて自首しに来ました」と説明しました。

 近藤容疑者はこの様子をユーチューブでライブ配信していました。

 以前、近藤容疑者は海外でユーチューバーとして活動していたということです。

 取り調べに対し、容疑を認めています。
テレビ朝日

〜引用終了〜

私の大好きなyou tuberだったゆうせい荘さん(近藤佑星さん)が上記のニュースの通り大麻所持で交番に自首し、逮捕されました❤️

ゆうせい荘さんは鹿児島ラサール高校→慶應義塾大学経済学部卒のMENSA会員(人口上位2%の知能指数 (IQ) を有する者の交流を主たる目的とした非営利団体)で大秀才です。

ホントにゆうせいさんの動画には救われましたね。
抜群に頭がきれるし、性格も温和でとにかくカリスマ性がある方。

ゆうせいさんは大麻合法化を支持していましたが、私も大賛成。

今すぐに日本でも大麻合法化すべき。ゆうせいさんが言う通り大麻合法化はメリットしかありません。
日本は遅れてる。医療用大麻合法化なんてのは当たり前以上の話ですが、嗜好用大麻もすぐにでも合法化すべき。

ゆうせい荘さんの逮捕ニュースに付随したコメント欄みたらまあ、馬鹿な奴らがゆうせいさんを批判しまくってて呆れました。

ホントに頭の悪い馬鹿どもは何もわかってない。
知能指数が低いからそういうコメントができるんだなあとマウントしてやりたい気分ですな。

そしてそういう批判コメントには片っ端からbadボタン押してやりましたよ👍
そしたら同じように考える同志がたくさんいてゆうせいさん批判コメントにbadボタン付きまくってて笑えました。

てめえらみたいな馬鹿どもにはゆうせいさんの価値などわかるはずがない。
ゆうせいさんはてめえら庶民の何百倍もすごい動画を出して人々を救ってきたんだよ。

彼は日本の世界の最先端を行ってる。わかる人にはわかる話。
ベートーベンやビートルズの恐ろしいほどの凄さがわかる人にはわかるのと同じこと。

ゆうせい荘さんがわかるかどうかでその人のIQが自動的にわかるってもんです。

ってなわけでゆうせいさん、頑張れ‼️みんな応援してますよ。

やめてー、私をいじめないでーー!

ってなわけで今日はジムに行って筋トレ&ランニング。

ランニングは66分で13キロ走り1100キロカロリー消費。

疲れたー。
f:id:ericrun:20210510172643j:plain

とりあえず、昨夜のビール🍺のカロリーは消費しました。

久しぶりに長い距離走ったが今日は楽でしたね。

これが、脈あり❤️。恋心というもんです。

今日はタイ米を買うか買わないかで迷った結果、買わずに終了。

その代わりタイ料理食いに行ってきたー。
ガイヤン美味しかった。
f:id:ericrun:20210510173019j:plain

人生って決まってるんだよ。私は人生は決定論派❤️

一日13キロ走っても普通より太めの俺。

死ぬほど太りやすい体質の俺が努力した結果、普通以下だから。

太らない人なんてどんなに食べても全く運動しなくても太らないから。

結局人生は遺伝で決まります。病気とかの発現も遺伝だからね。

もう私の人生は老後。人生40過ぎたら老後です。

今日死んでも全く問題ないし、後悔ないのでタイ料理食ってビール飲んで死ぬのを待つだけ。

子供も結婚も嫌いでする予定ないからあとはひたすら死ぬのを待つだけや。

やりたいことは全部やったし、金貯めるの大嫌いだから後は野となれ山となれ。

今思うと10年前に仕事をやめて海外1人旅して東南アジアのビーチで死ぬほど泳いでいた時代が1番幸せだった。

いまさら大嫌いなマスクして海外行く気も失せた。
楽しみを先にこなしておいて良かった。

我慢して老後にとか考えるとろくなことはない。下手すりゃその前に死ぬから。

俺の定義は40過ぎたら老後。
明日はビール飲むぞー🍺

今日は休肝日じゃ。
必要なものは持たないミニマリストに近付いているのが結構好き。

昔インド旅行した時に正真正銘のミニマリストをたくさん見てある意味羨ましかった。

持ちものはほんとに片手で足りる程度。路上に寝置きする生活。金はなし。

それでいいよ。