人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

コレラの者よ。

中田敦彦you tube大学があまりにも面白過ぎてはまっている。


【コロナショック①】ウイルスとは何か?

上の動画ではウイルスと細菌の違いを詳細に解説しているが、他の動画で感染症の歴史みたいな動画があってそれもすごく面白かった。

このyou tubeを見ていてはっきりとわかったのは、中田敦彦は大秀才であるということ。

しかも、プレゼン能力が半端ない。私はyou tube含む動画やテレビの媒体においてこれ以上わかりやすく物事を論理的に正確に面白くプレゼンができる日本人を見たことがない。

おそらく彼がナンバー1でしょう。いわゆる林修先生なんかよりも総合的に見てずっと上だと思う。

凄いの一言。知識も豊富だし、詳しいし、わかりやすいし、鋭いし、分析力が深いし、論理的で明快だし、核心をついてるし、表情豊かで聞き取りやすく、すべてがパーフェクト。

中田敦彦は恐らく何をやっても完ぺきにできるタイプの人間だろうと思う。

まあ人間性についてはよく知らないが、悪く言う人も中にはいる。

彼は慶応の経済学部出身だが、とにかく慶応の経済は優秀な人が多い。似たようなプレゼンターに同じく慶応経済卒の池上彰もいるが彼の方が子供向けという感じがする。

そして、中田敦彦感染症の歴史に関する動画でコレラの説明を見ていて改めて思ったのは、私が13年前に初めてインドを訪れた時にかかった凄まじい下痢や高熱はほぼ確実にコレラだっただろうということである。

症状がほぼ完全に一致するのだ。水下痢なのでノロウイルスにも似ているのだがまた少し違うのだ。もう少し楽なのだが、なかなか治らないという意味で性質が悪い感じだった。

多分あれはコレラだろうと思う。

日本に帰国した後も下痢が止まらず、結局日本の消化器内科に行っても原因がわからず、薬を出してもらってようやく収まったのだが、ノロウイルスならその診断はくだったはずである。季節的にも夏だったし。

日本に帰国後完治に1ヵ月近くを擁した史上最強の下痢と発熱だった。あの恐怖があるからインドにはもう行きたくないのである。

それはさておき病気は怖い。でも恐れすぎて何もできなくなる方が怖い。バランスが大事。