人生とは旅である

日々の体験を通して考えることを大切にしていきます。

日本人の失礼なところパート2

日本人が失礼だと感じるところパート2

これは以前からずぅーーっと思い続けてきたところだが、やたらと体型をいじるところ。

なんで日本人ってすぐに  

『太ったー?』とか言うのだろう。

アメリカなんかだとまず絶対に他人の体型のことは互いに口に出さないというルールが徹底されているらしい。

友達同士でも絶対に体型いじりはしないらしい。

『太ったー?』とか『痩せたー?』とかアメリカでは絶対的にタブーなネタである。

一歩間違うとセクハラとかモラハラの扱いを受ける話題だ。

ところか、我が祖国はどうなのだ。

職場ですら慣れ慣れしく『太った?』とか言ってる人がチラホラいるではないか。

ほんとにほんとーに失礼だから今すぐやめてほしい。

私も最近になってようやく自分の体質や体型を受け入れられるようになり、他人からどう思われるかなどどうでも良くなった。

しかし、若い頃は太りやすい私に『太ったねー』とか『痩せたねー』などと気安く言ってくる人がいて心底がっかりした。

太りやすい体質の私のような人や全然太らない私と真逆の体質の人が体型いじりをされるのがどれだけ嫌なのかよくわからないんだろう。

悪意がないからタチが悪い。

食べても食べなくてもあまり体型が変わらない人からしたらすぐに太ったり、痩せたりするのは不思議なんだろう。

しかし、まあほとんどの人からしたら自分の体型のことを話題にされるのはあまり嬉しくないはずなのだ。

イケメンだねーとか綺麗だねーなどと世間語で褒めるのは別に問題ないのだ。

体型というのはそれよりはるかにはるかにセンシティブな問題である。

太った痩せたなどというのは他人から言われるまでもなく自分が最もよくわかっている重要事項なのである。

生きて、老いて、死んでいく我々の身体なのだから当たり前だ。

それを面と向かってどうこう言うのはマナー違反である。

こういうところは世間語を使ってバランスを取れと言いたくなる。

どんなに体型をネタにして売っているバラエティータレントであってもテレビのオンエア以外ではそれを口に出してはならない。

本当に失礼なことだから。

もちろん当人がいないところでヒソヒソと少し太ったねとか痩せたけど大丈夫かね?などとやるのは全く問題ない。

しかし、当人の前ではやるな。

日本人はもっと幼い頃から人種差別と同等くらいの扱いで他人の体型に口を出さないように教え込むべきである。

世界的に見ても本当にモラルがないというか失礼な印象を受けてしまう。

もちろん、相手が自ら体型の話を口に出してきたなら参戦しても大丈夫。

しかし、決して聞かれてもないのにこちらからそのことを口に出さぬこと。

なんか振り返ると嫌だったなあと思う。

それだけ私が体型に関しては悩んでいたということでもあるが。

ただ、家族内で話題にするのはまあ家族同士で良ければいいのではないかと思う。

しかし、それより一歩でも外に出たらやめるべき。

宗教と一緒で各々の大事にしているものにああだこうだ言われるのは嫌だから。