人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

飲み会

f:id:ericrun:20180109203341p:plain

皆さんは職場の忘年会や新年会に行く派だろうか?それとも行かない派だろうか?

私はこう見えてしっかり行く派である。これまで職場の忘年会や新年会はほぼ毎回顔を出してきた。確かに職場の飲み会というのはプライベートで気の合う仲間達と飲むのと違い、気を遣うことは間違いない。しかし、それは当たり前のことだ。それよりも職場の飲み会というものは大事にした方がいいと私は思う。

私の父親の口癖は

『職場の飲み会は絶対に行けよ!!飲み会では絶対に飲めよ!』

であった。20代のころはこの意味がよくわからなかった。職場の飲み会は時々参加する程度であったし、あまり酒を飲まず、ソフトドリンクで済ますことが多い方だった。しかし、最近はほぼ毎回参加し、必ず飲むようにしている。

職場の飲み会を忌避する人も多いし、その理由も十分過ぎるくらいよくわかるのだが私はそうした思いをはねのけて参加してできるだけ飲んでいる。そうすることで色々なことに気づくことができる。職場の人の飲み会での人間観察をするのも面白いし仕事では見られない同僚の良さなどに気付くこともできて非常に面白い。

何よりも飲んだ自分を周囲にさらけ出すということが重要なのだ。飲んで酔っている姿をさらけだすことで他人との距離が縮まる。それにより相手との距離が少しだけ縮むのだ。この効用は大きい。どうせ職場もつまらないし人間関係も面白くないのだ。飲んでそれらをごまかしてしまおう。

よく日本人が海外などに行って飲み会などに誘われたときに現地の人に受け入れられるためには自分が現地の物を食べ、酒を飲むことがすごく大事だと言われている。同じ体験を共有することの意味は大きい。人間は自分に同調してくれる人が好きなのだ。周りの人が飲んでいたら自分も飲んで盛り上がったほうがいい。それにより一体感を得ることが大事だ。

もちろん、酒を1滴も受け付けない体質の人は無理して飲む必要などない。しかし、少しでも飲めるのなら無理してでも飲んだほうがいい。私は飲み会の時はできるだけ近くのホテルをとって泊まるようにしている。代行を頼んだり、タクシーで帰ったりするとかなりお金がかかるからだ。安いホテルなら廉価で泊まることができるし気分転換にもなる。飲み会で酔っ払ってそのまま近くのホテルに直行して暖かいベッドで眠るのはなかなか気持ちの良いものだ。

人間とは意外と侮れない生き物だと思う。職場の人間がいくら嫌いであっても苦手であっても飲み会という場に行くとなかなか面白い姿を見せたりもする。自分もしかりで自分が普段見せない姿を周囲に見せることの効用も大きい。これから新年会がある人はできるだけ参加して行こう。私は飲み会が好きである。プライベートも職場も両方好きだ。ビールが大好きだし、酔っ払うのも楽しい。ただしはめを外し過ぎない様に注意しよう。

てなわけで寒いけれど頑張ろう。もう少しで私は海外に行く。そして、海外の海で泳ぎながら海に流されてあの世に連れていかれるつもりである。とっても楽しみだ。(爆笑)