人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

もう無理なのーーー。

f:id:ericrun:20200610183313p:plain

皆様お久しブリーフです。

ちなみに私はトランクス派です。

男性の8割はトランクス派だと想像します。

そして、女性の9割5分はブリーフ派ですね。

ごくたまーーーに、女性でもトランクス派がいたりします。

あーーーーーーーーーーーーーー、可愛い女の子のパンツがみたい。

私の人生は相変わらずクソつまらないですよ。

でも・・前回の記事を書いた1週間前よりも確実にメンタルは回復してます。

1週間前は本当に死にたくてたまらなかったですから。

今も希望はないですけど気分的には少し乗ってます。

やはり、コロナのストレスがでかい。

体感的に世の中の5割くらいの人はコロナによるストレスはほとんど受けていない感じがしますね。

別に生活が普段と変わらないという感じの人が半分くらいいそうですね。

特に出かけるのが好きではないインドア派で仕事的にもコロナの影響はそれほど受けていない人です。

旅やライブなどがあまり好きでない人はそれほど影響はないのかもしれません。

私の場合は旅好きなので影響はデカイですね。

私のあそこは全然デカくないですけど。

ただ、以前よりも少し慣れてきたというか諦めに近い感情を抱き始めてます。

もうすべてはどうしようもないという諦めの感情です。

世の中すべて良し悪し、正負の法則が働いてるなーーって思いますね。

旅が好きではない人からしたらコロナによる影響もなくメンタル的な打撃も少ない。

一方で旅をすることによる解放感や気分の高揚感や楽しさを感じることができない。

私のような旅好きからしたらコロナによって旅ができなくなることは非常に苦しくつらい。

人生がつまらない。でも、旅をすることの本当の楽しさや気分の高揚感を知っている。

だから人生がより彩豊かになる。

どっちもどっちなんだよなあ。

完全に良いことなんてこの世にない。

何かを得れば何かを失うし、何かを失えば何かを得ることができる。

月の満ち欠けのように正と負が一体になっているのがこの宇宙であり、自然の原理なのです。

私の人生はよくも悪くも普通。

絵にかいたような夫婦円満中流家庭に生まれ特に問題もなくすぐれた能力も才能もなくごく普通の誰にでもできる仕事をして普通に働いてる。

でも、幸せだとは心から言えず人生もクソつまらない。

逆に絵にかいたようなひどい家庭に生まれて波乱万丈な人生を生きたとしてもそれはそれで生きてる実感を得ることができる。

逆に波乱万丈な家庭環境な人ほど意外と優れた才能を持っていたりする。

憧れの家庭を求めて頑張ることができたりする。

それって平坦な人生よりも実り豊かな気もする。

結局何が良いかなんてない。

自分の人生を諦めて生きるよりほかない。

人生は思っているよりも重たいものです。

だからあまり普通を求めすぎる必要もない。

もっと普通の家庭に生まれたかったとか普通の家族が良かったとか嘆く必要もない。

私の家族は信じられないくらい常識的な普通の家族ですが、だからと言って私が幸せなわけでは全然ない。

人生は諸行無常。常に変化していきます。

自分自身も変わっていく。今を過信しないで気楽に生きてくしかないのかな。