人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

三島由紀夫対東大全共闘 勝つのはどっち?

先日、TOHOシネマで770円もする映画館の高いサントリープレモルの生ビールを飲みながら『三島由紀夫VS東大全共闘50年目の真実』を見てきた。


映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』予告編

結論から言うと、めちゃくちゃ面白かった。

見てよかった。

内容的には途中から議論がめちゃくちゃ抽象的で難しくてわけがわからなくなってくるのだが、それでも全共闘随一の論客とされた芥正彦とゴリゴリの右翼三島由紀夫の討論は凄く熱くて本質に迫っていて迫力があって面白い。

芥正彦などの大秀才を擁する左翼の東大全共闘と右翼の天才三島由紀夫の直接対決という感じのドキュメンタリー映画だ。

結論から行くと完全にドローである。引き分けに終わっている。どっちが勝ったという感じでもない。お互いがお互いを認め合って気持ちよく終了している。

ボクシングで激しく打ち合った後に判定の結果ドローに終わり、お互いの健闘を称えあって抱き合って試合を終わるという感じのハートウォーミングなドキュメンタリーだ。

この映画を見て痛感したのはやはり、三島由紀夫は天才だったということ。
とにかくとんでもなく頭の回転が早い。

芥正彦の厳しい追及に対して理路整然と自己の理論をすぐに答えていく。あの頭の異常なまでの回転の早さは圧巻だ。
それと、三島由紀夫はとってもユーモアがあるのが良い。

東大駒場900番教室に埋め尽くされた1000人の聴衆(大半は東大全共闘のメンバー)を自己のユーモアを交えて反論していく姿がなんだかとても可愛いというか愛嬌を感じさせるのだ。

本当にこれだけの存在は歴史的に見ても日本文学界において唯一無二の存在だろうなあと実感。
三島(の人間性)が好きになった。

対する芥正彦もこれまたとても面白い。彼も異常に頭が良いのだが、より抽象的な感じがしてわかりにくい。

芥正彦と三島由紀夫の思想の大きな相違は『個』の捉え方にある。

芥正彦は個を一個の完結した国のようなものととらえる。

日本人とか〇〇人というくくり方で個人をとらえていない。
集団の中にある個人というとらえ方ではなく、個がそれぞれ完全に国や集団や組織とは切り離された独立的な存在と捉えている感じがする。

一方で三島由紀夫は個を集団の中の一部だと捉えている。
日本という国があってお前という個人はその中の一つの部分なのだと。

試しに日本から出て海外を旅すれば自分が日本人であることを痛感するぞと。

確かに三島の言う通り海外に出るといかに自分が日本人であるかを毎回痛感する。
どんなに影響されていないつもりでもやはり我々は欧米人とは違う。

それはその通りだ。そこは芥正彦も認めざるを得ないだろう。

しかし、その後の思考が恐らくだいぶ異なるのだろう。
日本人であるのだから日本人としての美学を大切にして日本のために日本人として生きるべきだという三島といやそんなの関係ねえよ、俺は日本人である前に俺なんだよ。俺がどう生きようが俺の勝手なんだよ。日本とか海外とかただの概念に過ぎないんだよという芥や東大全共闘

私は完全なる個人主義者であるから完全に芥正彦の独立した『個』という概念に賛成なのだが、三島の言う日本の美学も十分よくわかる。
結局のところ美学が違うのだ。

例えば中田英寿なんかも独自の強い美学のもとに生きている。
彼は恐らく個人主義者であり、好き勝手に自分のやりたいことをやっている感じだが、やはり彼がインターナショナルな存在であればあるほど日本人なんだなあという感じがしてくる。

世界の中の強い日本人という立ち位置になってくるのである。
彼は日本人歴代最強のサッカー選手と言われているがそれだけ強い個性を放った一人の『日本人』なのだ。

そこが面白い。彼が自分の個性を磨けば磨くほど日本人の美学が前面に押し出されていく感じになる。

とにかく、面白い映画だった。

ちなみにうちの父親はちょうどこの東大全共闘の時代を経験している。

父親が高校3年生の時に現役で東大理科1類を受けて不合格、慶応の工学部に進学するがお金がなくて中退し、浪人して翌年に東大を受けようとしたらちょうど東大全共闘による安田講堂事件などがあってその年は東大入試が中止になり、他の国立大学を受けて合格して進学したそうだ。

東大入試が中止になった余波で首都圏の他の国立大学は入試が激化し凄く大変だったと言っていた。

大受験生のほとんどが滑り止めに早稲田や慶応を受けるのだが、自分もそうだったのでこの馬鹿な私にまで私立なら早稲田か慶応にしか行くなとか馬鹿な要求をしてくる始末だった。

偏差値50しかない馬鹿な腐った脳みそしか与えられていない勉強大嫌いな私が滑り止めは早稲田か慶応だけなんてとんでもない話である。
受かるはずがない。

父親は学生運動には参加しなかったようだが、周りの仲間でとてつもなく優秀だったが学生運動に参加した結果、就職がなく仕方なく学校の先生に収まった人もいたと言っていた。

今は時代が変わったなあと思う。