人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

おいおい、入っちゃったよ

はい、てなわけでただ今高田馬場駅付属のベックスコーヒーにてアイスコーヒー飲みながらチョコレートケーキ食ってます。

美味しいですな。

それにしても昨夜のジャズライブ最高だったー

客席は超満員で立ち見が出るほどでした

内容も大変素晴らしく感動しましたー

コレだよ、コレ。

生だよ、生。

ジャズライブハウスでビール2本、その後歌舞伎町の行きつけのバーで生ビール一杯飲み、最後は睡眠薬を流し込んで気持ちよく寝ましたー

今日は夜まで何も予定がないんで適当にまったりして過ごします。

まあ死にたくなったら自殺するのもありだしね

最近、ノーマスク派がかなり増えてきてありがたい

電車の中でもノーマスクの人ちらほらいますしね

素晴らしい

徐々に以前の日本に戻りつつある

昨日新宿二丁目歩いていたら

このような全席喫煙可能なカフェがあって嬉しい気持ちになった。

日本で最もリベラルな街新宿の最先端の形がこれなんです

スタバを始めとしたエセリベラルというか気取った奴らが店内全席禁煙がカッコいいみたいなことで世界を引っ張ってます的な空気感を出すのが凄く嫌だった

スタバはマスクにもうるさいし、完全に気取ってやがるから大嫌いなのだ

スタバはいかにも他者を思いやってますみたいな無言のメッセージ感をだしてるのがスゲームカつく。

本当に他者を思いやっているのならマスクの着用も喫煙も自由にできるようにしている筈だ

本当のリベラルじゃないんだよ、あいつらは

もちろん私はタバコも吸わないし、タバコの煙が好きなわけじゃないけど日本も世界もあまりに嫌煙運動に傾きすぎ

もっと自由でいい

快適さを追求し過ぎると不自由になる

ようは私からするとスタバのような店ってのはバランスが悪く歪んで見えるのだ

自由や権利を履き違えている

ホントのリベラルというのは個人の自由や権利を尊重しながらもそこにしっかりと責任を持ちながら生きていくということ

マスクを着用してなんとなく安心し合うのではなく、マスクなしで感染してもその責任は自分で取る

逆に周りが感染したとしてもそういうこともあるよね、人生ってどうせ死ぬんだし、死ぬ前に死ぬほど苦しい感染症経験できて良かったじゃんと笑うみたいな

タバコの煙が身体に悪いから一切吸うなではなく、吸いたい人は吸ってもいいよ、たまにはそのくらい我慢するしそれで多少健康を害してもまあ仕方ないよね

って思うとか

私は日本の社会のような集団主義社会が嫌いだが、まあそれも甘んじて受け入れてその中で責任をとっていくのもリベラルらしい生き方だとは思っている

リベラルとは個人の自由や権利を尊重して生きることを是とした考え方だ

集団主義が周りを見ながら自分を合わせることに価値を置くのに対し、リベラルはそうしたものに距離を置く

だからこそリベラル派はあまり組織内での昇進だったり、地位や名誉や経済的な成功には価値を置いていない

そうしたものはダサく見える

もっと重要なものが他にあるんじゃないか?と探しに行きたくなる性分である

最近自分は何をしたいのか?何を表現したいのか?

考えてみた

結果、何も表現したいものはないことに気付いた

何かを表現できる人間は素晴らしいし、幸せだ
 
私にはそうしたものが何もない

何もできない

コレといったものがない

何の特徴もない地味で真面目なサラリーマンとしか言えない

しかしもしかしたら、私は変人かもしれないと思っている

変なことをするのが好きだ

変なことをしたくてたまらなくなる

道を歩いている人にいきなり 

どっこいさんだぞ

とぶちかましてみたり、新宿の雑踏でナイフを振り回しながら

死ぬぞこらー

とか

誰か俺を殺せー

と叫んだかと思いきや警察に取り押えられる前にダッシュでタクシーで逃げたり

とか

そういう犯罪スレスレの誰も得をしない、めちゃくちゃしらけることが確実の変な妄想をしたりする

やはり変なことを文章で表現していくべきなのかもしれない